恋愛依存症な女性の特徴10個│原因を見つけて依存体質を治す方法

恋愛体質で恋愛依存症な女性は意外と多いはず。彼氏や恋人に対して嫉妬心が強かったり、ネガティブ思考で束縛する女性は、恋愛依存症の可能性が高いと言われます。今回は、恋愛依存症な女性の特徴から、相手に依存してしまう原因を大公開!自分が「恋愛依存症かも」と思う人は確認してみてくださいね。

自分が「恋愛依存症」かもって心配になりますよね…

恋愛依存症の男女

「恋愛依存症」というワードは、誰しも聞いたことがありますよね。

実は、どんな女性も恋愛依存症になる可能性を持っているんです。中には「まさか…私が恋愛依存症?」と信じられない女性もいるのではないでしょうか。

そこで今回は恋愛依存症の特徴や原因を徹底解説します。最後には、「もしかしたら恋愛依存症かも」と思い当たる女性へ克服方法もご紹介しますね。


そもそも「恋愛依存症」とは?

恋愛依存症とは

恋愛依存症とは、付き合っている相手だけではなく、「付き合う」そのものに対して執着し依存することです。

たとえば「彼氏なしでは生きていけない」「彼と離れるなんて考えられない」「信じられるのは彼だけ」と、彼中心の生活になっています。大切な相手と一緒にいて幸せなはずなのに、嫉妬や不安がつきまとって、感情のコントロールができなくなってしまうことも。

また、相手の行動や考えを「すべて自分が管理したい」という行動が、喧嘩や最悪別れの原因になることも少なくはありません。


1. 「恋愛体質」と「恋愛依存症」の違い

恋愛体質は、「自分のため」に恋愛をします。純粋に恋愛を楽しむことを一番に考える傾向があり、そこから自分磨きなど人生のプラスになる方向に繋げていけるのが恋愛体質の特徴です。

一方、恋愛依存症は「相手のため」に恋愛をします。「相手のことが優先。何が何でも尽くす」ことが生きがいな恋愛依存症。

このように、恋愛体質と恋愛依存症とは、思いの向かう先が異なるのです。


2. 「恋愛依存症」は2種類ある

恋愛体質と恋愛依存症の違いについて触れたところで、ここからは恋愛依存症について大きく2つの種類についてご紹介していきます。


1. 「共依存症」

共依存の恋愛依存症

「共依存症」とは、自分のことより相手の世話に夢中になってしまう人のことです。

「彼のためなら何だってする」「家庭を守りたい」という精神の持ち主。これは、女性に多く見られるタイプなんですよ。たとえ、自己犠牲であっても嫌がることなく、相手にとことん尽くす傾向があります。

また、心の片隅に「彼に必要とされない自分なんて、存在する意味がない」という思いがあることも。このタイプの人は、彼に尽くすことで自分の存在意義を見い出そうとしています。


2. 「回避依存症」

回避依存症とは、親密な関係をあえて避けたり、幸せになることに怖いと思っていたりする人です。

もし、好意を持っている相手がいても、そこから恋愛になってお互いのことを理解し合う必要があることを考えると億劫になるのです。そのため、モテるのに、全然恋愛に発展しないこともしばしば。

一人で過ごすことを好み、人との付き合い方を忘れ、ますます恋愛が遠のいてしまう悪循環が生まれるのも、このタイプの特徴といえます。


あなたは大丈夫?恋愛依存症になりやすい女性の「10の診断」

恋愛依存症になりやすい女性診断

ここからは実際に「自分は恋愛依存症かな?」と思っている女性に向けて10個の項目を紹介します。5個以上当てはまると疑いがでるため、しっかりとチェックしてみてくださいね。


診断1. 少しでも連絡がないと「嫌われた」と不安になる

恋愛依存症の女性は「返事は即」が当たり前。恋人からのLINEの返信時間には敏感なのです。

「いつもお昼休みにLINEをくれるのに、今日はないのはなんで?」「既読になってるのに返信がないなんて、怪しい」など、彼からの連絡が少し遅かっただけで不安になってしまいます。

ようやく連絡がきたと思ったら、待っている間のモヤモヤやイライラした気持ちを彼氏にぶつけてしまい、うんざりされることも。


診断2. すべてが相手中心のライフスタイル

とにかく、彼が最優先なので、予定がない休日に友達からお誘いがあったとしても「彼氏から連絡がくるかもしれないから…」と断ることもします。

恋愛依存症の人は、「恋人と一緒にいられるなら他に何もいらない」と、彼のことで頭がいっぱい。ですが、彼を思うがゆえに仕事中や他の人と過ごしているときにまで、集中せず何も考えられないほどに夢中になってしまうのは少々危険ですよ。


診断3. 仕事や友達よりも恋人が最優先

恋愛依存症になりやすい女性の診断で、仕事や友達よりも恋人が最優先

大好きな人ができると、「仕事よりも友達よりも恋人が優先」というのは珍しいことではありません。

ですが、恋愛依存症になると「今から会えるようになった」と、急に恋人からLINEで連絡があれば、友達の約束をドタキャンしてでも平気でデートに行きます。

もし、あなたが全てにおいて恋人が優先となった生活を送っているのなら、完全に恋愛に依存している証拠です。


診断4. ネガティブな思い込みが激しい

「どうせ私なんて」と、悲観的になったり周りと自分を比べて落ち込んだりするのも、恋愛依存症にみられる傾向です。

自分を過小評価する癖がついているので、自信が持てないのです。ちょっと彼の態度が冷たかっただけで「いい子にしていないと嫌われる」「見捨てられてしまうかもしれない」と、ネガティブな思いが離れません。

このネガティブな感覚が麻痺して、自分が恋愛依存症になっているのに気付いていないことも。


診断5. 相手を支えるためには自己犠牲をいとわない

彼氏に「別れよう」と言われないために、彼氏の言う事を何でも聞いてしまうのは、恋愛依存症の愛情表現のひとつ。その気持ちを利用して、彼氏が調子に乗り無理な要求をしても、犠牲を考えず一生懸命応えようとしてしまいます。

自分を求めてくれることに自分の存在意義を感じて、本当は自分が嫌だと思うことも我慢して断らないケース。結果、時間や金銭面などでも恋人に尽くしすぎる傾向があるんです。


診断6. 相手の好みに合わせてファッションや髪型を変える

恋愛依存症になりやすい女性の診断で、相手の好みに合わせてファッションや髪型を変える

自分が好きなファッションや髪型を「可愛いね」と恋人から言ってもらえたら、どんな女性でも嬉しいもの。

ですが、恋愛依存症になると、たとえ自分の趣味ではなくても、恋人が「これ似合うと思うよ」と言った次の日からファッションチェンジ。恋人が変わるたびに毎回ファッションやメイク、髪型などがガラリと変わる女性は、恋愛依存症といえるでしょう。


診断7. 恋愛をしているときはプラベートは他にやることがない

彼氏に仕事や予定があって忙しい日もありますよね。そんなとき、一人の時間ができると何をしていいのか分からないのは、恋愛依存症に多い傾向です。また、恋人がいなくても恋愛していない時期がなく、常に誰かに恋しているのも恋愛依存症。

ポッカリ空いた時間に戸惑って他にやることがないくらい、恋や彼氏で脳内がいっぱいな状態です。そのため、恋人がかまってくれなくて嫉妬や束縛をしてしまうこともあります。


診断8. 出会ってすぐに肉体関係を持ってしまう

寂しさが原因で、好きでもない人と肉体関係を持ってしまう人もいます。

初デートや、出会って間もない人でも肉体関係を求めてしまうんです。そのときだけでも、相手からの愛情を感じられて満たされる心理もあります。「自分が愛されている」という感覚がないと、自分の存在価値がないと思ってしまうことも原因でしょう。


診断9. 関係を繋ぎ止めれるなら、いくらでもお金と時間をかける

恋愛依存症になりやすい女性の診断で、関係を繋ぎ止められるなら、いくらでもお金と時間をかける

好きな人の気持ちをとどめるための手段として、高価な物をプレゼントするのは、恋愛依存症によくある行動パターンです。「今度、さらにいいものを贈ったら、もっと喜んでくれるはず」と、自分のことを見てほしさに気持ちを繋ぎ止めようとします。

また、どんなに自分が忙しくても時間を作り、無理してでも恋人に尽くすことが彼女らの愛情表現。ホストクラブにはまってしまう女性も、恋愛依存症に近い心理ですね。


診断10. 恋人の行動をすべて把握しておきたいと思う

LINEチェックはもちろん、ひたすら彼のSNSをパトロールしている。これも恋愛依存症の行動パターンです。彼が、今どこにいて誰と何をしているのかが気になって、無意識にスマホで彼のアカウントを追ってしまうんです。

「恋人のことが大好きだから」「愛しているから」といって何でもやっていいわけではありません。知りたすぎるがゆえに、嫉妬や束縛が激しくなって、恋人から嫌われてしまう原因になりますよ。


恋愛依存症になってしまう5つの原因

恋愛依存症になってしまう原因

実際に診断してみて、自分が恋愛依存症かも…と思った方もいるかと思います。ここでは、なぜ恋愛依存症になってしまうのか?という深い原因をご紹介していきます。


1. 両親の愛情不足で愛に飢えている

恋愛に依存してしまう人の中には、幼少期の家庭環境になんらかのコンプレックスを抱いていたり、影響を受けていたりすることが挙げられます。

たとえば、「一人っ子で遊び相手がいなかった」「両親が共働きでいつも寂しい思いをしていた」「あまり褒めてもらえなかった」など、愛情不足が原因といえます。

甘えることができない環境だった人は、特に恋愛依存症になりやすいです。自分のことを一番に考えてくれる特別な存在である彼氏に、愛情を求めてしまうのかもしれませんね。

【参考記事】はこちら▽


2. 過去の恋愛からトラウマになっている

過去の恋愛で失敗した女性や、昔の彼氏に浮気をされたなどのトラウマを持っている女性も、恋愛依存症になることも。

「こんなことを言ったら、恋人から嫌われてしまうかもしれない」「彼に捨てられたくない」といつも不安を感じて、その恐怖から相手に依存してしまうのです。

さらに過去の辛い経験が全て自分のせいだと思い込んでしまい、「次は上手くやろう」と必死になり、男性に合わせようとします。結果、恋愛依存症になってしまう女性も少なくはありません。

【参考記事】はこちら▽


3. 自分に自信がないため、相手に尽くしすぎてしまう

恋愛依存症になってしまう原因で、自分に自信がないため、相手に尽くしすぎてしまう

何かにつけ、相手に判断を仰ぐことが習慣化してしまっている女性。このタイプの女性は自分に自信がないので、「彼が言うことが正解」と彼を信じ切っている傾向があります。

また、「こんな私と付き合ってくれた彼の理想とする女性になりたい」と彼にゾッコン。それが、恋愛依存症のきっかけになっていることも多いのです。


4. 尽くせば尽くすほど、依存度が上がってしまう

尽くすことで恋人が喜んだり、感謝してくれたり。それが嬉しくて、どんどん尽くしてしまうタイプの女性は、依存度も上がっていきます。こういう考えになった場合に、相手にも同じように思ってもらうことを望んでしまうものです。

そのため、「私はこんなにあなたのことを思っているのに、なんで同じように返してくれないの?」「私だけがいればいいでしょ?」と、気持ちを押し付けてしまうのも、恋愛依存症によくあるパターン。

「彼氏のことが大好きで夢中」と「恋愛に依存している」は違いますよ。


5. 刺激的でスリルのある関係が、癖になってしまっている  

どんなに酷いことをされても「こういう人と付き合っている可哀想な自分が好き」と思っている女性もいるもの。

その世界にのめり込んでしまうパターンですね。ここで、周囲が「そんなやつ早く別れなよ」と止めると余計に熱が入ってしまい、どんどん辛い恋愛にハマって恋愛依存症になってしまうことに。

「恋愛には犠牲が伴うもの。好きな人のためならなんでもする」という精神が癖になってしまうのでしょう。


恋愛依存症の6つの治し方

恋愛依存症の治し方

恋愛依存症の原因がわかったところで、ここからは恋愛依存症の治し方についてレクチャーしていきます。どのように対処することで、依存体質から脱却できるのでしょうか。


1. 相手と距離をおき、関係を見直す

日常生活において、恋人や好きな人と距離をおくことも必要です。

初めは、我慢することが辛いでしょう。ですが、少しでも距離をおくと、他にも幸せな時間があることに気付けたり、楽しみがあることを知れたりするはず。そしたら「彼がすべて」という依存状態から抜け出せるでしょう。

今までは「付き合っているんだから○○してよ」と言っていたことも「○○してくれたら嬉しい」と言葉を変えるようになりますよ。


2. 規則正しい健康的な生活を送る

恋愛依存症の治し方で、規則正しい健康的な生活を送る

彼中心の生活から少しでも離れるために、規則正しい生活を心がけてみるのもひとつの手段です。自分の生活リズムが整えば、充実した日々が過ごせるようになります。

また、友達にLINEしたり、遊んだり、食事に行ったりする時間をつくるようにしましょう。彼以外の好きなこと中心に活動するようになり、健康的な生活にも繋がります。

「恋人の連絡を待つために1日中スマホが手放せず、LINEや電話がないと勝手にネガティブな想像を膨らませてしまう」なんてことも減りますよ。


3. 自分を好きになれるように努力を積み重ねる

恋愛依存症の女性は、いつだって相手のことが最優先なので、自分を大切にすることを疎かにしてしまいがち。

自分よりも大事に思える相手がいることは、素敵なことです。だからといって、自分を愛せないのは悲しいですよ。恋人にもっと愛されたいのならば、まずは自分で自分のことを精一杯、愛してあげることが重要なのです。


4. 仕事や趣味で没頭できるものを見つける

恋愛依存症の治し方で、仕事や趣味で没頭できるものを見つける

世界に彼氏しかいないわけではありません。

デートや友達との予定がない日に孤独を感じてしまうようなら、一人で楽しめる趣味を作ってみましょう。料理、スポーツ、映画鑑賞など何でもOK。以前から興味があったことに挑戦したり、友達を誘って習い事を始めたりするのもいいですよ。

新たな趣味を通じて、これまで出会わなかったような仲間ができて、ワクワクした経験ができるかもしれません。


5. 恋愛で自分なりのルールを決める

恋愛マイルールを作ることも、恋愛依存症を克服する方法のひとつです。

具体的には、「週に一回は友だちとの予定を入れる」「自分の好きなことや思考はブレない」など、自分をしっかり持つこと

それ以外にも、「手を出されたら無理」といった、いくら好きな人であってもこれだけはNG、これをされたら終わりというルールを決めておくとGOOD。

そして決めたからには、強い意志を持っておくことも大切ですね。


6. 依存することは幸せになれないことを知る

楽しいはずの恋愛が、いつの間にか精神的な負担になってしまっているケースも少なくありません。

恋愛依存症になって、あなたが大好きな恋人を束縛したとします。ですが、束縛されたからってあなたのことを、大好きになるなんてことはありえません。

依存にメリットはないことに早く気づいて、自立した気持ちを持つこと。彼氏以外のための時間を積極的に作ることがカギとなります。


恋愛が全てではないことを、再度自分自身で見つめ直してみて

恋愛が全てではないことを、再度自分自身で見つめ直してみて

恋愛依存症に陥ってしまうと、愛情不足で「不安」「心配」「相手への執着」などを抱えてしまい、精神的ストレスを抱えてしまうことにもなりかねません。

「私なんてどうせ…」「彼がいないとダメ」などの考えはすぐにでも封印して、自分自身を見つめて向き合ってみましょう。今後のよりよい恋愛のために、自立した関係を築くきっかけにもなるはずです。

【参考記事】はこちら▽

お気に入り

注目の記事

関連する記事