社交的の意味とは|社交的な人の特徴と人見知りの性格を直す方法8つ

男性女性問わず、社交的な人は初対面でも堂々としてかっこいい存在。今回は、社交的な人の性格・考え方・行動・言動の特徴を15個紹介!さらに、社交的な人になるための習慣を詳しくお教えします。メリットが多そうな社交的な人のデメリットも解説するので、どんな短所があるか確認してみてくださいね。

社交的な人って素敵ですよね。

社交的な人の特徴と人見知りの性格を直す方法

社交的な人は、積極的で新たな物事にチャレンジし、話題も豊富なので周囲の人から人気ですね。憧れている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、そんな社交的な人の性格・考え方・行動・言動の特徴やメリット・デメリット、また社交的になるにはどうしたら良いかを詳しくお伝えします。

社交的になりたい人は、ぜひチェックして活かしてみてくださいね。


社交的な人とは?社交的の意味を簡単に解説!

社交的な人とは

社交的な人とは、社交に慣れている人のことです。社交とは人付き合いのことで、友人同士の付き合いだけでなく、仕事上の付き合いや恋人との付き合いも社交です。

そこで、社交的とは、単に社交に慣れているだけでなく、社交が上手なことを指します。

そのため、社交的な人の多くは、知り合いが多く、人脈があります。多くの人とコミュニケーションを上手にできることから交友関係も広いです。

また、社交的とは外交的で明るいことも含みます。人見知りせず、気さくに誰とでも話すことができる人こそ、社交的な人と言えるでしょう。


あなたは社交的?社交的な人の15個の特徴から診断してみましょう!

社交的な人は短所やデメリットはあるのか

まずは自分が社交的な人か理解しておきましょう。これから性格や考え方と行動や言動に分けて診断していきます。自分がどのタイプなのかチェックしてみてくださいね。


社交的な人の性格や考え方の特徴

ここからは社交的な人の性格や考え方の特徴をお伝えします。社交的な性格や考え方の特徴には、前向きな性格や好奇心旺盛なこと、誰に対しても平等に優しく接することができることなどがあります。

まずは、性格や考え方の視点から、自分が社交的な人の特徴に当てはまるか確認してみましょう。


性格&考え方1. 前向きな性格で、常に明るい

社交的な人は、前向きな性格な人が多いです。

社交的な人には、次から次へと新たな出会いがやってきます。誰かと上手くいかなかったとしても、再び新たな出会いがあるので、あまり深く悩んだり、落ち込んだりしません。

また、常に明るいのも社交的な人の特徴です。無理をして明るく振る舞っているわけではないので、大勢の前で明るく振る舞って、家ではほとんど誰とも話さないというような人ではありません。

【参考記事】はこちら▽


性格&考え方2. 好奇心旺盛で新しいことにも積極的に挑戦する

社交的な人は好奇心旺盛で新しい事に挑戦する

社交的な人は、積極的な性格なので、失敗したらどうしようと悩み、動けないということはありません。好奇心旺盛で新しいことにもどんどん挑戦します。

成功させてみせる、失敗するはずはないという積極的な見方をしています。もし新しいことに挑戦して何か物事が上手くいかないとしても、「何とかなるさ」「ダメだったら違うことをすれば良い」と常にポジティブな考え方で物事に取り組みます。

【参考記事】はこちら▽


性格&考え方3. 誰に対しても平等に優しく接することができる

社交的な人に、年齢や性別の垣根はありません。ですから誰に対しても平等に接することができます。

会社では、年齢の近い同性の同僚だけでなく、異性の同僚にも気さくに声をかけることができます。それだけではなく、会社の上司とも良いコミュニケーションがとれますし、後輩や新人に対しても優しいです。

学校では、同学年の同性の学生だけでなく、異性の学生の友だちも多いです。さらに、先輩や後輩にも友だちができます。先生たちとも上手にコミュニケーションできます。


性格&考え方4. 多くの人と関わっているため柔軟な価値観を持っている

社交的な人は、多くの人と関わる機会が多いです。ですから多くの人の考えや意見に触れます。他の人の考えや意見を理解しなければ、他の人と上手に付き合うことは難しいでしょう。ですので、他の人の考えや意見を理解するのは大切な事です。

もちろん自分の考えや意見を持つこと大切です。他の人の考えや意見に流される八方美人タイプの人は好かれないからです。

社交的な人は、他の人の考えや意見を受け入れることはできなくても、その考えや意見を理解するのです。そのため柔軟な価値観を持っている人が多いです。


性格&考え方5. 無駄なプライドが無いため、素直に他者の意見を聞き入れることができる

社交的な人と一緒に居て良いところを真似する

社交的な人は、自分の考えや意見が必ずしも全て正解だとは思っていません。ですから自分の考えや意見の間違いを他の人に指摘された時に、納得できると素直に他の人の意見を聞き入れることができるのです。

一方、内向的な人は、自分の考えや意見に凝り固まった人が多いです。そのため他の人に自分の考えや意見の誤りを指摘された時に、プライドから怒ってしまったり、退けてしまったりします。

【参考記事】はこちら▽


性格&考え方6. 物事を良い意味でシンプルに考える習慣がある

社交的な人は、良い意味で物事を楽観的に考えています。ですから何か物事に取り組む時には「きっとうまくいく」と思って物事に取り組んでいます。

考えや意見をシンプルに考え、積極的ですので「失敗したら失敗した時に考えたらいい」と考える特徴があります。

一方、内向的な人は消極的に物事を見がちです。ですから「失敗したらどうしよう」という気持ちが先立ってしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


性格&考え方7. 社交的な人は自分の弱みをさらけ出し、上手に人を頼る

社交的な人は、自分の弱みを隠して、かっこつけようとはしません。自分のありのままをさらけ出して、他の人と付き合います。

他の人にとっては、そこがまた親しみやすさや近づきやすさになります。完璧な人間は誰もいません。ボロを出したくないと思っていてもボロは誰でも出てしまうものです。

他の人からすると、社交的な人は気取らずに、自然体で接しても良いという印象を与えるので、ますます好かれます。


あえて自らスキを作っているため親しみを持ちやすい

社交的な人は自らスキを作って親しみやすい

仕事ができる社交的な人は、でき過ぎる自分を隠そうとします。社交的な人があまりにも能力が高かった場合、相手は劣等感を感じます。

そのことを和らげるために、あえてスキを見せて他の人に親しみ深く思ってもらうのです。なので、一緒にいて楽しいと思われる特徴があります。

具体的には、緊張した相手をほぐすために自分の失敗談を話します。会社で自分がミスをした時に、上司が自分は「そんなミスをしたことがない、信じられない」などと言われればミスした側はショックを受けるでしょう。

あえてスキを作るのが上手な人は、「俺も若い時、同じミスをして上司に怒られたよ」と言って慰めるのです。

【参考記事】はこちら▽


性格&考え方8. 様々な経験から、自分に自信を持っており堂々としている

社交的な人は、様々な事柄に挑戦してきています。そして挑戦から成功体験をたくさんしています。ですからいつも自分に自信を持っていて、堂々と振る舞うことができるのです。

他の人から陰口を言われても、全く気にしません。自分を好いている人が大勢いることがわかっているので相手にしないのです。

一方、内向的な人は、他の人から陰口を言われたら、くよくよと落ち込んでしまうことが多いです。

【参考記事】はこちら▽


社交的な人の行動や言動の特徴

次に社交的な人の行動や言動の特徴を見ていきましょう。例えば、社交的な人は、趣味が幅広く、所属するコミュニティが多いです。また、LINEや電話の連絡がマメです。

他にも行動や言動に多くの特徴があります。自分が社交的かどうかわからない人は、自分に当てはめて考えてみてくださいね。


行動&言動1. 趣味が幅広く、所属するコミュニティが多い

社交的な人は趣味が多く所属するコミュニティが多い

社交的な人は、大勢の人と付き合いがあります。しかも好奇心旺盛で相手に合わせて色々なことにチャレンジしますので、趣味の幅が広いです。

社交的な人は、アウトドア好きでも、アウトドアだけを行うことはありません。釣りやキャンプ、スキー、スノボ、サーフィン、ゴルフをしたかと思えば、インドアの趣味を誘われても断りません。映画鑑賞や演劇鑑賞に誘われれば、そこにも行くのです。

所属するコミュニティが多く、いつも色々な誘いがあり、忙しくしています。


異性との出会いも多いため、恋愛に発展するケースもよくある

社交的な人は、多趣味のため異性との出会いも多いです。アウトドア派の人とも、インドア派の人とも上手く付き合えるので、色々なタイプの人と恋愛に発展する可能性が多いのです。

相手からしても、自分が知らない世界を知っている社交的な人は非常に魅力的に映ります。自分の知らないことを教えてくれるという期待があるからです。そのため社交的な人は、色々な異性との恋愛を経験した人が多いです。


行動&言動2. ノリが良く、誘いに対して二つ返事で乗って来る

社交的な人は、ノリが良い人が多いです。その場の雰囲気を壊したくないので、「食事に行こうよ」「イベントに行こうよ」と誘われれば、「いいよ、行こうよ」と二つ返事でOKするのです。

もちろん社交的な人は、あまり考えずに返事してしまうので、後から予定を調整しなければいけなくなったりしますが、その場はノリで答えるのです。

ノリ良く返事をしてくれると、誘った側も「嫌々返事をしているわけではないな」と嬉しくなる人が多いです。


行動&言動3. LINEや電話の連絡がマメで、返信のスピードが早い

社交的な人の言動 行動は電話の返信が早い

社交的な人は、相手のことを想像し、どんな気持ちがするかを考えることができます。

ですから相手のことを考えて、体調を気遣ったり、近況を伝えたりするLINEや電話をマメにします。

相手の気持ちを考えるので、相手を喜ばそうと、LINEや電話の連絡の返信スピードも早くなります。LINEや電話の連絡が来て、返信せずに放置するようなことはしないでしょう。

【参考記事】はこちら▽


行動&言動4. 経験が多いので、話題の引き出しが多い

社交的な人は、様々人と付き合い、色々な経験を持っているため、その経験を通して、たくさんの話題を持っています。

社交的な人は、自分から楽しい話題をしてその場の雰囲気を盛り上げます。

それだけでなく、相手の話題に合わせることもできるのです。相手がアウトドアの話をすれば、アウトドアの話で盛り上げます。マンガやアニメ、映画、読書などインドア派の人の話にもついていくことができるのです。

【参考記事】はこちら▽


行動&言動5. 礼儀正しく、飲み会の後などのお礼の連絡も欠かさずにする

社交的な人は、礼儀正しい人が多く、特に「ありがとう」と言葉を大切にします。食事や飲み会があれば、もちろんその場で「ありがとう」とお礼を伝えます。

それだけではありません。社交的な人は、人との繋がりを大切にするので、帰宅後にもお礼のLINEや電話、メールをします。

さらに、次に会った時にも、前回のお礼から始まります。そうすると、誘った人は、「本当に喜んでくれた」と感じ、また誘おうと思うのです。そのようにして社交的な人の交友は続いていくのです。

【参考記事】はこちら▽


行動&言動6. 人の意見に合わせるだけでなく、自分の意見もしっかりと発言する

社交的な人は合わせるだけでなく自分の意見も発言する

社交的な人は、独りよがりではないので人の考えや意見に理解を示し、合わせることができます。

しかし自分の考えや意見がないわけではありません。自分の考えや意見もしっかりと持っています。ですから相手の考えや意見を尊重しながらも、自分の考えや意見もしっかりと伝えることができるのです。

相手と考えや意見が合わない時には、話し合ってお互いに納得できる結論を導き出そうとします。


行動&言動7. 少しくらいのことで物怖じせず、余裕がある振る舞いをする

社交的な人は、たくさんの経験に裏打ちされた自信があります。経験が豊富なので、対処法もすぐにわかります。

また対処法がわからない時にも、他の人と上手く協力できるので、その場を対処できる人に任せれば良いということを知っているのです。

何度もトラブルを解決した経験もあるので、社交的な人は少々のトラブルが発生しても物怖じしません。


場離れしてるため、トラブル対応にも冷静に対応することができる

社交的な人は、トラブル慣れしていることも考えられます。社交的な人は、自分一人でそのトラブルを何とかしようとはしません。そのトラブルに関わる人全体で、トラブルを回避しようとします。

ですからトラブルが発生した時にリーダーシップを発揮し、人をまとめることが多いのです。そうした経験が社交的な人は多く、離れしていています。そのため慌てることなく冷静に対応することができるのです。

【参考記事】はこちら▽


メリットの多い社交的な人だけど、短所やデメリットはあるの?

社交的な人に短所やデメリットはあるのか

ここまで見てきたように社交的なことは非常にメリットがです。しかし短所になることもあります。

例えば、八方美人な印象を持たれて嫌われたり、1人でいるときに寂しさを感じたりします。

ここまで読んできて、自分が社交的かもと思う人は、社交性が短所になっていないかチェックしていきましょう。


デメリット1. 嫌われること怖がっている、八方美人な印象を持たれることがある

多くの人に好かれそうな社交的な人ですが、社交的な人が嫌いという人も少なからずいます。

誰にでも良い顔をして、嫌われることを怖がっているように見えるのです。ですから社交的な人は、八方美人にならないように気をつけましょう。

誰とでも上手に付き合えるのと、誰にでも良い顔をするのは違うので気をつけましょう。自分の考えや意見をしっかりと持って、時には相容れないことも必要ですよ。

【参考記事】はこちら▽


デメリット2. 1人でいるときにふと寂しさを感じることがある

社交的な人の中には、実は社交的な人を演じている人がいます。そのような人は、ピエロのように社交的な人を演じていますが、無理をしているため、1人でいると、辛い気持ちになることもあるのです。

それだけではなく、社交的な人は絶えず他の人を気遣っています。人に好かれる目的でそうしている人もいます。それにもかかわらず、自分が気遣いを全然示されないと非常に寂しく感じます。

例えば、病気のために1人で家にいる時に、誰からも心配するLINEや電話、メールが来なければ、落ち込むこともあるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


デメリット3. 明るい人のイメージが強いため、テンションが低い姿を見せにくい

社交的な人はテンションの低い姿をみせにくい

社交的な人の中には、社交的な人を演じている人がいます。そのような人は、本当は落ち込むこともあれば、テンションが低い時もあるのです。しかし自分の素の姿を他の人に見せられなくなっている人がいます。

本来は、テンションが下がる時もあるのに、明るい人というイメージを守りたいと頑張り過ぎてしまうのです。

から元気で頑張ると、疲れてしまいます。明るいイメージを守ろうとするのは短所といえるでしょう。


デメリット4. 人間関係が広く浅くなってしまい、関係を深めにくい

社交的な人は交友関係が広く、大勢の人と付き合いがあります。ですから物理的に1人にかける時間が少なくなるのです。

人間関係というのは、単純に接触している時間が長くなればなるほど深まります。これを心理学では単純接触効果といいます。社交的な人は、1人の人にかける時間が少ないので関係が浅くなりやすいのです。

社交的な人は、浅い付き合いの友人が多くなってしまうという短所もあるでしょう。


デメリット5. 友達の数を増やすことが目的になってしまうことがある

社交的な人の中には、ツイッターやインスタグラムのようなSNSを駆使し、自分について発信し、多くの人とつながろうとする人もいます。

「いいね」が押されれば、すごく嬉しい気持ちになります。「いいね」のために写真をとりにいったり、動画を編集したりします。

しかしその繋がりは弱いものです。本当に困った時には助けてくれない可能性が高いです。社交的な人は、実は本当の友達が1人もいないということもあるのです。


デメリット6. たくさんの人に会っていると気疲れしてしまうことがある

社交的な人はたくさんの人と居ると気疲れする

社交的な人を装っている人は、本来は人疲れする人が社交的な人を装っているので、大勢の人に会うことで心がすり減ってしまうのです。

現在、ツイッターやインスタグラム、ブログを止める人も増えています。大勢の人とつながると、コミュニケーションを多く取る中で自分の考えや意見と合わない人も多くいるでしょう。そこで上手にコミュニケーションをとることに疲れるのです。


デメリット7. 立ち止まって考える時間が少ないため、計画性に欠けてしまうことがある

社交的な人の中には、ノリで生きている人もいます。そのような人は計画性なく行き当たりばったりで行動します。計画して物事を行うわけではないので、約束がかぶってしまうこともあります。

約束がかぶってしまうと、どちらかの約束を断ることでしょう。そうすると、約束を断られた相手は、ノリの良い返事も当てにならないと思うようになります。

返事だけで、約束を頻繁に破る人は、信頼されなくなってしまいます。周りからも口だけの人という印象になってしまうでしょう。


人見知りから抜け出して、社交的な人になるための8つの方法

人見知りから社交的になる方法

最後に人見知りから抜け出して、社交的になる方法を紹介します。例えば、素直に表現をすることや前向きな考え方を習慣化するのは良い方法です。

これらは社交的になるには大切な方法ですので、人見知りかもと思う人は、参考にしてみてくださいね。


社交的になる方法1. 自分が思ったことは我慢せず、素直に表現をする

人見知りから脱却するためには、まず素の姿で振る舞うことが大切です。あなたが素の姿を見せることで、周囲の人は安心します。

何もいつもいい人でいる必要もありません。悲しい時には悲しみ、怒っている時には怒りを表現しても良いのです。自分の気持ちに無理せず、素直に気持ちを表現してみましょう。

周囲の人は、喜怒哀楽を素直に表現する人間らしいあなたを親しみやすく、近づきやすいと感じるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


社交的になる方法2. 笑顔を増やし、前向きな考え方を習慣化する

社交的な人が近づきやすいのは笑顔が多く、何事にも楽しそうに取り組んでいるから。内向的で人見知りの人が社交的になるには、笑顔を増やすのがベストな方法と言えるでしょう。

口の口角を上げて、無理に笑顔を作る人もいますが、それはあまりおすすめできません。目が笑っていないのが、周囲の人にバレます。

心から笑えるようになることが大切です。そのためには前向きに考えることを習慣化することが大切です。ネガティブな考えが浮かんできたら、無理にでもポジティブな考えに変えるように努力しましょう。

【参考記事】はこちら▽


社交的になる方法3. 社交的な人たちと一緒に時間を過ごし、良い所を真似する

社交的になるには社交の場を作る

人は、一緒にいる人の影響を大いに受けます。内向的な人が社交的になるには、社交的な人と一緒に過ごすのがおすすめです。

もちろん生来内気な人が、社交的な人と一緒に一緒にいても、全く性格が変わって社交的になるということはないでしょう。

しかし社交的な人の良い部分を真似ることはできます。どんな風に人付き合いするのか、どんな気配りを他の人にしているかを見て真似すると良いでしょう。


社交的になる方法4. 人に興味を持ち、自分から積極的に話しかけてみる

本当に社交的な人は、他の人に関心を持ち、思いやりがあります。内気な人が、社交的になるには、他の人に興味を持つことも大切です。

そして、勇気は必要ですが、自分から他の人に積極的に話しかけてみましょう。最初は、いわゆる世間話でも良いです。その人のパーソナルな部分に触れる前に、天気や共通する話題をするのです。

相手の趣味がわかっていれば、相手の趣味について尋ねてみるのも良いでしょう。


社交的になる方法5. 物事を深刻に捉えすぎず、まずはチャレンジすることの大切さを知る

内向的な人は、物事を深く考えすぎてしまうことがあります。リスクやデメリットを考え過ぎてしまい、新たな物事になかなかチャレンジできません。

そこで、社交的になるにはあまり物事を深く考えないようにすることです。「何とかなるさ」という楽観的な思考で、新しい物事にも挑戦しましょう。

もしチャレンジに失敗しても、それはあなたの経験として蓄積されます。無駄になる経験はありません。ですので思い切ってチャレンジしましょう。

【参考記事】はこちら▽


社交的になる方法6. 友人や先輩の誘いに乗り、新たな出会いを作る

社交的な人になるには新たな出会いを作る

内向的な人も、友人や先輩に誘われることがあるでしょう。そのような時に、「知らない人と一緒だと緊張してしまう」と考えて誘いを断るのではなく、まずは行ってみましょう。

色々なタイプの人間と接することで、少しずつ慣れていきます。ですから初めての人とでも会話してみることが大切です。

初めての人と打ち解けるには、自分のことを開示することがカギです。相手に興味を持ってもらえそうな話題を考えて、出かけていきましょう。


社交的になる方法7. 自分が好きな服装をするのではなく、人に好かれる服装を心掛ける

社交的になるには、服装も大切です。内向的な人は、自分のファッションにこだわりが強い人もいるでしょう。

しかしクセの強いファッションは、周囲の人におしゃれと思われるかもしれしれませんが、親しみやすさはありません。他の人に近づきにくく感じられてしまうのです。

ですから人に好かれたいなら、クセの強いファッションは止めて、シンプルなスタイルを心がけましょう。

流行を軽く抑えたファッショッは万人から好まれます。ファッションを変えることは人に好かれる方法の1つです。

【参考記事】はこちら▽


社交的になる方法8. 男女問わず、幅広い年齢の人と関わりを持ち視野を広げる

内向的な人は、同じ価値観や考え、意見、年代の人と一緒にいる傾向があります。一方で社交的な人は、男女問わず、幅広い年齢の人と関わりを持ちます。

ですから社交的になるには、同じ価値観や考え、意見、年代の人とばかりではなく、男女問わず、幅広い年齢の人と関わることです。

この方法で多くの人と触れ合って、広い視野を持ちましょう。広い視野を持つことで、他の人の考えや意見を理解できるようになり、上手に付き合いできるようになります。


周りから好かれる社交的な人になりましょう。

社交的な人になるには積極的な考えを持つ

社交的な人についてお伝えしました。社交的とは、人付き合いに慣れているだけではなく、人付き合いが上手なことです。社交的な人は積極的で楽観的な性格という特徴がありましたね。

誰とでも上手くコミュニケーションをとれる一面があるからモテるのです。人見知りで内向的な人は、まずは積極的な考え方をするところから始めましょう。積極的な考えをしていれば、自然と笑顔が増え、近づきやすい人になれるでしょう。


【参考記事】はこちら▽

Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事

дапоксетин купить в киеве

протеин на развес