話しやすい人の13の特徴。話しかけられやすくなる方法も大公開!

周りに話しやすい人と思われたいと考えたことはありませんか。今回は話しやすい人の特徴や話しにくい人との違い、話しやすい人の恋愛や仕事におけるメリットを解説!さらに、話しかけやすいオーラを出す方法まで紹介します。会話したいと思われるようになり、自分の印象を良くしていきましょう。

周囲から「話しやすい人」と思われたいですよね。

話しやすい人の特徴や話しかけやすいオーラを出す方法

恋愛や職場でデキる男として認められるためには、コミュニケーション能力を高めることが重要であると考えている人は非常に多いと思います。

しかし、コミュニケーション能力を高めよう!と思っても、多くの人にウケる話や多くの人に興味を持ってもらえる経験を、面白おかしく話すということは、天性の部分もあるため、誰にでも簡単に出来ることではありません。

そのためまずは雰囲気作りから始めてみるのがおすすめです。ここでは、話しやすい人や話しやすい雰囲気の作り方について紹介していきます。


話しやすい人の13個の特徴

話しやすい人の特徴

まずは、多くの人が話しやすい人だと感じさせる、「性格」や「見た目」、「話し方」などを見ていきましょう。

これらのポイントは多くの場合、意識を変えることで身に着けれるものばかりですので、ぜひ参考にしてみてください。


話しやすい人の「性格」の特徴

まずは、「性格」からです。「性格」はまさに、話しかけやすいオーラや話しやすい雰囲気に影響します。

多くの人は、「性格」と聞くと変えられないものだと考えてしまいがちですが、そんなことはありません。

気を付けているだけでも、少しずつ変わってくるのが人間です。あなたが「話しやすい人だな」と感じる性格はどんな性格でしょうか。ぜひイメージしながら読んでみてください。


性格1. 人との関わりが好きで社交的な性格

話しかけやすい人は、他人に興味を持っている人であり、同時に人との関わり合いの中で生きていこうとしています。

そのため、人とコミュニケーションをとること自体が好きであり、他人とのやり取りを煩わしいなどと思いません。

フットワークも軽く、気さくで、社交的な性格を持っています。こうしたポジティブな性格が他人を引き付けるのです。

【参考記事】はこちら▽


性格2. いつも笑顔で明るい性格

話しやすい人はいつも笑顔で明るい性格

話しかけやすい人は、ポジティブな性格で笑顔が多い生活を送っています。笑顔をネガティブであると考える人はいません。常に笑顔を絶やさない明るい性格は、多くの人を引き付けます。

結果的に、話かけやすい人の周りにはポジティブな話が引き付けられるようになり、そのポジティブな笑顔にさらに多くの人が引き付けられるという好スパイラルが出来上がっているのです。

こういったスパイラルがあるからこそ、周りの人から話しかけられるようになるというわけです。


性格3. 感情表現が豊かな性格

話しかけやすい人は、話に対して積極的に反応してくれます。

嬉しい・楽しい・悲しい・辛い、と多くの人は自分の話をする際に感情を込めますが、話しかけやすい人は、他人の話に対しての反応が非常に豊かです。

そのため、良い話の時には一緒に盛り上がり、良くない話の時には一緒に落ち込んだり悲しくなったりしてくれるのです。そうした素直な反応が、話を聞いてほしい、また話したいと感じさせてくれるのです。


話しやすい人の「見た目」の特徴

続いて見た目についてみていきましょう。人は見た目が9割!ではないですが、話しやすい人は、やはり話しやすい・人を惹きつけやすい見た目をしています。

そもそも人を遠ざけるような見た目をしている場合には、人は簡単に近寄ってきません。

ここからは、話しやすい人の見た目について紹介していきます。


見た目1. 清潔感のある服装や髪型をしている

話しやすい人は清潔感のある服装や髪型

話かけやすい人の外見的特徴として最もわかりやすいのが、「清潔感」です。髪形や服装の清潔感は、そのまま他人に安心感を与え、話しかけやすい雰囲気を作り出します。

多くの人は清潔感のない人に話しかけにくいと感じており、清潔感のある人と付き合いたいと感じるでしょう。

結果的に清潔感のある人は、話しかけられやすい人となっていくのです。

【参考記事】はこちら▽


見た目2. 食事や睡眠に気を遣って、健康的な体を維持している

一般的に多くの人はいつも目にクマがある、ブクブクに太ってしまっている人や、がりがりに痩せているような人に対しては、話しかけるよりもまず心配をしてしまいます。

やはり、健康的でバランスの取れている人に、人は集まっていくものです。結果的に健康的な人には、話しかけやすさを感じるのです。


話しやすい人の「行動」の特徴

続いて「行動」について見ていきましょう。他人が話しやすいなと思う行動を取れば、喋りかけやすくなります。

では、話しやすい人独特の行動とはあるのでしょうか。ここからは話やすい人の行動について解説していきます。


行動1. どんな人に対しても挨拶を欠かさず行っている

話しやすい人はどんな人にも挨拶をする

話しやすい人は、挨拶を自分の体調や都合に関わらず当たり前に行っています。

この変わらぬ挨拶は、人に対して「いつでも話しかけていいよ」「話があったらちゃんと聞けるよ」といったメッセージの代わりとなります。

そのため、挨拶を欠かさない人に対して、周りの人は「あの人に話しかけても大丈夫そうだ」と感じるのです。


行動2. すぐに話し相手との共通点を見つける

人は、自分と同じような共通点を見つけると、距離が近くなる傾向があります。話しやすい人は、この共通点を見つけるのが非常に得意です。

共通点は何でもいいといわれており、趣味や興味だけでなく、例えば生まれた場所や中学高校の時の部活動でもいいでしょう。

どんなことでも、話し相手との共通点を探し当てるのが上手という特徴を持っているのです。


行動3. 適度に相槌を打っている

カウンセリングなどの会話スキルで最も重要と言われているのが、相槌です。

相槌は、聞いている人だけでなく、話している人の話にもリズムを与えるため、適度な相槌は、話している人にとっても非常にありがたいものになるでしょう。

話しやすい人は、この相槌をしっかりと行っているため、話している人が、また話したい聞いてほしいと感じるようになります。


話しやすい人の「態度」の特徴

話しやすい人の態度の特徴

話しやすい人は、相手の話を聞いている時に、どのような態度をとっているのでしょうか。あるいは、話をしたい人は、話を聞いている人がどのような態度をとっていると、話しやすいと感じるのでしょうか。

ここでは、話しやすい人の聞く姿勢・聞く態度について見ていきます。読んでみると「当たり前の事じゃないか」と感じられるかと想いますが、忙しい毎日を送っていると、つい疎かになってしまいがちなものでもあるのです。


態度1. 相手の話を真剣に聞いている

話しやすい人は、他の人からするとどんなにつまらない・関係ない話であっても真剣に聞いています。

話したいことがある人にとって、話したいことは他人が興味を持っていることではなくて、自分が興味を持っていることのはずです。

話をしっかり聞いてくれない人に対して、「話しかけたい」と感じる人はいません。何でも真剣に聞いてくれる人にこそ、話しやすいなと印象を受けるのです。


態度2. 誰の会話も楽しそうに聞いている

話しやすい人は、相手がどんな人であるとかどのような立場の人であるとか関係なく、基本的にどんな人の会話でも楽しそうに聞いているというものがあります。

話しやすい人や話しかけやすい人は、ポジティブで他人に興味があるといった性格を持っているため、どんな人の会話のないようでもポジティブに楽しめるのです。

そのため、他人から見るとどんなことでも興味深く聞いてくれるため、どんな内容でも非常に話しかけやすいと感じるのです。


話しやすい人の「話し方」の特徴

話しやすい人の話し方はポジティブ

会話とは基本的に双方向の話によって作られています。そのため、話しやすい人も、会話の中でアクティブに反応を返しているはずです。

ここでは、話しやすい人の「話し方」に注目してみます。この「話し方」は気を付けていてもなかなか難しいことのあるものです。

それでも、続けていけば効果のある重要なものであり、また会話の活性化のポイントがわかってくるものでもあります。


話し方1. ポジティブな発言をしている

話しやすい人は会話を楽しんでいるため、結果的にポジティブな発言が多くなります。

これは、会話において相手を否定したりせず、積極的に相手の話を聞くという態度や配慮をしていくと自然に出てくるものでもあります。

話をしていると、自然と楽しくなってくる、自然と笑顔が増えるような返し方をしてくれるような人に、人は話かけたいと感じているはずです。


話し方2. 話が長くなく、簡潔で分かりやすい

話やすい人にとっては、興味の対象が他人の話の内容です。そのため、自分の話はそこまで長くなく簡潔に話すようにしています。

簡潔でわかりやすい話を相手に返すことで、話相手はさらに自分の話が出来るため、会話の主導権を自分が持っているような錯覚を受けるでしょう。

簡潔な話し方によって会話にリズムが生まれるため、話しやすい人と話すと、楽しい空間が出来上がるのです。


話し方3. ハキハキと喋っている

話しやすい人はハキハキしている

話しやすい人は、基本的に明瞭で大きすぎない声と、できる限り滑舌をよくしながら話します。

この明瞭さと滑舌の良さは、相手の会話のリズムを損ねることがないため、話しやすいリズムを生み出します。

会話においてリズムは非常に重要であり、話しやすい雰囲気を作ることに貢献するでしょう。


話しかけにくい人の特徴から紐解く話しやすい人との違いとは?

話しにくい人の特徴

一方で、残念ながら話かけにくい人、話しにくい人というのもあります。この話しにくい人にも特徴があります。

話しやすい人は、言うならば話しにくい人の逆をやっていると言ってもいいでしょう。

自分が話しかけにくい人になっていないか、ぜひチェックしてみてくださいね。


特徴1. いつも不機嫌そうな顔をしている

多くの人は、楽しくコミュニケーションを取りたいと考えており、ポジティブな印象を与える人とコミュニケーションを取りたいと思っています。

しかし、いつも不機嫌そうな顔をしていると、あまり他人にポジティブな印象を与えません

そのため、他人は「この人と話してもつまらないだろうな」というネガティブな印象を受けてしまい、話しかけにくくなってしまうのです。


特徴2. 話していてもテンションが低い

楽しい会話に欠かせないのがリズムやテンポです。しかし、話していてもテンションが低いと、このリズムやテンポが生まれません。

リズムやテンポのない会話では、楽しい空間が出来上がらず、結果として話していてもテンションが低い人には話しかけにくいと感じてしまうのです。


特徴3. 「うん。」「そう。」など返事がサッパリしている

話しにくい人の特徴は返事がさっぱりしている

会話にリズムを生み、楽しい空間を作り上げるために相槌は必要不可欠です。しかし、この相槌もうまく工夫しなければ、上手なコミュニケーションを生み出せません。

「うん。」「そう。」などの簡単で単調な相槌を繰り返されてしまうと、話している人は「この話題は興味がないのかな」「この人は機嫌が悪いのかな」と不安を感じてしまいます。

そっけない返事は、会話のリズムを崩し、話している人も話しにくいと思われてしまうのです。


特徴4. 相手の目を見て話していない

会話の途中で目線をそらされると不安になってしまうことってありますよね。

話の最中に目線をそらされてしまった場合、それは今の会話よりもその人にとって興味のあることが出てきてしまったり、あるいは純粋に会話の内容に興味がなかったりという可能性があります。

つまり、目線をそらすという行為をしてしまうと、相手に会話の内容に興味がないと認識されてしまうのです。


特徴5. スマホをいじりながら話を聞いている

何か作業をしている人に、人は話しかけにくいものです。また、自分の用事をしながら話を聞く態度は、相手に話しにくいと感じさせてしまいます。

スマホを弄りながら話を聞いているという態度は、話かけた方としては、もう話さない方が良いのかなと感じられてしまいます


話しやすい人になる恋愛・仕事におけるメリット

話しやすい人の特徴

話しやすい人、話しかけられやすい人になることで、どのようなメリットがあるのでしょうか。

ここでは、恋愛や仕事における話かけられやすさのメリットについて確認してみましょう。

このメリットに注目してみると、話しやすい人になりたい!と感じるようになりますよ。


「恋愛」における話やすい人になるメリット

まずは「恋愛」についてのメリットです。

話しやすい人についてイメージしてみると、「恋愛」面でもかなりメリットがありますが、具体的に2つのポイントに絞って注目してみます。

話しやすい人や聞き上手と思われることや、実際にいろいろな会話に参加していることで、「恋愛」面では他の人と大きな差を付けることが出来るでしょう。


メリット1. 話を嬉しそうに聞いてくれるので恋愛対象になりやすい

恋愛は他人との関係がなければ始まりません。相手がいて初めて恋愛が始まるといえるでしょう。

他人との関係を簡単に作ることが出来るのが会話であるため、話しやすい人は他人との関係を簡単に作れる人ということが出来ます。

結果的に、話しやすい人は、恋愛がスタートしやすいのです。加えて、話を楽しそうに聞いている人は、楽しい空間を作れるので、モテる傾向にありますよ。


メリット2. 雰囲気が柔らかい印象を与えるのでモテる

話しやすい人は雰囲気が柔らかいのでもてる

話しやすい人は基本的にポジティブであり、また「話を聞いてくれる」雰囲気の柔らかい人といえるでしょう。

見た目的にも優しい印象を持つ人が多く、悪く言われることは少ない傾向にあります。優しい印象や雰囲気の柔らかさが、そのままモテるに繋がるのです。

柔らかい雰囲気は男女問わずモテる人の最も重要なものです。話しやすい人という印象は、まさにモテる人の特徴そのものといえるかもしれません。


「仕事」における話やすい人になるメリット

続いて「仕事」におけるメリットについても見ていきましょう。

仕事内容だけでなく、職場環境や職場の雰囲気において、会話しやすい職場というのは非常に印象の良いものです。

またコミュニケーションが活発である職場というのは、総じて目標を達成したり新しいものを作ったりしやすい職場といえます。

こうした職場に貢献できる話しやすい人のメリットは何でしょうか。


メリット1. 仕事の話が積極的にできるので、評価が上がりやすい

仕事を進めていく上で最も重要なのが、コミュニケーションです。話しやすい人・話しかけやすい人は、どんな人とも仕事の話をすることが出来ます。

すると自分の仕事のキーマンや解決策を持っている人を探しあてることが早くなるため、仕事が早くなり、評価が上がりやすいのです。

上司や部下、あるいは自分の所属している部署と異なる人とも積極的にコミュニケーションが取れることで、成果も上がりやすい傾向にあるといえるでしょう。


メリット2. プロジェクトの責任者など大きな仕事にチャレンジできる

話しやすい人は大きな仕事にチャレンジできる

仕事では、1つの目的や成果に向かって、多くの人が協力しなければならないことはよくあることです。

この時、誰とでも話せる話しやす人というのは、気難しい人とも積極的にコミュニケーションが取れるでしょう。

結果として、様々な性格な人がいる職場において、共通の目的に向かわせるという役割を求められることが多くなり、プロジェクトの責任者などの大きな仕事を任せられることが増えていきます。

非常に能力の高い人でも、コミュニケーションに難のある人はいます。こうした人に対しても潤滑油のようなポジションをとっていくことで、信頼を勝ち取ることが出来るのです。


話しかけやすいオーラを出す4つの方法

話しかけられやすいオーラを出す方法

話しかけやすいオーラや話かけられやすい雰囲気を身にまとうことは、すぐに出来ることではありませんが、それでも明日から少しずつ変えていくことは出来ます。

ここでは今すぐできる4つの方法に絞ってご紹介していきます。話しやすい人になるには、どういったことに注意すればいいのか見ていきましょう。


方法1. 自ら積極的に話しかけること

話かけやすいという印象を他人に持たれるためには、そもそも会話が発生する必要があります。

今まであまり話しかけられなかった人にとっては、自分から積極的にコミュニケーションをとっていく必要があるでしょう。

会話に対して積極的に関わっていくためには、相手が会話を楽しんでくれる必要があります。この楽しさを理解して、自ら話しかけていくことで、話しやすい人を目指していきましょう。


方法2. 会話をする時は、相手の話をきちんと聞く

積極的に会話をしようと考えて、よくある落とし穴としては、積極的に話そうとするあまり、話過ぎてしまうということです。

話しやすい人になる方法の最も簡単なことは、聞き上手になることですが、話しやすい人になりたいと積極的になった結果として、自分のペースで会話を進めたがってしまう人もいます。

基本的に会話は相互のものであり、また相手が楽しいと感じなければ話しやすい人という印象は与えられません。会話を積極的にしながらも、相手の話をしっかり聞くことも意識してみましょう。


方法3. 毎日挨拶を心掛ける

話しかけられやすい人は毎日挨拶する

積極的に話しかけようと思っても、なかなかうまくいかないという人は多いのではないでしょうか。そういう人におすすめなのが「挨拶」です。

話しやすい人になるには、まず毎日の挨拶を心掛けていきます。この挨拶もできる限り笑顔・気さく・ポジティブといった印象を与える工夫をしていきましょう。

気持ちの良い挨拶をすることによって、自然と周りから好印象を持たれて話しかけられやすくなりますよ。


方法4. 見た目に清潔感を持たせる

話しやすい人になる方法として最も基本的なことは、やはり「見た目」です。特に清潔感は重要であり、同時に明日から変えられることでもあります。

また、清潔感はそれでなくとも良い印象を与えるため、恋愛面でモテる、仕事面で出来るといった印象を与えられるのではないでしょうか。

清潔感を意識するだけで、人生が好転することはよくあることです。周囲の人から気さくに接してほしいなと感じたら、まずは見た目から改善してみましょう。


「話しやすい人」になって、恋愛や仕事を好転させよう!

話しかけられやすいになり仕事を好転させよう

話しやすい人の特徴や、話しやすい人になる方法まで見てきました。話しやすい人になることが出来れば、人とのコミュニケーションが活発になり、恋愛面でモテる、仕事面で出来ると思われることは多くなるのではないでしょうか。

特に優しい印象と分け隔てなくコミュニケーションが取れる印象は、仕事や恋愛で大きなメリットに繋がります。

話しやすい人になれば、今までの人生から大きく好転することは十分にあり得るでしょう。

とはいえ、明日からいきなり変わることは難しいものです。ぜひ、本記事の話しかけやすいオーラを出す方法を試してみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

お気に入り

注目の記事

関連する記事