ダイエットに効果的なサウナの入り方|痩せやすい体を作るやり方とは

温泉施設で気持ち良くダイエット効果が得られる「サウナ」。今回はサウナダイエットの効果から誰でも続けられる効果的な入り方、時間や頻度などを徹底解説します。老廃物を流したり代謝をアップさせたりして、体を癒やしながら痩せやすい体質を作っていきましょう。
稲葉孝弘0

2018.10.30

お気に入り

そもそもサウナってダイエット効果あるの?

サウナダイエットの効果とは

汗を流して気持ち良いだけでなく、ダイエット効果もあると言われており、多くの方が利用している”サウナ”。「一年間サウナに通ったら太りにくい体質になった」という口コミもあり、サウナダイエットを成功させている人もいます。しかしサウナダイエットは本当に効果があるのでしょうか。

そこで今回はサウナダイエットの実態を徹底解説します。まずはどのようなダイエット効果が得られるのかを確認してみましょう。


サウナダイエットの効果① 運動では得られない”乳酸の排出”

「サウナでダイエットするなら運動の方が効果的」と思われますが、サウナにはサウナ特有のダイエット効果があります。それが「乳酸の排出」です。

運動を行うと体内に疲労物質である乳酸が溜まり、この乳酸が溜まった状態だと脂肪が燃焼されにくくなります。しかしサウナは汗と一緒に乳酸を流してくれる効果があります。


サウナダイエットの効果② 代謝を上げて痩せやすい体質になる

代謝が悪い原因の一つが”血流”です。この血流は体を温めることで改善され、代謝の高い体になります。

サウナではもちろん体を温める効果があるので、血行を促進させる効能があり、代謝を上げることができます。結果的に脂肪を燃焼しやすくなり、痩せやすい体質を作ることが可能というわけです。内臓脂肪の燃焼や、顔やせ効果もあるため、小顔を作りたい方にもぴったり!

【参考記事】基礎代謝を上げるのは筋トレがベスト


サウナの消費カロリー

サウナは1時間で約150kcalを消費します。ウォーキングが1時間あたり200kcal、ランニングが1時間で約500kcalほどです。

サウナだけでダイエットを成功させるには、少し時間がかかってしまいますが、くつろいでいるだけでウォーキングの約4分の3のカロリーを消費するのはとても大きな効果と言えますね。


サウナダイエットの効果③ 自律神経を整えて睡眠の質を高める

自律神経の乱れは睡眠不足へ繋がります。睡眠不足は生活習慣病の一種と言われるほど、肥満体質である人に多く見られる特徴です。

高温のサウナに入って水風呂で体を冷やすと、自律神経が刺激されて睡眠の質を高めてくれます。「温泉でサウナに入った後が眠い」というのは、体を温めて自律神経が刺激されているから。

睡眠の質を高めると、寝ている間の成長ホルモンの分泌が活性化されて痩せやすい体質になります。このように睡眠不足を解消するだけでなく、間接的にもダイエットに大きな影響をもたらすのでサウナダイエットはとても効果的な方法と言えるでしょう。


ダイエットに効果的なサウナのベストな頻度とは?

ダイエットに効果的なサウナの頻度

サウナダイエット成功者の口コミを見ると「サウナを週に2回通っている」や「毎日サウナに入っている」など人によってバラバラ。しかし毎日入る必要はありません。

目安は週に1~3回程度。代謝を上げたりむくみの解消などを目的とするなら、週1~3回サウナに入るようにしましょう。

週1~3回はあくまでも目安です。体調が優れない場合は減らすようにしましょう


ダイエットに効果的なサウナの入り方

ダイエットに効果的なサウナの入り方

サウナダイエットは気持ち良いだけでなくダイエットにも効果があり、痩せる体質作りに効果的な方法です。トレーニングや筋トレを行うのはもちろんですが、同時にサウナダイエットに取り組むとより効果的にシェイプアップすることが可能です。ぜひ検討してみてくださいね。

サウナダイエットの効果を確認した後は、ダイエットに効果的なサウナの入り方を解説していきます。適切かつ安全な入り方を学んで、無理なくスリムな体型を目指しましょう!


ダイエットに効果的なサウナの入り方① サウナに入る前に体を洗ってお風呂に浸かる

「サウナの前に体を洗ってお風呂に浸かる」と温泉のルールかのように思えますが、実はこの手順もダイエットに効果的なのです。

一般的に毛穴に汚れが詰まっていると、汗が通りにくく発汗の邪魔になってしまいます。

またお風呂に浸かるのも重要です。体を温めた状態で入ることは、血行が促進された状態で入るのと同じこと。サウナでの代謝UP効果をさらに引き立ててくれます


ダイエットに効果的なサウナの入り方② サウナの適切な時間と回数

体を洗ってお風呂に浸かった後は、実際にサウナに入ります。高温のサウナでは5~10分、低音のサウナでは5~15分を目安に入ります。

その後は汗が引くまで椅子に座ったり、外の風にあたって涼みましょう。しっかり休んだら再度サウナに入ります。このサウナに入って休むを3~5回繰り返すと代謝をより向上させたり老廃物を綺麗に流したりしてダイエットの効果を格段に上げることができます。

長時間入れば効果的ということではなく、ポイントはしっかり汗を流すこと。体調が優れない場合は、時間と回数を減らしましょう


ダイエットに効果的なサウナの入り方③ サウナから出たら、毎回水を飲む

【②】で解説した通り、サウナから出たら一旦休憩して再度サウナに入ります。サウナから出たタイミングで毎回水を飲むようにしましょう。一般的にサウナを設置している温泉施設には飲料水を飲める場所がありますので、しっかり水分補給することが重要です。

これは脱水症状を抑えるだけでなく、水分を補給することで汗をかきやすくするためです。不要な老廃物を流して、痩せやすい体を作るためにも必ず守ってくださいね。


ダイエットに効果的なサウナの入り方④ 最後に水風呂に入って体を冷やす

サウナ&休憩を繰り返した後は、最後に水風呂に入ります。サウナに入って温めて、水風呂でしっかり冷やすことで血管の広がりから血行が促進しされ、代謝を上げることができます。

なるべく首や肩まで浸かるのが効果的です。最後の仕上げとして水風呂に入るようにしましょう。

心臓が弱い方や水風呂が苦手な方は、シャワーをぬるま湯にして冷やしましょう


塩サウナでさらにダイエット効果UP!

塩サウナに入るとダイエットに効果的

「塩サウナってどんな意味があるの?」と思う方が多いですが、実はダイエットにとても効果的!塩を体に付けると、皮膚の毛穴を広げて体内の毒素が外に通りやすくなります

塩サウナは温度が低く設定されていることが多く、普通のサウナと比べると長時間入り続けやすいのが特徴的。しっかり塩を溶かすことで、発汗とともに不要な老廃物を垂れ流すことができます。

お近くの温泉施設に塩サウナがある場合は、ぜひ利用してみてくださいね。


サウナの中でマッサージを行うとデトックス効果が高まる

サウナの中でマッサージをするとデトックス効果が高まる

サウナに入りながらマッサージを行うと、血行を促進しながらむくみや凝りを改善することができます。さらに、老廃物を流すデトックス効果がより高まり、痩せやすい体質を作ることが可能です。

脂肪を燃焼しやすい体作りを目指すなら、併せてマッサージを行ってみましょう。


サウナの中で筋トレはNG

よくサウナで筋トレをする人を見かけますが、とても危険な行員なので絶対にやめましょう。過剰な発汗が行われるだけでなく、血圧が一気に低下していまい、最悪の場合倒れる危険があります。

サウナで汗をかきながら筋トレを行うと時間を効果的に使えると思われがちですが、大して効果はないのでご注意を。


サウナダイエットで体を癒やしながら「痩せやすい体質」を作ろう

サウナダイエットで痩せやすい体質を作る

サウナダイエットの効果から入り方などお伝えしました。普段から温泉に入りに行っている方も、たまに温泉に行くという方も、サウナを利用すれば痩せやすい体質を作ることができます。

頻繁に行かなくてもカロリー消費の効果や肩こり・むくみなどの解消もできるので、サウナの正しい入り方を学んで安全にサウナダイエットに臨んでみてくださいね。


【参考記事】サウナと一緒に健康的に痩せるダイエットメニューにも取り組んでみて▽

【参考記事】頑固な下腹にはサウナ×下腹ぽっこりの解消方法で対処しよう▽

【参考記事】上半身を中心に痩せたいなら筋トレメニューも重要▽

お気に入り

注目の記事

関連する記事

http://pillsbank.org/fr/produit/avanafil

pillsbank.org/en/products/testpaket-generic

oduc.com.ua