女性を口説きたい男必見!モテる男が実践してる必殺の口説き文句10選

女性を口説きたいけど悩んでいる男性へ。今記事では「口説く」の簡単な意味だけでなく、口説くための準備、実際に口説く方法までお伝えします。男が口説くためのセリフや関連記事ではモテる女の落とし方までご紹介していきます!

女性を口説きたいけど、何をすればいいの?

女性の口説き方

テレビ番組や映画で女性と楽しそうに会話をして、スマートに女性を口説く男性。そんな姿を見ると、「自分もあんな風に女性を口説いて恋愛したい…!」と思いますよね。

しかし恋愛経験が少ないと、何をすれば良いか分からなくて悩む人も多いのではないでしょうか。そして結局行動に活かせない…なんてことも。

そこで今回は女性の口説くためのいろはから、口説き方の具体的な方法までご紹介します。


そもそも、「口説く」の意味や語源は?

そもそも「口説く」とはどういう意味なのか、よく分からないという人も多いのではないでしょうか。

口説くとは、「相手を自分の思い通りにするために言い迫ったり説得したりすること」を意味します。恋愛の面では、自分に興味を持ってもらえるように好意を伝えて、アプローチするという意味で使われることが多くあります。


口説くの簡単な豆知識

その漢字から「口で説く」だと思われがちですが、実はこれは当て字です。同じことをしつこく繰り返して言う様子を「くどくど」と形容しますよね。

口説くの「くど」はこれが動詞になったものです。自分の思い通りになるまで何度も繰り返して説得する様を「口説く」と言うようになりました。


口説く前に確認しておきたい5つのこと

早速口説きたい!という男性陣も多くなるかと思いますが、まず“準備”が必須になります。ここでは口説く前に確認しておきたいことを5つご紹介します。口説く時も焦らず、じっくりと考えることが重要になります。


1. 大前提「口説く=告白」ではない

勘違いしている男性も多いですが、「口説く」とは告白することではありません。告白とは、自分の想いを相手に伝えて返事を求めることです。そのため、告白して相手にその気がなかったら振られてしまいます。

対して口説くことは、好意は伝えても相手に返事は求めません。告白と違い白黒はっきりさせないので、好意は伝わっても振られることはないです。

告白が「短期戦」なら、口説くのは「長期戦」というイメージです。


女性に男性として興味を持ってもらう、惚れさせることを指す

口説くことの目的は、相手に好きだと気持ちを伝えることではありません。女性に男性として興味を持ってもらい、最終的に惚れさせることが目的です。

相手が自分に好意を持っていると分かると、悪い気はしないし少なからず興味は持ちますよね。もし、口説いた時点で女性があなたのことをなんとも思っていなくても、興味をもってもらえるとそこからアプローチしていけるのです。

【参考記事】告白の仕方を知りたい方はこちら▽


2. 口説くのは言葉だけじゃない

口説くというと、「話し上手な人じゃないと無理じゃないかな……」と不安になりますよね。

しかし、口説くのは言葉だけではありません。話し上手じゃなくても、行動で口説くことは可能です。

例えば、彼女が大変そうなときに声をかけて手伝いましょう。態度や振る舞いからでも好意は伝わり、興味を持ってもらうには有効です。


3. 女性は自信のない男は好きにならない

女性は、自身のない男性は好きになりません。自信なさげにクヨクヨした態度の男性は、頼りなさそうに見えます。

女性を口説くときは、不安でも自信があるように振る舞いましょう。自信なさげに口説いても、あなたの魅力が十分に伝わりません。

「姿勢」と「声」を意識するだけで、自信があるように見え印象が変わります。背筋を伸ばしてハキハキ喋るよう、振る舞いを心がけましょう。

【参考記事】はこちら▽


4. 最低限の清潔感がある身なりをする

女性に恋愛対象として見られたいなら「清潔感」は重要なポイントです。

不潔な服装や雰囲気の男性は、一瞬で恋愛対象外として見られてしまいます。一度でもそんなイメージがついてしまうと、それを覆すのは困難です。

逆に清潔感のある身なりさえしていれば、たとえセンスのない服装でも好印象を抱かれる可能性があります。清潔感のある服装、においや髪形にも気を遣いましょう。


5. 笑顔で話やすい雰囲気を作る

女性を口説くときは、笑顔で話しやすい雰囲気を作りましょう。

女性に好きになってもらうためには、「一緒にいて楽しい」と思ってもらう必要があります。ムスッとした態度で無口な人と一緒にいても、楽しくありませんよね。しかし相手が笑顔だと、自分もつられて笑顔になり楽しく過ごせます。

基本的に女性は「話を聞いてほしいタイプ」なので、あなたが話し上手である必要はありません。笑顔で女性が話しやすい雰囲気を作ることがポイントです。

【参考記事】はこちら▽


“モテる男”が実践する女性を口説く10の方法

準備の方法を紹介したところで、ここからは実際に口説く方法をレクチャーしていきます。狙いを定めた女性を高確率で口説き落とす方法がここに詰まっています。


1. 焦らず、相手を楽しませることを優先する

女性を口説くときは、焦りは禁物です。

「早く気持ちを伝えたい」「早く返事がほしい」と焦ってしまうと、女性は重荷に感じてしまい嫌われてしまいます。まずは相手を楽しませることを優先し、「一緒にいて楽しい」と思ってもらえる関係を目指しましょう。

楽しませたら、まずは第一関門突破。相手が自分に興味を持ってくれるはずですよ。


2. やりすぎなくらい細かく気配りをする

女性はオラオラ系よりも、気配り上手な男性を好きになります。

女性にとって、男性は「気配りができない」「女心が分かってない」というイメージがあります。そのため、細かい気配りをすることで他の男性と差別化することができ、女性からの印象が良くなります。

荷物を持ってあげたり、飲み物を買ってあげたりとちょっとしたことで構いません。相手をよく見て、気配りするタイミングを見つけましょう。

【参考記事】はこちら▽


3. 相手に共感し、身近な存在になる

基本的に女性は共感されると喜ぶ生き物になります。

悩みを相談されたときに「こうしたらいいんじゃない?」とアドバイスしたり解決策を示したりするのではなく、「それは大変だったね」と共感してください。女性は悩みを解決したい訳ではなく、ただ話を聞いてもらい誰かに共感されたいだけです。

身近な存在と認識してもらうためにも、共感するのはとても効果的な方法です。


4. 爪、髪型、服装、香りなどの些細な変化に気づく

男性の多くは鈍感で、相手の変化には無頓着です。だからこそ、女性の些細な変化に気付ける男性はモテます。

ネイルを変えたり、前髪を短くしたり、男性にとっては些細な変化でも女性にとっては大きな変化なのです。気付かないと、「こんなに変わってるのに気づかないなんて、自分に興味がないからなのかな」と認識してしまいます。

相手を普段からよく見て、変化があったら些細なことでも褒めることが口説上で重要なポインになります。


5. 周りが褒めないポイントを具体的に褒める

ただ褒めるでは二流がすること。周りが褒めないポイントを具体的に褒めましょう。

褒められて嫌な気分になる人はそうそういませんよね。褒めることで「気が利く」と認識されやすくなり、恋愛対象に近づきます。

周りが褒めないポイントを具体的に褒めることで、「よく見てくれているんだな」と他の男性と差別化できます。また、相手が自分に興味を持っていると分かるとなんだかこちらも気になってくるもの。

褒めるだけで、相手に興味を持ってもらうきっかけにもなります。

【参考記事】はこちら▽


家族や友人を褒めることも好印象

女性本人を褒めるのも良いですが、相手の家族や友人を褒める方法も、効果的です。

自分の家族や友人が褒められると嬉しいですよね。自分の大事な人達を大事にしてくれる人として、好印象を得ることができます。

逆にけなされると誰でも一気に好感度は下がってしまいます。たとえ本心では思っていても、マイナスなことは決して言わないようにしましょう。


6. 「こんなことするのは〇〇だけ」と特別扱いをする

周りの人より優しくされたり、褒められたり、特別扱いされるのは誰しも嬉しいですよね。女性は「特別扱い」に弱い傾向があります。

「こんなことするのは○○だけだよ」という口説き文句で伝えて、特別扱いすることで相手からも好印象を得られます。他の人といても相手との会話を優先したり、相手だけにこっそりお土産を渡したり、そんな特別扱いをされると女性はキュンとします。


7. 自慢や愚痴は話さない

女性に対して自慢や愚痴を話しすぎると、嫌われてしまいます。自慢や愚痴ばかり話す人と一緒にいても、女性は楽しくありません。

自慢が多いと「見栄を張ってる」「本当は自信がない」という印象を与えます。また、愚痴が多いと「陰湿」「他人のせいばかりにする」という印象を与えてしまいます。

口説く時には女性が楽しめるような話題を選びましょう。


8. ガツガツボディタッチをしない

口説く時に好意を伝えたいからといって、ボディタッチをしすぎるのはNGです。

ガツガツボディタッチをしていると、身体目的のように思われてしまいます。一度のボディタッチが嫌悪感を抱き、その後の修復はほぼ不可能でしょう。

ボディタッチはたまにするぐらいが女性をドキッとさせられるので効果的です。


9. “適度”に名前を呼んであげる

女性を口説くときは、適度に名前を呼びましょう。

名前を呼ばれると、一気に距離が縮まり親近感が湧きますよね。ただ、いきなり下の名前を呼び捨てで呼んだり変なあだ名をつけたりすると、距離感が近すぎてドン引きされてしまう可能性もあります。

なんて呼んだらいいか分からない場合は、相手に聞いてみると良いでしょう。


10. たまには引く余裕を持つ

口説くからといっていつもガツガツ押していると、女性は引いてしまいます。

必死すぎる姿を見ると、その気持ちに応えられないことが重荷に感じられてしまうことも。たまには引く余裕を持つことも大切です。自分に好意があったはずの男性が急に近づいてこなくなり、「あれ?」と気になるようになれば作戦成功です。

また、自分の時間もしっかり楽しめる余裕のある男性は、女性からの好感度が高い傾向にあります。

【参考記事】はこちら▽


口説くことで大切な女性を楽しませること

今回は、女性の口説き方についてご紹介しました。モテる男性の口説き方には、共通の特徴があります。細かいところに気が付き、女性にとって一緒に居て楽しい男性であるということです。

自分の好意を寄せるだけではなく、女子を楽しませるという気持ちは必須になります。準備ができたら意中の女性を口説いてみてくださいね。

【参考記事】はこちら▽

お気に入り

注目の記事

関連する記事