人の気持ちがわからない人の特徴&心理とは。自分勝手な性格の治し方も解説!

相手が嫌がることを平気でしてしまうような、人の気持ちがわからない人っていますよね。今回は、相手の気持ちを考えられない自分勝手な性格の男女について、特徴や対処法を解説していきます。自分でも人の気持ちがいまいちわからないという方は、治し方もレクチャーするので参考にしてみてくださいね。

「人の気持ちがわからない人」について徹底解説!

人の気持ちがわからない人の特徴&心理

会話したり接している相手に、「人の気も知らないで」と思ってしまったことはありませんか。

傷つくことを言われたり、踏み込んでくるような行動を取ったり、人の気持ちがわからない人がそばにいると、思いやりの大切さを実感させられることがあります。

とはいっても、人の気持ちを理解するのは簡単ではありません。

そこで今回は人の気持ちがわからない人の特徴や心理、接する時の対処法などを詳しくご紹介していきます。


人の気持ちがわからない人の4つの心理とは

人の気持ちのわからない人の心理

「男性でも女性でも、ちょっと考えられない」と思うようなこと言ったりしたりする人は、周囲に少なからずいるはず。

人の気持ちがわからない人は、職場や恋愛、時には家庭でも、周囲の人が何を感じ、何をしてもらいたいと思っているか考えないので、友達ができなかったり離れて行ったりします。

まずは、そうした人の気持ちがわからない人の心理を紹介していきます。


心理1. 純粋に相手の意見に興味がない

人の気持ちに寄り添える人は、相手がどんな事を思って発言しているのか、考えながら会話をしています。

しかし、人の気持ちがわからない人は、相手の発言に興味関心がないため、相手の気持ちを考えずに行動します。

例えば、友達と遊ぶ時に「ディズニーランドに行きたい」と思っても、自分の意見だけ押し通すのは遠慮し、「〇〇は行きたいところある?」と質問する人が多いでしょう。

でも、人の気持ちがわからない人は、相手の意見に聞く耳を持たないので、気遣いや配慮をしません


心理2. 相手の配慮や対応を当たり前だと感じている

相手の発言や行動を「当然」と思ってしまうと、相手の配慮や対応が当たり前に思うことがあります。

その結果、人の気持ちがわからない、考えないということにつながるでしょう。

このような人の気持ちを考えず、相手の気遣いを当たり前と思うなら、上から目線で見ているようにも感じます。

周囲の人の気遣いや対応が「標準」だと思ってしまい、自己中心的に物事を見ていることになることも。

人への気遣いは一方通行ではないので、気遣っている人も一生懸命に配慮したり対応したりすることもあるからです。


心理3. 基本的に何も考えずに発言や行動をしている

人の気持ちのわからない人は何も考えず発言する

人の気持ちがわからない人は、親密な友達や信頼できる人が少なく、表面上の付き合いしかできないという特徴があります。

親密な友達や信頼できる人が少ない原因は、基本的に深く考えずに発言したり、何も考えずに発言や行動をしているからです。

真剣に悩んだり離したりしている人や友人に対して、考えずに発言や行動を繰り返してしまいます。

そのため、深い話をしたり信頼関係を築いたりすることできないのです。


心理4. 自分の言動や行動に対し、相手が嫌がっているとは1ミリも思っていない

人の気持ちを考えられない人の心理状態として、相手の反応を見ても、嫌がっている、もしくは気持ちが引いているとは考えません。

時には、相手の表情が曇ったり、拒否反応を示したりしていることもあります。また、人の気持ちを考える時間が少ない人も。

それでも、自分の言動や行動が原因だとも思わず、嫌がっているとは1ミリも思っていないのです。 


人の気持ちがわからないと言われる人の7つの特徴

人の気持ちがわからない人とは自己中心的

職場でも家庭でもプライベートでも、毎日の生活では「相手優先」ということが発生したり、逆に自分の気持ちを優先したりすることもあるもの。

それでも、人の気持ちがわからない人はどんな特徴があるのでしょうか。


特徴1. 自己中心的で協調性が足りない

相手のことを大切に思えば、自然と相手の気持ちを考えたり、理解しようとしたりするもの。

その気持ちがわからないと、「話してほしい」と思ったり言ったりすることさえあります。

しかし、自己中心的な性格は、「自分が一番」になってしまうので、個人差があるとして他の人の気持ちを考えません。

自分が話したかったことやしたかったことが優先されてしまうので、自己中心的な人は人の気持ちがわからない人となってしまいます。


特徴2. 人の指摘に耳を傾けず、こちらの意図を汲み取ろうとしない

相手の指摘に耳を貸さない人、もしくは、聞こうとしない人には、共通の特徴があります。

  • 自己主張が強すぎて人の話を聞かない
  • 自分のことを話したり自分がしている話を。最後まで話したりすることのほうが大切
  • 自分の考えや意見に固執してしまう性格

人の気持ちを理解しない人は、改善点や直すと良いと思われる点を指摘されると、聞かないばかりか怒ってしまうこともあります。

アドバイスをしてくれる人の意図も考えないので、謙虚になれないのかもしれません。


特徴3. 基本的に一人で行動することを好む

人の気持ちのわからない人は基本的に一人で行動する

一人で行動することが好きな人は、友達が少ない、もしくは友達がいない、友達を欲しいと思いません。

他の人といることを面倒だと感じることさえあります。

人と関わることを避けたいと思うことがあったり、過去にいじめられたりパワハラなどを経験が関係していることも。

さらに、一人でいることや孤立しているほうが楽だと感じることがあります。

そのため、友達という存在が面倒に感じ、行動するなら一人が楽と感じるのです。


特徴4. 思ったことをそのまま口に出してしまい、空気が読めない

友達にしたくない性格の人の特徴に挙げられる「KY」。

KYは、空気の読めない人、つまり、周囲の人を考えられない自己中心的な人の行動のひとつです。

当然ごとく、友達は少ないかいないという人も多いですよね。

周囲の人や周りの人の気持ちを考えることができないので、思ったことをそのまま口に出してしまうことで、嫌な思いをさせることがあります。

それが人前であれば、気まずい思いをする人がいることも考えないので、人の気持ちがわからないと言われてしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


特徴5. 相手のコンプレックスを平気で指摘する

人は誰しも、大小問わずコンプレックスを持っているもの。

とても気にしていることもあれば、会話にするのも嫌なこともあります。

それなのに、「私はこうする」や「私だったら…」と、自分の意見を中心に意見や考えを押し付けることがあります。

アドバイスのつもりであっても、自分自身のコンプレックスに対して、押し付けられる意見や考え方は受け入れがたいもの。

「この人は人の気持ちがわからない人だなぁ」と思われることでしょう。


特徴6. 仕事、恋愛どちらでも相手と合わせる気がない

仕事人の気持ちのわからない人は 恋愛とも人に合わせるつもりがない

「自分はこう考えている」とか「自分ならこうできる」と言ったり、それが正しいと思ったりします。

他の人の意見を聞こうとは思わないのです。

この気持ちがエスカレートすると、考えや意見が違うだけで人を判断することさえあります。

また、その人の意見や考えを低レベルとか下にさえ考えることも。相手と合わせる気がなければ、仕事も恋愛も一方通行になります。

そのため、相手の気持ちを理解することさえ考えなくなるのです。


特徴7. 相手の立場になって物事を考えられない

想像力に欠けることも、人の気持ちを考えられない理由になります。

もし、「これを言われたらどう思うかな」とか「相手の立場ならどうするかな」というのは、考える力が必要です。

言われた人がその後どう思うか、傷ついたり泣いたりしないか、喜んでいるところをイメージできるかなど考えましょう。

仕事や恋愛でも、相手の人がどう思うか考えないなら、周囲の人とのコミュニケーションは図れず、孤立してしまいます。


人の気持ちがわからない人のメリット/デメリットとは

人の気持ちのわからない人はメリット デメリット

人とのコミュニケーションは得るものがたくさんあります。人の気持ちがわからない人は、人とのコミュニケーションで得られるものを逃していることもあるでしょう。

ここでは、人の気持ちがわからない人のメリットとデメリットを考えてみたいと思います。


人の気持ちがわからない人の3つのメリット

一人が良いとか、対人関係では面倒くさいことが起きると思う人は、人の気持ちを理解しないほうが良いと思うことがあります。

これは、自分の得られるメリットを考えていることもあるということです。

人の気持ちがわからない人にどんなメリットがあるのでしょうか。

もう少し深く分析していきましょう。


メリット1. 周囲に流されない自分のブレない意思を持っている

人の気持ちだけでなく細かなことを考えないようにしている人は、無駄な時間を省きたいと思っていることがあります。

さらに、将来のことを考えてやりたいことなどがあると、それを優先したいという気持ちが強いものです。

こうした強い気持ちは、周囲に流されないように自分の意思をしっかりと持っているので、ブレずに行動することができます。

人の気持ちや様々なことを考えすぎると、振り回されると思ってしまうのです。


メリット2. 雑音を気にせず一つのことに打ち込める

人の気持ちのわからない人は一つのことに打ち込める

考え込んだり、人のことで悩んだりしていては、しなければならないことがおろそかになっていることも。

人間関係が中心になってしまい、仕事や優先しなければならない時には、打ち込むために気にしないことを選ぶのです。

そのため、人の気持ちでも雑音のように思えるものは、気にしないで集中することが必要な時も生じるのかもしれません。

そのため、男性でも女性でも、自分のやりたいことを譲らない、集中して優先したい時には人の気持ちは後回しになるでしょう。


メリット3. 変に気を遣わず、ストレスフリーで生きれる

周囲の人の相談に乗ったり、気を使って話しかけたり、周りを気にかけるということは「ストレス」を感じることがあります。

つまり、場合によってその人の気持ちゆえに、板挟みになったり問題に巻き込まれたりするのではないかと危惧してしまうわけです。

例えば、仕事のことで忙しくても、姑や子どもとのことで、親や妻として相談したり気持ちを話したりすることがあります。

話を聞いてしまうとストレスを感じることがあるので、周囲に振り回されずストレスフリーでいたいと思うと、人に気を使わなくなるのです。


人の気持ちがわからない人の3つのデメリット

人の気持ちがわからない人は、周囲との関係を壊すばかりか、損することもあるためデメリットになってしまうことがあります。

ここでは人の気持ちがわからないことには、どんなデメリットが関係しているか紹介します。


デメリット1. 友達や旦那/妻、親や子供など、周囲の人に迷惑をかける

人の気持ちのわからない人は周囲の人に迷惑をかける

仕事も恋愛も、人間関係が重要であり、それで成功したり信頼しあえたりするもの。

しかし、人の気持ちがわからないと周囲の人とのすれ違いが生じ、トラブルが発生することがあります。

そのため、友達や同僚、家庭であれば旦那や妻、親や子どもなど、関わる人とのコミュニケーションに亀裂が生じてしまうでしょう。

自己中心的になるつもりはなくても、相手の気持ちがわからないことですれ違いが生じることになるのです。


職場の場合、出世や昇格に影響する恐れも

職場では、各自の責任を果たしますが、周囲の人との協調性が重要なこともあり、人の気持ちを理解することも重要です。

人の気持ちや感情を無視してばかりいると、出世や昇格に影響することも考慮に入れておくことが必要です。

時には、上司や同僚との報告・連絡・相談は優先されますし、思いつきで行動することは損害につながることもあります。

自分勝手と思われてしまうこともあるので、会社など組織内では男性も女性も注意が必要です。


デメリット2. 無意識に相手を傷つけたり、怒らせたりする恐れがある

人の気持ちがわからない人は「どんな状況」「どんな気持ち」で、相手が考えたり悩んだりしているかということを意識していません。

それは、「親しいつもり」とか「信頼されてると思ってた」など、自分の思い込みゆえに、相手の気持ちを考えていないことになります。

その結果として、無意識に相手を傷つけたり怒らせたりすることになるのです。


デメリット3. 心から腹を割って話せる相手ができない

人の気持ちのわからない人は腹を割って話せる友達が居ない

男性でも女性でも、他の人に「本音は言えない」という人も少なくありません。

付き合い程度の友達が多く、心から腹を割って話せる相手がいないということも、人の気持ちを理解することが難しいタイプ。

自分の気持ちを話さない人、コミュニケーションが難しいため、人の気持ちを理解しにくい人もいます。

仕事でも恋愛でも、話し合うことは大切なので、腹を割って話せないとコミュニケーション不足になるためデメリットになってしまうのです。


人の気持ちがわからない時の5つの治し方や改善方法とは?

人の気持ちのわからない時の改善法

人間関係でトラブルが起きるのを防ぐ方法のひとつは、人の気持ちを理解すること。

しかし、本当に相手の気持ちが分からない時には、どうすれば何から手をつけたら良いのかもわからないですよね。

ここでは、「人の気持ちがわからない時の治し方」や「改善方法」説明します。


改善方法1. 周囲の人と積極的に触れ合うようにする

「一人でいるのが楽」と、自分の経験から語れるという人も少なくありません。

しかし、自分一人の世界では、いつまでたっても人の気持ちは理解し難いもの

そこで、一歩踏み出して、周囲の人と触れ合う時間を作り、積極的に触れ合うように心がけるのは優れた治し方です。

人の気持ちを理解しようとすることで、周囲の人への視が広がったり積極的に触れ合うことができますよ。


改善方法2. 少しずつでも相手の立場になって考える癖をつける

育った背景や環境が違うと、同じように見えても性格は異なるので、人の気持ちは理解し難いものですよね。

しかし、少しずつ想像力を働かせて、相手の立場に立って考える習慣を身につけるのは大切です。

相手の立場や状況を想像することで、何が言いたかったか、どんな気持ちになるのか、結果としてどんなことが起きそうかなどを考えてみましょう。

「相手の立場になって考える」ことで、コミュニケーションを図りやすくなります。


改善方法3. 口に出す前に言うべきか頭の中で一度考え直す

人の気持ちのわからない人の改善法は言葉を出す前に頭の中で考える

「また言ってしまった」と後悔する前に、頭の中でもう一度まとめてみるのはおすすめです。

思ったことをそのまま言ってしまったり、この場ではいうべきことではなかったりすることもあるでしょう。

これが続くと、話を中断させてしまうこともあるかもしれません。

また、言わなくても良いことだったりすると、それがきっかけとなり相手を傷つけてしまうこともあるので要注意

自分が話す前に一拍おいて、まとめてから話すのは効果的治し方ですよ。


改善方法4. 人の話はきちんと聞き、分からなければ聞き直す

「聞くことに早く、語ることに遅い」という格言があるように、人の話をしっかり聞きそれから話すこと。

これは、人の気持ちを理解するための方法のひとつです。

人の気持ちがわからない人は、話を聞いている時に、知っていることがあるとつい「あっ、それはね…」と話を遮ってしまうことも。

しかし、途中で話を止めてしまうと、話の全体が見えてこないため、本当に相手が言いたいことを聞き取れずに終わってしまうことがあります。

相手の話をきちんと聞いて、わからないところは聞き直しましょう。

しっかりと聞くことで、相手の気持ちや接し方がわかるようになってきますよ。


改善方法5. 自分の主観だけで相手のことを判断しない

周囲の状況というのは頻繁に変わるので、起きていることや遭遇したことだけで相手を判断してしまうのは要注意。

それだと、相手の気持ちを理解しきれないことがあるでしょう。

個性や性格も違えば、背景も事情も違って当然。

自分の主観だけで判断せず、相手の気持ちや物事の本質を見極めるように意識していきましょう。


人の気持ちがわからない人との接し方や対処法とは

人の気持ちがわからないの対処法や改善法

「何度言っても理解してくれない」「全然わかってくれない」という人でも、一切関わらないようにするのは難しいかも知れません。

治してくれと言っても簡単な治し方があるとも限らないでしょう。

そこで「良い人間関係を築きたい」と思っている方のために、人の気持ちがわからない人との接し方や対処法のポイントを解説していきます。


対処法1. きちんとこちら側の意図を伝える

人の気持ちがわからない人は、男性でも女性でも「なぜ何度も言うのか」「なぜ怒っているのか」という理由を理解できません。

言われたり怒られたりしていると言う事実しかわからないということが多いでしょう。

そこで、「どの」部分が嫌なのか、「何が」知りたいのか、こちらの意図をしっかりと伝えましょう。

この場合、事態や状況の「場面」を説明したり、その時の「 感情」を説明したりすることが必要になります。

いちいち説明するのは面倒くさいと端折ったりせず、ここはきちんと伝えること。

そうすれば、人の気持ちがわからない人にも、上手に気持ちを伝えることができるかもしれませんよ。


一対一がダメなら、何人かでしっかりと伝えきる

「みんなが言っていた」ということで、納得する人を見たことはありませんか。人の気持ちがわからない時には、少し違う考え方をしていることもあるようです。

そこで、周囲の人も同じ見方をしているよ、ということを自然に伝えてあげるのがおすすめ。

一対一の意見は聞きにくいということがあっても、周囲の人も同じ意見だということがわかると、理解したり納得したりしやすくなりますよ。


対処法2. 相手の言動や行動をいちいち真に受けない

人の気持ちのの改善法は相手の言動や行動を真に受けない

「いちいち真に受けない」「いちいち気にしない」というのも、人の気持ちがわからない人との接し方のひとつの方法。

完全に気持ちをコントロールできる人はいないので、虫の居所が悪かったり、思っていなかったことを口走ってしまったりすることもあります。

もしかしたら、相手は「自分の気持ちを伝えるため」に、怒ったり発言をしたと考えましょう。


対処法3. こちら側から積極的にコミュニケーションを図る

守りだけのコミュニケーションは難しいものです。

人の気持ちがわからない人と積極的に会話をしてみるのは、自分の気持ちを理解してもらうための方法になります。

これには、タイミングも関係しています。

後になってから、「実はあのとき嫌だったんだ」と言うよりも、その場でわかりやすく伝える方が効果的です。

特に、人の気持ちを理解しようとしない人は、過去のことを気に留めにくいもの。できるだけタイムリーに自分の気持ちを伝えていきましょう


人の気持ちがわかるように努めてみてくださいね

人の気持ちがわかるように努力する

今回は、人の気持ちがわからない人の心理・特徴・対処法をご紹介してきました。

様々な経験は、人の心を豊かにすることもあれば、コミュニケーションを図りにくくすることもあります。

人の気持ちがわからない人に当てはまったら改善できるよう心がけ、周りに人の気持ちがわからない人がいるなら振り回されないように、しっかりと特徴を抑えて接し方や対処法を身につけていきましょうね

【参考記事】はこちら▽

Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事