ANAカードのメリットを解説。マイル&ポイントの賢い貯め方とは

マイレージが貯まるANAカードの活用術とは。今回はメリット・デメリットからマイルの貯め方、キャッシング、海外旅行、審査基準、ラウンジなどの各種特典、ゴールドカードの情報まで全て網羅。出来る男はANAカードを持って、空の旅へテイクオフ!

旅行に行く人達に愛される『ANAカード』の魅力とは

ANAカード

ANA(全日空)が提供する“ANAマイレージ”や飛行機利用に欠かせない『ANAカード』。貯まったマイレージで無料フライトや座席アップグレード、果てはファーストクラスに無料で乗れる魅力があります。しかも『ANAカード』はマイル以外にも、ANAフライトユーザーに嬉しいサービスが盛りだくさん。今回はANAカードのメリット・デメリットはもちろん、“タダ”で旅行に行けるANAマイレージの賢い貯め方、まで解説します。

 

まず、ANAカードの概要(基本情報)から

ANAカードの概要(基本情報)

ANAマイルマスターなら持ちたいANAカード。基本情報は以下の通り。

  • マイル還元率:

①0.5%(1,000円購入→1ポイント→5マイル)「5マイル移行コース」※移行手数料:無料

②1.0%(1,000円購入→1ポイント→10マイル)「10マイル移行コース」※移行手数料:JCB / 6,480円,VISA / 5,400円

  • 国際ブランド:VISA、MASTER、JCB
  • 年会費:2,160円(1年目は無料)
  • 毎月の締め日:毎月15日締め
  • 引き落とし日:翌月10日払い
  • 家族カード:1,080円(1年目は無料)
  • ETCカード:あり(年会費無料)
  • 発行元:全日本空輸グループ

ANAカードは全日空の独自発行ではなく、複数の提携会社と共同で作成したクレジットカード。同じ航空系クレジットカードのJALカードと違い、ポイントからマイルに移行する必要あります。

 

ANAカードの種類

ANAカードの種類

出典:

2016年現在、ANAカードは26種類以上のカードを展開。今回は代表的なカードを4種類に絞りました。

  1. ANA 一般カード(青色)
  2. ANA ワイドカード(青色)
  3. ANA ワイドゴールドカード(ゴールド)
  4. ANA カードプレミアム

基本情報は先程、紹介した通り。カードの種類によって特典が変化。

 

1. ANA一般カード(青色)

ANAカード

出典:

初年度年会費無料(2年目以降は2,160円)のANA一般カード。所有するだけで貰える特典もあり、ANAの飛行機を良く使う人は持っておきたい一枚。

 

ANAカードの特典

  • 入会特典:1,000マイル獲得
  • 毎年継続特典:1,000マイル獲得
  • フライト特典:区間マイルの10%プラス
  • ANA航空券購入優待:100円 → 1マイル (※ポイントと別途付与)
  • 空港店舗での5~10%割引
  • ビジネスきっぷ購入可能

 

ANAカードの特典(VISA / MASTERのみ)

  • リボ払い手数料発生時にポイント2倍
  • 年間利用金額によってボーナスポイント獲得

①前年度利用額50万以上 → 50万円利用で50ポイント、以降10万円毎に+10ポイント

②前年度利用額100万以上 →  50万円利用で75ポイント、以降10万円毎に+15ポイント

③前年度利用額300万以上 →   50万円利用で+150ポイント、以降10万円毎に+30ポイント

所有するだけで毎年ANAマイルがもらえるのは嬉しい特典。当日の予約・変更ができるビジネスきっぷはANAならでは。

 

2. ANAワイドカード(青色)

ANAワイドカード

出典:

年会費7,830円のANAワイドカード。一般カードに比べて、ANAの飛行機利用時にマイレージが多く貯まるのが特徴。

 

ANAワイドカードの特典

  • 入会特典:2,000マイル獲得
  • 毎年継続特典:2,000マイル獲得
  • フライト特典:区間マイルの25%プラス
  • ビジネスクラス専用チェックインカウンターの使用可

 

頻繁に海外出張や海外旅行をする人におすすめ。「ビジネスクラス専用チェックインカウンター」は混雑した空港のチェックインカウンター関係なくスッと搭乗手続きができるから、時間が惜しいビジネスパーソンには嬉しいサービス。

 

3. ANAワイドゴールドカード(ゴールド)

ANAゴールドカード

出典:

年会費15,120円のANAワイドゴールドカード。ANAワイドカードの特典に加え、飛行機を乗る人には嬉しい空港ラウンジが無料に。

 

ANAワイドゴールドカードの特典

  • 「10マイル移行コース」が無料加入
  • 国内主要空港のカードラウンジの無料利用

 

ANAワイドカードの特典(VISA / MASTERのみ)

  • 年間利用金額によってボーナスポイント2倍獲得

 

ANAワイドゴールドカードでは年会費6,480円の「10マイル移行コース」に無料加入可能。ANAワイドカードは「10マイル移行コース」に入ると年会費14,310円となり、普通のワイドカードとの差が“810円”もあります。ANAワイドゴールドカードの方がよりお得。

 

4. ANAカードプレミアム

ANAカード プレミアム

出典:

年会費75,600円〜167,400円(国際ブランドによって違いあり)のANAカードプレミアム。ANAワイドゴールドカードの特典に加えて以下の項目が増えます。プラチナカードなら国際ブランド4種類(VISA、JCB、AMEX、Diners)選べます。申し込み or インビテーションでプラチナカードを発行可能。

 

ANAカードプレミアムの特典

  • 入会特典:10,000マイル獲得
  • 毎年継続特典:10,000マイル獲得
  • フライト特典:区間マイルの50%プラス
  • マイル還元率1.5%(1,000円購入→1ポイント→10マイル)
  • 毎年継続特典:10,000マイル獲得
  • 国内主要空港のANAラウンジを無料利用
  • 国内主要空港のカードラウンジの利用が無料
  • ANA航空券購入時、マイルを通常の2倍付与(100円 → 2マイル)
  • 各国際ブランドによるコンシェルジュサービスを利用可能

豊富な特典がつく「ANAカードプレミアム」。普通に生活するだけでマイルが貯まり、年間に複数回旅行に行けちゃいます。海外出張が多いビジネスマン or 海外旅行好きな方におすすめのプラチナカード

 

ANAカードは選べる提携ブランドも豊富

ANAカードは選べる提携ブランドも豊富

ANAカードは種類(グレード)を決めた後、以下の提携先を決めてクレジットカードを作れます。

  • ANA・JCB 一般カード
  • 三井住友カード ANAカードVISA / Master 一般カード
  • 三井住友カード ANA VISA Suicaカード
  • ANA TOP&ClubQ PASMO Masterカード(東急)
  • ANA To Me CARD PASMO JCBカード(東京メトロ・ソラチカカード)
  • ANAダイナースカード
  • ANAアメリカン・エキスプレス・カード

Suica対応の「三井住友カード ANA VISA Suicaカード」や、PASMO対応の「ANA TOP&ClubQ PASMO Masterカード」、「ANA To Me CARD PASMO JCBカード」はオートチャージ対応のため、電車やバスをよく使う方におすすめ。

提携ブランドによって年会費も違うため、ライフスタイルにあわせてチョイスして。

 

【参考記事】陸マイラーにおすすめの東京メトロ・ソラチカカードとは▽

 

今すぐANAカードを持つべき3つのメリット

ANAカードを持つべき3つのメリット

飛行機に乗る人に多くのメリットがあるANAカード。今回は多数あるメリットの中で3つをピックアップ。

 

① ANAカードは作るだけで、毎年ANAマイレージが“1,000マイル”以上貯まる

ANAカードの入会特典、毎年継続特典は飛行機に搭乗しなくても獲得。同じ航空系カードのJALカードは毎年搭乗しないとJALマイレージが付かないため、ANAカードに軍配。

 

② ANAマイル還元率が0.5%〜1.5%とカード業界トップクラス

ポイント還元率が高いクレジットカードは多数存在しますが、マイレージに交換する「マイル還元率」は1%以下が多い。ANAカードは「10マイル移行コース」が1%、プラチナカードが1.5%とマイル還元率がトップクラス。毎月公共料金を払うだけでマイレージがザクザク貯まるのは嬉しいメリット。

 

③ 付帯機能にSuicaやPasmoををつけると利便性抜群

ANAカードにSuicaやPasmoなどの電子マネー機能をつけることで、ANAカード一枚で電車・バス・買い物に対応。電子マネーを使用するとポイントもプラスして獲得できるため“お得”。

 

 ANAカードを持つ3つのデメリット

ANAカードを持つ3つのデメリット

メリットたくさんのANAカードでも、以下3つのデメリットがあります。

 

① ANAカードは2年目以降は年会費が有料

ANA一般カードは2年目以降は年会費2,160円(初年度無料)かかります。ただし、「10マイル移行コース」を利用すると、他のカードよりマイレージが貯まりやすくお得なカードになるからトータルコストは低い。

 

② お得な「10マイル移行コース」は年会費が有料

ANAマイレージの還元率1.0%(1,000円購入→1ポイント→10マイル)になる「10マイル移行コース」に変更すると、年会費が6,480円(JCB)、5,400円(VISA、Master)かかります。但し、ポイントの有効期限は2年間のため、ポイント → ANAマイルに移行する時だけ「10マイル移行コース」に変更すると、1年分手数料を安く抑えられる裏ワザも。

 

③ カードの提携ブランドが多く、迷ってしまう

ANAカードは提携ブランドが複数存在し20種類から選択することに。どれが自分に合うか考えた上でセレクトしましょう。

 

そもそもANAマイレージは何マイル貯めれば“タダ”で旅行に行くことができるのか?

ANAマイレージは何マイル貯めれば“タダ”で旅行

ANAマイレージは飛行機を利用する時期ごとに交換マイルが変動。年末年始・三月末日・ゴールデンウィーク・お盆などの「ハイシーズン」は通常よりマイルが高く、搭乗客が少ないGW明けから6月末まで、12月初めなどの「ローシーズン」は少ないマイルで、それ以外の「レギュラーシーズン」は平均的なマイル。具体的なマイレージの数値をまとめたので、参考にしてみて。

 

レギュラーシーズンは12,000マイル(片道7,000マイル)で行ける区間(※抜粋)

ローシーズン・・10,000マイル(5,000マイル)、ハイシーズン・・15,000マイル(7,500マイル)

  • 東京 → 大阪、名古屋、秋田、新潟、富山、小松
  • 大阪 → 萩・石見、松山、高知、福岡、大分、熊本、宮崎
  • 福岡 → 対馬、五島福江、宮崎

 

レギュラーシーズンは15,000マイル(片道7,500マイル)で行ける区間(※抜粋)

ローシーズン・・12,000マイル(6,000マイル)、ハイシーズン・・18,000マイル(9,000マイル)

  • 東京 → 札幌

 

レギュラーシーズンは18,000マイル(片道9,000マイル)で行ける区間(※抜粋)

ローシーズン・・14,000マイル(7,000マイル)、ハイシーズン・・21,000マイル(10,500マイル)

  • 東京、静岡、名古屋 → 沖縄
  • 大阪 → 石垣、宮古
  • 札幌 → 福岡

 

レギュラーシーズンは15,000マイルで韓国

ローシーズン・・12,000マイル、ハイシーズン・・18,000マイル

 

レギュラーシーズンは20,000マイルで香港、北京、台北

ローシーズン・・17,000マイル、ハイシーズン・・23,000マイル

 

レギュラーシーズンは40,000マイルでハワイ

ローシーズン・・35,000マイル、ハイシーズン・・43,000マイル

 

レギュラーシーズンは50,000マイルで北米

ローシーズン・・40,000マイル、ハイシーズン・・55,000マイル

 

レギュラーシーズンは55,000マイルでヨーロッパ

ローシーズン・・45,000マイル、ハイシーズン・・60,000マイル

 

いかがでしょうか。ハイシーズンを避ければJALと同じくらいのマイルで無料旅行できます。ローシーズンに旅行すると、片道5,000マイルから使用できるので、使い勝手はGOOD。

 

【必見】ANAカードを使い、たった1年で北海道・沖縄に行ける賢い貯め方を紹介

ANAカードを使い、たった1年で北海道・沖縄に行ける賢い貯め方

ANAマイレージで北海道に行くには“15,000”マイル、沖縄に行くには“18,000”マイル必要です(※レギュラーシーズン利用時)。通常のクレジットカードでANAマイルを貯めるとマイル還元率0.5%(100円 → 0.5マイル)となり、年間360万円以上の利用が必要。しかしANAカードを利用すると、“1年で2回「北海道・沖縄」に行くことも。実際にシミュレーションしていきましょう。

 

ANAマイルを賢く貯める方法① 普段の生活でポイントを貯め、「10マイル移行コース」でANAマイレージに移行する

ANAマイルを賢く貯める方法①

1ヶ月の生活費をANAカードで支払い、一年に一度旅行をすることで、もう一度北海道と沖縄に行けます。32歳男性で実際にシミュレーションしていきましょう。

 

年に1回だけ国内旅行をする32歳男性「10マイル移行コース利用」

  • 1ヶ月の生活費:130,000円
  • 東京 → 沖縄の区間マイル:1,968マイル(往復:984マイル)
  • エコノミークラス(普通運賃):運賃:40,000円、積算率:100%

1年間の生活費:1,560,000円 = 130,000円 × 12ヶ月

1,560ポイント(1年間の生活費で貰えるポイント:1,560,000円 × 0.1%)

+40ポイント(飛行機の運賃代: 40,000円 × 0.1%)

→16,000マイル(10マイル移行コースを利用:  1,560ポイント + 40ポイント × 10)

+1,968マイル(旅行で貰えるANAマイル):984マイル × 100% × 2)

+196マイル (区間マイルの10%プラス: 984マイル × 10% × 2)

+1,000マイル(ANAカード入会特典)

⇒合計獲得マイル:19,164マイル

1ヶ月の生活費をANAカードでまとめると、15,000マイル以上獲得できました。年に1回沖縄に行くと、もう一度旅行できちゃいますね。

 

ANAマイルを賢く貯める方法② 年に2回以上海外に行く場合はANAワイドカード or ANAワイドゴールドカードにする

ANAマイルを賢く貯める方法②

1年に2回以上、海外に行く人はフライト特典が“お得"なANAワイドカード or ANAワイドゴールドカードを利用しましょう。旅行中の区間マイルが25%プラスされる特典は旅行するとすぐにマイルがザクザク。出張などで会社が提供する搭乗券がANA系列の場合は必須(出張時のマイルについては社内規定に遵守してね)。

 

年に2回以上出張で海外へ行く29歳ビジネスマン

  • ロンドンの区間マイル:6,214マイル(往復:12.,428マイル)
  • エコノミークラス(普通運賃):運賃:会社持ち、積算率:100%
  • 香港の区間マイル:1,823マイル(往復:3,646マイル)
  • エコノミークラス(普通運賃):運賃:会社持ち、積算率:100%

12,428マイル(ロンドンで貰えるANAマイル:6,214 マイル × 100% ×2)

+3,106マイル(区間マイルの25%プラス:6,214マイル × 25% × 2)

+3,646マイル(香港で貰えるANAマイル:1,823 マイル × 100% ×2)

+910マイル(区間マイルの25%プラス:1,823マイル × 25% × 2)

+2,000マイル(入会特典 or 毎年継続特典)

⇒合計獲得マイル:22,090マイル

2回の出張をするだけで、20,000マイル以上貯まるので、海外出張が多いビジネスマンは有効活用しましょう。

 

では、ANAカードの申し込み方法・作り方とは

ANAカードの申し込み方法・作り方

ANAカードはから必要事項を記入して申し込むだけ。国際ブランドを「VISA or Master」を選択すると、三井住友銀行が審査し、「JCB」を選択するとJCBが審査します。

 

ANAカードの入会条件は?学生・主婦でも作れるの?

ANAカードの入会条件は以下の通り。

  • 原則として年齢18歳以上の方(高校生・大学生は除く)

ANAカードは原則、学生の方にはANAカード(学生カード)を推奨しています。主婦の場合は、配偶者の収入などが審査に影響するかも。

 

ANAカードの審査期間や審査状況を確認する方法とは

ANAカードの審査期間や審査状況を確認する方法

ANAカード申し込み後に行われる「審査」。ここをクリアすればANAカードが発行。

 

ANAカードの審査時間はどのくらいかかるの?

審査時間は3〜5日ほど。「VISA or Master」の場合、三井住友系列のカードを持っていると、スムーズに審査が進む傾向。「JCB 」の場合も同様、JCB系列のカードを持っていると審査が早く終わるようです。

 

ANAカードの審査状況はわかるの?

ANAカード申込み後に届く、メール本文に記載されたURLから審査状況を確認可能。審査通過のメールが届いたら、後は待つだけ。

 

ANAカード発行から自宅に届くまでにどのくらい時間かかるの?

審査が完了してから、自宅に届くまで約1〜2週間。すぐに審査が終了した場合でも、1週間はかかると想定して。

 

ANAカードの海外旅行保険の内容は必要最低限のため、無料クレジットカードと併用するのが良い。

ANAカードの海外旅行保険の内容

クレジットカード会社の海外旅行保険はカードの持ち主が不慮の事故や通院、所持品の盗難の補填費用をクレジットカード会社が(一部)負担してくる嬉しい制度。ANAカードも付帯はありますが、種類によって補償内容が変化。

 

ANAカード(ANA一般カード)の海外旅行保険の内容は?

海外旅行に行く時にJALカードを持っていると、以下の補償内容が無料。

  • 死亡後遺障害:1,000万円
  • 傷害治療:なし
  • 疾病治療:なし
  • 賠償責任:なし
  • 携行品損害:なし
  • 救援費用:100万円(年間限度額)

 

頻繁に海外に行くならANA ワイドカードがおすすめ

年会費7,830円のANAワイドカードは補償内容が格段にアップするから海外へ行く機会が多い人には安心ですね。

  • 死亡後遺障害:5,000万円
  • 傷害治療:150万円(1回のケガにつき)
  • 疾病治療:150万円(1回の病気につき)
  • 賠償責任:2,000万円(1回の事故につき)
  • 携行品損害:50万円(年間限度額 / 1回の旅行は限度50万円)
  • 救援費用:100万円(年間限度額)

 

ANAカードの海外旅行保険適用は“自動付帯”と嬉しいサービス

ANAカードの海外旅行保険適用条件は“自動付帯”。海外旅行先でカードを使用しなくても、自動で保険適用になるので嬉しいサービス。

 

【参考記事】ANAカード以外にも使ってもらいたい海外旅行保険付帯のクレジットカードを厳選▽

 

ANAカードのキャッシング機能は提携ブランドにより内容が変わる

ANAカードのキャッシング機能

ANAカードのキャッシング機能は提携ブランドによってキャッシング枠の内容が変動。

 

三井住友系列

  • 三井住友カード ANAカードVISA / Master 一般カード
  • 三井住友カード ANA VISA Suicaカード

キャッシング限度額:100万円 毎月の締め日・引き落とし日:当月15日締め翌月10日払い

  • ANA TOP&ClubQ PASMO Masterカード(東急)

キャッシング限度額:50万円 毎月の締め日・引き落とし日:当月15日締め翌月10日払い

 

JCB系列

  • ANA・JCB 一般カード

  • ANA To Me CARD PASMO JCBカード(東京メトロ・ソラチカカード)

キャッシング限度額:10万円 毎月の締め日・引き落とし日:当月15日締め翌月10日払い

キャッシングもメインに使用したい場合は、キャッシング限度額が高めに設定されている三井住友系列のANAカードがおすすめ。

 

ANAカードを利用して、空の旅を“タダ”で楽しんじゃって

ANAカードを利用して、空の旅を“タダ”で

今回はANAカードの全貌を紹介しました。マイレージが貯まるだけでなく、飛行機を利用する人に嬉しい特典があるから、賢く使うと何倍も生活を格上げできます。貯まったマイルで無料旅行 or ビジネスクラスにランクアップし、くつろぐのも最高に楽しいですね。ANAカードを持って魅惑の空の旅へテイクオフ!

 

【参考記事】ポイントがザクザク貯まるクレジットカードをランキング形式で大公開します▽

【参考記事】デザインでカードを選ぶならかっこいい一枚を選んでみて▽

【参考記事】初心者必見!賢いクレジットカードの使い方とは▽

お気に入り

注目の記事

関連する記事

cafemarseille.com.ua

В интеренете нашел полезный блог , он рассказывает про Велосипед Giant купить velomarket.org.ua/
У нашей компании важный портал про направление провирон http://ka4alka.com.ua/