男が思う「重い彼女」の性格&特徴。めんどくさい女に対する男性心理を大公開!

束縛が怖い彼女や、すぐに泣く彼女に対して、男性は「重いな…」と感じます。彼氏が別れたいと思う女性はどんな特徴があるのでしょうか。今回は、男性が思う重い彼女の性格&行動の特徴を大公開!さらに、自分が重い彼女になっているかもしれないと不安な女性のために、対処法までご紹介していきます。

いつのまにか重い彼女になっていませんか?

重い彼女の特徴

男性は、重い彼女に対して、「めんどくさい」と思うもの。重い行動や言葉が重なると、最後には「別れたい」と思わせてしまうこともあるのです。

好きな彼氏に、「嫉妬が怖い」「愛が重い」「めんどくさい」と思われたくはないですよね。

この記事では、どのような女性が「重い」と思われがちなのかをご紹介します。今の自分に当てはまっていないか、ぜひ確認してみてくださいね。


重い彼女の「重い」ってどういう意味?

重い彼女の意味

「重い女は嫌なんだよ」と耳にすることはあっても、具体的にどのような行動が「重い」と彼氏に思われているのか、わかっていない女性は多いのではないでしょうか。

彼氏から、「お前、めんどくさい」とだけ言われ、困惑した経験をしたことがある方もいるのでは?

恋愛において「重い」と言うのは、『彼氏のことが好きすぎて、執着心・依存心が強いこと』を主に指します。

彼氏に対して執着心・依存心が強いことで「重い行動」を引き起こしていますよ。次に、重い彼女の特徴について解説していきます。


男性が思う「重い彼女」の特徴を大公開!

男性はどんな瞬間・タイミングに彼女のことを「重い」と感じるのでしょうか。男性が思う重い彼女の特徴を「性格」と「行動」に分けてお教えします。


男性が「彼女が重い」と思う人の性格は?

重い彼女

まずは、重い彼女の性格から。男性から重いと思われる女性は、独特な性格の持ち主。自分に当てはまっている部分がないか、確認してみてくださいね。


1. 彼氏が他の女性と話すと気にする「嫉妬深い彼女」

彼氏が好きだからこそわき上がる嫉妬心。しかし、過剰な嫉妬心は「重い彼女」がもつ性格の特徴です。

彼氏の昔からの女友達や職場仲間など、彼氏自身が「ただの友達・同僚だから」と言っている女性との関係を、逐一疑ってしまってはいませんか?

また、危険信号は女性芸能人への嫉妬心です。「この子、かわいいよな」と彼氏が女優・アイドルに言った一言で嫉妬心がメラッとして不機嫌になってしまうのであれば、その嫉妬心は「めんどくさい」もの。

つい嫉妬心を抱いてしまうにしろ、毎回毎回彼氏にぶつけないようにしたいものです。


【参考記事】はこちら▽


2. 常に行動を監視する「束縛彼女」

彼氏が今何をしているのかをすべて把握しておきたいと思う心理は、「束縛」の始まりです。束縛癖も、重い彼女の性格の特徴。度合いによっては、彼氏に「怖い」と思わせてしまうでしょう。

束縛といっても、直接何かで拘束するわけではありません。また、具体的に「スマホを見せて」と言う女性ばかりでもないのです。

度重なる「今、何してる?」と聞きたいだけのLINE、LINEの返信が遅れたら、即かかってくる電話など、このようなものが、「怖い」「めんどくさい」と思われる行動です。


【参考記事】はこちら▽


3. 何か嫌なことがあると感情的になる「メンヘラ彼女」

感情のコントロールが自制できず、感情の起伏が激しい性格の彼女も、彼氏にとっては重い存在です。嫌なことがあると突然キレてしまったり、号泣してしまったり。すぐ泣く女性を「めんどくさい」と思う男性もいます。

「だって、不安で…」と泣く、「ごめんね、鬱陶しいよね」と謝りながら同じことを繰り返すといった女性も、「めんどくさい」「別れたい」と思われる彼女です。


【参考記事】はこちら▽


男性が「彼女が重い」と思う人の行動は?

重い彼女

続いては、重い彼女の行動について。男性が「怖い…」「めんどくさい」と感じるのは、主に彼女の重い行動にあります。どんな瞬間に彼女が重いと感じるのか、男性心理を見ていきましょう。


1. LINEや電話を連続でしてくる

彼氏と少し連絡がつかないだけで、怒濤のように連絡をし続けてしまう。彼氏としては、たまたまスマホが見られないだけだったかもしれないのに、そうした事情はお構いなし。

こうした彼女の行動は、彼氏を「重い…」とげんなりさせてしまいます。

既読がついていないのは、まだスマホを見る時間がないだけと考えましょう。不安なあまり、思いのままLINEを送ってしまい、通知件数が数十件…なんていうことにならないようにしましょうね。


【参考記事】はこちら▽


返信をしないと怒ってくる

通知件数が尋常ではないのも「え、何これ重い…」と思わせてしまう行動ですが、返信がこないことに怒る彼女は、さらに彼氏に重いと思われてしまう女性です。

返信くらい1分くらいあったらできるでしょ?」は、あくまでも彼女にしてみればのこと。

LINEやメールといった文字でのコミュニケーションがあまり好きではない男性は少なくありませんし、忙しくてそれどころじゃない場合もあるでしょう。

彼氏の状況を想像できない彼女は、いつか「別れたい」と言われてしまうのではないでしょうか。


2. 付き合って直ぐに、両親に会わせたいと言ってきた

付き合い始めて間もないのに、「今度お家に遊びに行かせてよ」「お父さんやお母さんはどんな人?」と、「実家への挨拶」をちらつかせてくる女性も、男性にとって重いものです。

外堀を埋められて結婚話になってしまうのではないかと思える行動は、重いを通り越して怖いとも感じるものでしょう。

いずれは結婚を…と考えていても、初めから女性にぐいぐい来られると、引いてしまうのが男性の心理です。


3. 二言目には結婚や子供の話

男女では結婚への意識や願望に差があるものでしょう。一般的には、結婚を考え始める年齢は女性の方が早いこともあり、年の近いカップルでは、彼女が結婚への願望を高まらせがちです。

しかし、結婚への熱量は男女でイコールしません。そのため、想いが先走り、何かにつけて「結婚したら」「子供が生まれたら」と将来に話を結びつける女性は、男性に重いと思われてしまうのです。


【参考記事】はこちら▽


4. 定番の「仕事と私どっちが大事?」

重い彼女の言葉

仕事が忙しくて連絡が途絶えがちになったり、デートがなかなかできなかったり。このような状態のときに、彼氏に「仕事と私、どっちが大事なの?」と迫ってしまう女性は、男性にとって100%重い彼女認定をされるものと思っておきましょう。

特に、仕事を一生懸命している男性にとって、この質問は「オレのことをわかってくれていない」と思わせてしまうものですよ。


【参考記事】はこちら▽


5. スマホのチェックをしたがる

「ねえ、スマホ見せて」とたびたび彼氏に言っている女性も、彼氏に「めんどくさい」と思われている可能性がありますよ。

スマホを見たいのは、浮気の心配をしているからですよね。たびたびチェックをしたがるということは、彼氏を信頼していないからと思われても仕方がありません。

「嫌だ」と拒否をした彼氏に対し、「やましいことがあるんだ!」と思い込んでしまう彼女は、「もう疲れた。別れたい」と言われる可能性を肝に銘じておきましょう。


【参考記事】はこちら▽


夜中、寝ている間にスマホをチェックする

彼氏に直接「見せて」と言うだけにとどまらず、夜寝ているときや入浴中などスマホを置いてある状況で勝手にチェックしようとする女性は、完全にアウト。

「見つからなければいい」わけではもちろんありませんし、「不安な行動をする彼氏が悪い」わけでもありません。たとえ彼氏に浮気の前科があったとしても、勝手に人のプライバシーを侵害するのはNGです。


6. 男で買えるかわからない、高額なプレゼント

重い彼女のおねだり

ローンを組まないと買えないような高額のブランドバッグやアクセサリーを、平然と「ほしいな」と言えてしまう女性も重いです。

プレゼントの金額で彼氏の愛情を測ろうとすること自体がそもそも間違い。彼氏のことが本当に好きであれば、無茶なリクエストは避けるのではないでしょうか。

高額ブランドバッグが悪なのではありません。本当にほしいのであれば、女性が自分で働いたお金が買う方が何倍もかっこいいですよ!


7. 飲み会や遊びに行った時のメンバー確認

彼氏だけが遊びに行く飲み会や遊びの場。「誰が来るの?」「女の子もいるの?」と根掘り葉掘り聞く行動も、「重い女」認定されてしまいます。

男性は自由を求めるもの。いくら彼女が好きであったとしても、プライベートの行動に干渉されると嫌な気持ちになってしまいます。「信頼されていないのか…?」と思わせてしまうことも。過干渉な質問は避けましょう。


8. 夜中にも関わらず、突如家におしかけてくる

夜中に連絡もなしに突然「来ちゃった」と押しかけてきたり、帰宅したら彼女が待っていたり。このような行動は、男性に恐怖心を与えるものです。

「知らない女なら怖いだろうけれど、彼女だったら嬉しいでしょ?」と思ってしまう女性は要注意。

好きの気持ちが暴走してしまう前に、一度冷静になりましょう。自分のことで思考がいっぱいになってしまうのは、重い女性の特徴です。

「お疲れさま。会いたいな」とLINEで送る程度にとどめておくことをおすすめします。


【参考記事】はこちら▽


重い彼女に疲れた時に、男性がとる行動って?

重い彼女の性格

重い彼女の重い会いに疲弊した彼氏。そんな男性が取る行動は何があるのでしょうか。「自分が重い女性かも」と少しでも感じたら、男性がどんなことを思っているのかを知って、危機感を持ってくださいね。


1. 自分と彼女のためだと思い、別れる

「このままだと自分も彼女もダメになってしまう」と思い、別れを決断するパターンです。彼女にとっては「どこが私のためなの?」と思える行動かもしれませんが、彼女の気持ちをこれ以上エスカレートさせないためには有効な判断でしょう。

彼氏としても、今以上に関係性がこじれてしまう前に別れたいのが本音ではないでしょうか。


【参考記事】はこちら▽


2. 連絡をとるのをやめたり、距離をとる

いきなり別れを告げるのではなく、まずはLINEや電話で連絡をとらないようにして、彼女と距離をとる男性もいます。

距離をとることで、彼女の行動に変化が起きるのかどうかを様子見をする目的もあるでしょう。

この段階で気づけたらいいのですが、中には何度もLINEをしつこく送ってしまったり、「なんで返してくれないの?」と感情的になってしまったりと、関係性を悪化させてしまう女性も少なくありません。


【参考記事】はこちら▽


3. 連絡頻度や会う頻度を極端に減らす

いきなり音信不通になるレベルまで、一気に関係性を遮断させてしまう男性もいます。こうした行動をとられた場合、男性は「このまま別れてもいい」と思っている可能性が高いでしょう。自然消滅を狙っている可能性もあります。

彼女側は「ひどい!」と思うでしょうが、裏を返せば、ここまで男性がしてしまうほど、彼女が極端な行動をとっていたかもしれないのです。


【参考記事】はこちら▽


4. 「お前重いよ」と言う

度重なるLINEや、「誰と遊ぶの?」といった詮索に、「重いんだけど」とストレートに言う彼氏もいます。

この言葉は、冗談でも軽口でもありません。たとえジョークのような口調や表情で言われた言葉であったとしても、彼氏の心理状態から出た本音だと捉えましょう。

伝えてくれたということは、改善すれば関係性をよくできる可能性があるということ。具体的な行動がわからない場合は、「改めたいから、具体的にどんな行動が重かった?」と素直に聞いてみてくださいね。


自分が重い彼女に当てはまった時に注意すること

重い彼女にハマる男

最後に、自分が重い彼女の特徴に当てはまっていると思った女性へ、対処法や注意することをお教えします。大好きな彼氏から別れを告げられる前に自分で改善していきましょう。


1. 男性は距離感を大事にする

もともと男性は、狩猟が仕事でした。「去る者を追い、追われたら逃げる」という言葉を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。

恋愛指南本で「好きな男性から追われるようにしましょう」というアドバイスを読んだことがある女性もいるでしょう。

基本的に男性は自由が好き。中には、追うのはいいけれど、追われたら逃げたくなる心理状態に陥る人もいるのです。気持ちのまま、ぐいぐい押さないようにしたいものですね。


【参考記事】はこちら▽


2. たまに忙しい時は、そっと支えるのがおすすめ

男性が彼女に求めたいものは、癒やしや安らぎです。仕事で忙しいときに、さりげなく支えてくれる女性には、男性も嬉しく思うものですよ。

「構ってよ」「連絡してよ」「デートしてよ」と自分主体ではなく、「体調に気をつけてね」と告げ、あえて連絡を控えるのも優しさのひとつ。

同棲カップルであれば、好きな食べものやデザートを差し入れてあげてもいいでしょう。

相手主体で考えられる女性は、男性にとって結婚も考えたくなる存在になりますよ。


【参考記事】はこちら▽


3. 「好き」「愛している」だけが、愛情表現ではない

彼氏の気持ちを言葉でもらわないと安心できないのは、重い女性の特徴です。そのため、何かにつけて「私のこと、好き?」「愛してるって言って」と求めてしまうのでしょう。

中には、不安になって泣く女性もいるかもしれませんが、こうした行動は、すべて男性にとって「めんどくさい」もの。

愛情表現は言葉だけではありません。表情や仕草、気遣いからも伝わってくるものですよ。

外で見る表情と、あなたといるときとの表情に違いはありませんか?不安にばかり陥らず、自信を持つことも大切です。


【参考記事】はこちら▽


重い彼女に当てはまったら、すぐに改善しましょう。

重い彼女の改善策

性格は、意識することで少しずつ変えられます。彼氏に「重い」と思われたくないのであれば、少しずつ当てはまっている行動や発言を改めていきましょう。

長く付き合っていくためには、男女ともに、お互いの自由が必要です。どうしても彼氏のことばかりになってしまう女性は、ほかの趣味や関心事を作るのもひとつの方法ですよ。


【参考記事】はこちら▽

お気に入り

注目の記事

関連する記事