「気になる人」と「好きな人」の違いとは?連絡方法やアプローチ方法を大公開

「気になる」けど「好き」までとは言えない…。と男性&女性ともに様々な感情があるでしょう。そこで今回はLINEやデート、会話の態度、脈ありサインなどで、気になる人かどうか?というのをチェックしていきます。職場や学校の異性もちろん、女友達や男友達のことを気になるという方は見てみて!

気になる人ができたけど…好きか分からない。

「気になる人」と「好きな人」の違いを大公開

「あの人気になる。でも、これって好きなのかな?」と恋愛初期の独特のモヤモヤ感。そもそも気になる人と好きな人って何が違うのか気になる点でもありますよね。

そこで今回は「気になる人」と「好きな人」の境界線から、脈ありサインやアプローチ方法まで盛り沢山でレクチャーしていきます。恋愛初期にありがちな症状なので、男女共に共感できる話題のため、ぜひ参考にしてみてくださいね。


【目次】

今回は以下のような盛り沢山の内容でお届けします!

  • そもそも「気になる人」とは、どんな存在?
  • 「気になる人」と「好きな人」の違いとは?特徴を大公開!
  • 「気になる人」から「好きな人」に変わった瞬間
  • 気になる人を振り向かせる方法とは?
  • 【男女別】もしかして?気になる人の脈ありサイン

そもそも「気になる人」とは、どんな存在?

「気になる人」と「好きな人」って大差ないのでは?ほぼ、同じ扱いと考える人もいると思います。しかし、気になる人と好きな人ってこう定義できませんか?気になる人は、これからもっと知っていきたい素敵な異性。つまり、恋愛対象に入っているけれど特別付き合いたいとは思わない。脈ありに近い状態です。

逆に好きな人は、ズバリ付き合いたい人。「この人でなければダメ」という魅力を持つのが好きな人なんです。こう見ると、差がありますよね。


「気になる人」と「好きな人」の違いとは?特徴を大公開!

続いて、日々の行動をベースに「気になる人」と「好きな人」に抱く感情はどう違うのか細かく解説していきます。人によっては、「どちらも変わらない」という意見もあるでしょう。でも、よく考えてみると絶妙に違うラインがあるので見逃せないところです。では、比較していきましょう。


比較① 「LINE」の頻度

連絡を取るのが苦手な人もいますが、恋愛中は積極的に高頻度で連絡を取ろうと頑張る人も多いです。気になる人と好きな人に対しては、当然連絡頻度も変わってくるところ。個人差はありますが、頻度を比較してみましょう。


「気になる人」は1週間に数回

気になる人とはまだ心の距離を感じるので、1週間に数回ほどでしょう。「今日の出来事」や「今何してるか」など親しみのある会話をするのは、ハードルが高いはず。「仕事や学校のこと」、「趣味」など無難な話題にして相手の素性を探ることが多いでしょう。


「好きな人」はほぼ毎日連絡を取る

好きな人とは、「今日の出来事」から些細な事まで話したいのでLINEの頻度は自然と高くなります。忙しい人でも、夜寝る前だけ2〜3通LINEして次の日に持ち越すというパターンが多いのではないでしょうか。

【参考記事】男性の方は脈ありLINEかチェック▽


比較② 「デート」の仕方

続いては、デートの仕方。一緒に過ごす時間の長さもデートプランもハッキリと差が出ます。どっちに当てはまるかでこれからの恋愛の行く先も変わってくるでしょう。では、デートの仕方はどんな違いでしょうか。


「気になる人」はお茶 or 食事に行くだけ。

気になる人は、まだお互いのことをそこまで知らない段階なので共に過ごす時間も当然少ないです。2〜3時間のお茶や食事に行って、お互いを知っていく段階でしょう。気軽に、手短にというところですね。


「好きな人」は定番のデートスポットに行く。

逆に好きな人とデートをする時は、定番のデートスポットに足を踏み入れるでしょう。夏は、花火大会。冬は、イルミネーションと周りがカップルだらけのデートスポットに行く事を躊躇わないはず。もちろん食事も欠かせさないですが、相手とどれだけいい思い出を共有出来るかも大切なポイント。


比較③ 「会話の内容」の違い

会話内容の違いも気になる人と好きな人では、話す内容も変わってきます。気になる人の前では、相手の出方を見たり様子を見ることが多いはず。逆に好きな人と会話する時は、どれだけ自分の気持ちを共有出来るかに重きを置きます。それぞれの違いをご紹介します。


「気になる人」はリサーチがメイン

気になる人は、相手の好きなもの、恋愛観からその人自身についてとにかくリサーチする場面が多いです。気づいたら相手の過去についてどんどん深掘りして、相手の素性を知っていくこともあるでしょう。

特に恋愛の話になると、元カレや元カノはどういう人だったのか。今までどんな異性を好きになったのか。つい過去形の話で盛りだくさんですね。


「好きな人」は本音で話したい

好きな人には、距離を縮めてもっと理解をし合いたいので常に本音で会話をしたいと思うはず。自分の身の回りのことから、仕事や恋愛までありのままを話すでしょう。そして、決定的なのは未来の話が増えていきます。

夢や目標についてサラッと話せるか、次のデートのスケジュールをきちんと組むなど。「次はこうしよう」、「これがしたい」と好きな人とは共有することが自然と増えて行くでしょう。

【参考記事】デートの会話で悩んでいる方はこちらをチェック!▽


比較④ 「他の異性と仲良くしている姿を見た時」の感情

他の異性と仲良く話していたり、その人のことを褒めているのを聞いた時にどう思うか。気になる人と好きな人では、抱く感情が変わってきます。それぞれどんな気持ちになるのか「あるある」をお届け。


「気になる人」は「モテる人」と思って諦めることも

気になる人が他の異性と仲良くしている姿を見た時、「モテる人なんだな」と素直に思いますよね。ただ、もしかしたら既に気になる人や好きな人が居るのかなぁと思い「一旦様子を見よう」と冷静になったり、諦めてしまうこともあります。

年齢を重ねるほど、傷を負う前にサッと身を引くことが多いのではないでしょうか。


「好きな人」は思わず嫉妬してしまう

好きな人が他の異性と仲良くしていたら、イラッときたりちょっと落ち込む。この気持ちを抱くなら、確実に貴方はその人を思っている証拠。

独占したい、自分の方を向いて欲しいという気持ちでいっぱいでしょう。ここまで気持ちがハッキリしているなら、もうアプローチあるのみです。

【参考記事】女心を知りたい方に。▽


比較⑤ 「友達と恋バナ」をした時

男性と比べて女性は、気になる人なのか好きな人なのかハッキリ白黒つかない人も多いはず。そこで、1つの見極め方法は女友達と恋バナをした時です。友達とお互いの恋愛状況を報告する時に差が出ます。気になる人と好きな人の差とは?


「気になる人」ならわざわざ報告しない。

特に進展も無さそうで、好印象な気になる人なら友達にわざわざ報告しない女性が大多数。「最近、恋愛はどう?」と聞かれても「特に何もない」と答えるでしょう。

友達に話すほどでもないなら、まだ好きとは言えないでしょう。ちなみに「気になる人が出来た」と報告する場合は、もはや好きに等しいです。


「好きな人」ならストレートに現状報告をする

完全に好きな人であるなら、現状報告をするでしょう。「今度デートに行く」「連絡はどのくらい取っているか」など。恋愛経験の少ない女性なら、どうやったら付き合えるか相談をすることも珍しくないです。

「この人が好き」とハッキリ友達に報告出来るなら、好きの中でもかなり好きの部類に入りますね。


「気になる人」から「好きな人」に変わった瞬間

「気になる人」から「好きな人」に変わる時ってハッキリ気づく人もいれば、気づけない人と分かれてきます。自然と好きな人に変わったのでいい流れではあるのですが、どんな感情を抱いた時なのか気になりますよね。その絶妙なタイミングに迫ります。


1. ふいに弱音を吐き出せた時

男女共に自分の弱さをさらけ出すのは、抵抗を感じますよね。でも、好きな人には何故か自分の失敗談から悩んでいることまで、つい共有したくてポロっと話してしまいますよね。

日々、ハードワークをこなす男女ならごく自然。「この人なら言っても良いかな」と安心感を感じるなら、その人は完全に好きな人確定と言えるでしょう。


2. 相手から特別扱いをされた時

飲み会の帰りに「夜遅いけど帰り気をつけて」と心配されたり、体調が悪い時も連絡を取ってくれたり。相手から特別扱いを受けた時、気になる人から好きな人枠にシフトする瞬間でしょう。

特別扱いされたらもう意識せざるを得ないでしょう。女性は、特に相手から女の子扱いされた時に好きの感情を抱きやすいはず。


3. 他の異性と仲良くしているのを見て嫉妬した時

「気になる人と好きな人の違い」でも触れたことですが、他の異性と仲良くしている時に嫉妬したらもう完全に好きである証拠です。

「他の人に取られたくない」と自然と思えるなら、相手はかけがえのない存在になっているはずです。嫉妬した瞬間を逃さないように。もう完全に相手を好きと認めても良い頃ですよ。


4. 元気がない時にふと顔が浮かんだ時

仕事の調子が悪くて落ち込んだ時や寂しい時に、「◯◯は今何してるのかな?」とふた頭に浮かぶ。これは、完全に好きのサインです。

落ち込んだ時は、好きな相手と連絡を取ってエネルギーを貰ったり安心したいですよね。弱った時ほどすぐ頭に浮かぶ相手は、紛れもなく特別な人ですよ。


5. 好きな物を共有する事が増えた時

自分の趣味や好きなものをつい伝えたくなる相手。そんな相手も自分にとって好きな相手です。美味しかった食事から、こだわっていることを伝えたいと思うのは、もっと自分のことを知ってほしいから。

気づいたら共有したくなるし、相手もきちんと受け止めてくれるならその人は貴方にとって大切な存在ですよ。


気になる人を振り向かせる方法とは?

せっかく気になる人が出来て、好きになりそうと前向きな気持ちなら相手を振り向かせていきましょう。連絡方法や会話、デートまで出来るところから手を付けていきましょう。気になる人を振り向かせる方法とは?


振り向かせる方法① まずは連絡を毎日取る

アプローチの基本ですが、まずは毎日LINEで連絡を取るようにしましょう。忙しければ夜の時間に2〜3通でも◎。LINEが苦手な人はまず「今日の仕事どうだった?」と感想を聞くだけでも大丈夫なので相手とコミュニケーションを取り続けましょう。


気になる人が職場にいる人は、仕事の話をわざと振る

もし気になる人が職場にいる人は、プライベートの話を完全に振るのは気が引けますよね。なので、初めは仕事の話を振っていきましょう。「明日のmtg何時からだっけ?」と多少知らないフリをして送っても◎。相手から返事も返って来やすいのでまずは仕事の話から打ち解けていきましょう。

【参考記事】メールやLINEを送る頻度はどのくらいが正解?▽


振り向かせる方法② 好きな異性のタイプを探る

絶対に欠かせないのは相手の恋愛ニーズを探ることです。気になる相手がどんな恋愛をしてきたのか、どんな異性が好きor苦手なのか。この2つは最低限抑えておきましょう。

「どんな人が好きなの?気になる!」と聞くだけで、相手にアピール効果抜群です。それだけ自分に興味を持ってくれていると相手も気づくので、サラッと質問していきましょう。


振り向かせる方法③ 会話する時は最低1回褒める

会話する時は、相手のことを最低1回は褒めるようにしていきましょう。褒められると嫌になる人間はいないので、性格からファッション仕事振りまで褒め尽くしましょう。褒め上手になればなるほど、相手の気分も上がって自然と貴方に好意を示してくれますよ。


3回以上褒めると嘘っぽく聞こえるのでせいぜい2回まで。

人間誰しも褒められることは最高に嬉しいのですが、褒められる過ぎると逆に疑い深くなります。褒める時は、せいぜい多くても2回まで。3回以上褒めると社交辞令に見えてしまいます。褒め方も重要ですが、回数も考慮していきましょうね。

【参考記事】褒め&聞き上手を目指してみて▽


振り向かせる方法④ デートは最低2回続ける

続いてはデートについて。気になる人と両思いになるためには、相手とデートを重ねて時間の共有が欠かせないです。デート中に気遣いをアピールして、どれだけ相手の気を引けるかが大切です。デートの回数はできれば、最低2回続けられるようにしていきましょう。多くても3回が理想の回数です。


初回デートは食事、2回め以降は定番スポットがおすすめ

ただ、何度も食事に行って何時間も会話するのは緊張する男女も多いでしょう。そこで、食事デートは1度のみにして次回からは映画館や水族館を選ぶことをおすすめします。映画館や水族感なら定番スポットでムード作りも出来ますし、無理に会話をしなくて良いので気軽に相手と楽しい時間を過ごせるでしょう。

【参考記事】水族館デートがおすすめの理由についてはこちら▽


振り向かせる方法⑤ 外見は相手好みに合わせる

会話したり、褒めたり、デートプランを細かく考えていくアプローチも大切ですが肝心の外見磨きも忘れないようにしましょう。相手の男性がストレートへアが好きなら、綺麗なストレートヘアを保つ。

相手の女性がシンプルコーデが好きならシンプルコーデでデートに行くなど。外見も合わせて行くと、相手も「自分の好みに寄せてる」と気づいてくれて嬉しく思いますよ。

【参考記事】好きな人を振り向かせるならこちらをチェック▽


【男女別】もしかして?気になる人の脈ありサイン

アプローチをしていくのと同時に、欠かせないのが気になる人からの脈ありサイン。相手からの好意アピールをしっかり見て、温度差が出ないようにしっかりと見極めていきましょう。脈ありサインが有るか無いかでアプローチ方法も変わっていきます。男女別で、脈ありサインの特徴をお送りします。


男性が女性に見せる3つの脈ありサイン

男性の場合、周りくどいことをせず直球の脈ありサインを示してくるパターンがほとんどです。恋愛に関する質問をしてきたり、会話をする時の様子だったり。男性が気になる人に取る代表的な行動をお届けします。


脈ありサイン① 過去の恋愛について探ってくる

「好きな男性のタイプ」を聞いてくるのはもちろん、「過去にどんな男性と付き合っていたのか」質問をしてくる場合は紛れもなく男性からの脈ありサインです。

好きでもない女性の過去の恋愛話をわざわざ聞いてくる男性はいないです。過去にどんな男性と恋愛をして、今はどんなタイプを求めているのか情報を収集してアプローチの準備をしている段階でしょう。


脈ありサイン② 2人きりのデートに誘ってくる

2人きりのデートに誘ってくるなら、完全に脈ありと断言できます。どれだけ仕事が忙しい男性でも気になる女性とのデート時間は作るものです。そして、男性が予めお店を予約をしてくれているなら脈あり度は更に高いでしょう。

ただし、デートに誘われたからと言って「完全に自分のことを好き」と早とちりは要注意です。「仲良くなりたい」段階と見ておきましょう。


脈ありサイン③ 3日以上LINEの会話が続く

男性にとってLINEは、要件を伝えるもの。しかし、気になる女性や片思いの女性にはど積極的にLINEを送って質問をして会話を続けようとします。3日連続でLINEが来たり、夜遅い時間に既読せず次の朝に返事を送ってくるなら脈ありと言えるでしょう。

【参考記事】男の脈ありサイン集を集めました▽


女性が男性に見せる脈ありサイン

女性は、男性とは真逆で直球勝負をかけてくる女性は全体の4割程度でしょう。残り6割は、遠回しに「デートに行きたい」と誘って欲しい雰囲気を出したり基本的には受け身とみなしていきましょう。

もしかしたら、男性は見過ごしてしまうものが多いかもしれません。女性が見せる脈ありサインに次の3つは欠かせません。


脈ありサイン① 「気が合うよね」と言ってくる

好きな食べ物が同じだったり、趣味が似ていると「気が合うよね」とアピールするのが女性特有の脈ありサイン。共通点をアピールしてきて、男性から誘われるように仕向けているのです。「気が合うよね」=「デートに誘って欲しい」と言っても過言じゃないでしょう。


脈ありサイン② じーっと3秒以上見つめてくる

「目は口ほどに物を言う」という言葉もありますが、口下手な女性から饒舌な女性まで気になる男性を目で追ってしまう癖は誰しもあります。もし相手の女性と距離が離れていても目が合ったり、逆に近くで会話している時も目を直視してくるなら脈ありサインです。

気になる女性の目元は、常に要チェックですね。特に職場で気になる女性は、目線でアピールすることが多い傾向があります。

【参考記事】見つめ合う時の感情とは?▽


脈ありサイン③ 相談に乗って欲しいと言ってくる

「相談に乗って欲しい」と言うのは女性がよく使う脈ありサインの1つ。仕事の相談や自分の性格の相談についてが1番多いかもしれませんね。小悪魔タイプな女性なら、架空の好きな人を作って恋愛相談をしてくることもザラにあります。

1度だけでなく、2〜3回と相談に乗って欲しいと言われたらもっと近づきたいサインでしょう。

【参考記事】女性の脈アリサインはこちら▽


“気になる人”が“好きな人”に変わるのは意外とすぐ。

“気になる人”と“好きな人”の違いから、アプローチ方法から脈ありサインまでお届けしました。「気になるんだけど、好きかどうかまだ分からない」という恋愛初期は意外とすぐ過ぎ去ってしまうこともあります。

気になる人がいたらその気持ちを抑えないで、勇気を持って好きと断言できるようにしていきましょうね。

【参考記事】色気のある女性ってどんな人?▽

【参考記事】気が利く人になる方法とは?▽

【参考記事】好きな人の前で緊張しない方法を大公開▽

お気に入り

注目の記事

関連する記事