彼氏と別れたくない女性へ。彼が別れたくなる原因と説得する方法を解説!

彼氏のことが好きなのに「別れよう」と言われてしまった女性や、彼氏から振られそうな気配がする女性へ。今回は彼氏と別れたくない彼女に向けて、男性が別れたくなる女性の特徴や原因をお教えします。さらに、彼氏を話し合いで説得する方法まで大公開!彼氏との関係で悩んでいる女性は必見ですよ。

「彼氏と別れたくない」と考えている女性へ。

彼氏と別れたくない女性

「彼氏から突然別れを告げられた」

「なんだか最近彼氏が冷たい」

「嫌われちゃったかも」

と、このように彼氏との関係や今後について、悩みを抱えている女性は多いのではないでしょうか。

今回は、「彼氏が別れを意識する原因」や「別れを告げられやすい彼女の特徴」についてしっかりチェックしていきましょう。彼氏と別れたくないと思っている女性は、ぜひ参考にしてくださいね。


彼氏が彼女と別れたくなる原因は大きく2つある。

別れたくなる原因

まず初めに、彼氏が別れを意識する原因は大きく分けて2つあります。その原因によって対処法が変わってくるので、彼氏の本音をしっかりと見極めてくださいね。


付き合っている彼女が原因の場合

まず、付き合っている彼女に原因があるパターン。

彼女が浮気性であったりわがままであったりなど、彼女の言動・行動によって「もう付き合っていけない」と思う場合です。

特に、これまで優しくて彼女の言動に我慢してくれていた彼氏から別れを告げられた際は、意志が強い可能性が高いので、なかなか気持ちが変わらない可能性が高いです。


【参考記事】はこちら▽


彼氏自身の都合の場合

次に、彼女には原因がなく、彼氏自身に問題があるパターンです。彼氏の留学や転勤などで遠距離恋愛になってしまう場合や、仕事が忙しくて会う時間が取れない場合などが挙げられます。

この場合は、彼女のことを思いやる気持ちから別れを告げられた可能性も考えられるため、しっかりと話し合いの時間を持つ必要があります。

お互いの気持ちをきちんと伝え合うことによって、説得できることも多いのです。


男性に聞いた!彼女と別れようと思った理由とは

彼女と別れたい理由

次に、実際に男性に聞いてみた「彼女と別れようと思った理由」について解説していきます。別れようと思うタイミングや瞬間とも言えるため、彼氏がどんな現状なのか把握してみましょう。


1. 仕事やプライベートが忙しくなり、打ち込みたい時

男性は、「自分のしたいことにしっかりと打ち込みたい」と感じた場合に、別れを意識することが多くあります。

例えば、仕事で大切なプロジェクトを任されて集中したい場合や、趣味でやっていたスポーツで大会に出る場合など。

仕事やプライベートに十分な時間を確保したいと感じたとき、彼女に構う時間を削ってしまうのです。その結果、「付き合っていても忙しくてなかなか会えない。別れようかな」と感じる男性は少なくありません。


【参考記事】はこちら▽


2. いろいろなことで手一杯になり、心に余裕が無くなった時

自分の生活環境や気持ちの変化など、さまざまな要因が重なって心に余裕がなくなったときに、男性は別れを意識することがあります。

男性は女性と比べて、恋人に自分の悩みや思いを伝えることは少ないもの。ずっと自分だけで考え込んでしまい、結果的に「他のことを何も考えたくない」と思うまでに追い詰められてしまうのです。


【参考記事】はこちら▽


3. やっぱり遠距離恋愛は辛いと思った時

大学卒業のタイミングや転勤などによって遠距離恋愛になったカップルに多い別れの理由が、「遠距離恋愛が辛い」と思ったこと。

遠距離恋愛は良い面もありますが、やはり好きな人と会えないのは辛いものですよね。これは女性だけでなく、男性も同じこと。ゴールの見えない遠距離恋愛をしている場合に「好きだけど、やっぱり辛いな」と思って、男性は別れを意識するのです。

失恋の辛さよりも、遠距離の辛さが勝ってしまったパターンですよ。


【参考記事】はこちら▽


4. 彼女の嫌な部分が目立ってしまった時

「これまでは好きだからガマンできたけど、いい加減にしてほしい」と彼女への不満が爆発して、別れを意識する場合もあります。

この理由は、彼女のわがままを受け止めてくれていた優しい男性に多いでしょう。これまでガマンしてきた分、別れの意思は強く説得できない可能性も…。

指摘しても改善されないなど、彼女の言動に嫌気がさしている場合も、別れを意識する瞬間なのです。


【参考記事】はこちら▽


5. 彼女との価値観が合わず、結婚はできないと思った時

男性は「彼女のことは大好きだけど、ずっといるのは難しい」と感じた場合に、別れを意識することが多々あります。

女性は恋愛したい相手と結婚したい相手の理想像が同じですが、男性はまったくの別もの。彼女に対して「付き合う分にはいいけど、結婚など将来のことは考えられない」と思うことも多いんですよ。

彼女と金銭感覚や価値観が合わない場合などに、将来的に一緒にいるのは難しいと感じることもあります。


【参考記事】はこちら▽


6. 他に好きな女性が出来てしまった時。

彼女よりも好きな人ができて、もうこれ以上恋人関係ではいられないと感じた場合です。

人間の感情はコントロールできないので、こうなった場合に話し合いで解決することは難しいといえます。どんなに時間を割いても、説得できないことも多いでしょう。

しかし、彼女側からすると「付き合っていたのに、なんで?」と感じますし、なかなか納得できませんよね。


なぜ?別れたくなる彼女の典型的な特徴

別れたくなる女

そもそも、男性はどんな彼女に対して別れを意識するのでしょうか。ここからは、別れたくなる彼女の典型的な特徴について、詳しくチェックしていきます。自分がこれから紹介する女性の特徴に当てはまっていないか確認してみてくださいね。


1. プライベートがほぼ0の「束縛彼女」

まず、別れたくなる彼女の特徴として挙げられるのが「プライベートを与えてくれない束縛彼女」です。

「私が彼女なんだから、私を一番大事にしてほしい」と考え、彼氏のことを全く考えない女性に多くいます。

好きだけど、束縛されすぎてしんどい」と男性が感じてしまうパターンですね。


【参考記事】はこちら▽


2. 飲み会や遊びに行くとすぐやきもちを妬く「嫉妬深い彼女」

彼氏が女性と飲みに行くと不安になってしまう気持ちは分かります。しかし、度を越えた束縛は禁物。

仲の良い異性の友達や職場の飲み会などにもヤキモチを妬いてしまうと「嫉妬深い、めんどくさい」と嫌がられてしまう可能性が高いのです。

彼氏が飲み会に行く頻度が多く、会える時間が減ってしまった場合は、不満の伝え方にひと工夫してみましょう。「最近、構ってもらえなくて寂しいな…」と、オブラードに包みながら伝えるのがおすすめ。

きっと彼氏は「会えないことに対して寂しがってくれて嬉しいな」と喜んでくれますよ。


【参考記事】はこちら▽


嫉妬をしすぎて「メンヘラ彼女」となることも

大声で泣いたり、病みすぎてほかのことがなにも手につかなくなったり。あまりに嫉妬するようだと、メンヘラ彼女だと思われる危険性もあります。

一般的に、メンヘラ気質の女性を好む男性は少ないです。そのため、一度メンヘラ彼女だと認識されてしまうと、男性側は「これ以上付き合うとヤバいかも」と身の危険を感じ、すぐに別れを意識してしまいます。


【参考記事】はこちら▽


3. 他の男性と関係を持つ「浮気彼女」

付き合っているのにほかの男性と無断でデートをしたり、体の関係を持ったり。このように、浮気性の彼女の場合も別れを意識することが多いのです。

男性は独占欲が強く、彼女を独り占めしたい生き物。「ただ食事や映画に行っただけだから、これは浮気じゃない」と簡単に考えるのはやめましょう。

自分が同じことをされて嫌じゃないかをしっかり考えてから行動しないと、いくら説得しても修復できなくなってしまうかもしれません。


【参考記事】はこちら▽


彼氏が「彼女と別れたい…」と思っているサインとは?

彼女と別れたい

彼氏が彼女と別れたいと思った時は、わかりやすいサインを出してくれます。具体的にどんなサインがあるのか把握しておきましょう。


1. 連絡頻度を急に下げ始めた

「これまで毎日LINEをしていたのに、急にLINEの回数が減った」

「3日に1回は電話していたのに、かかってこない」

このように、彼氏との連絡の頻度が急に減ってしまった場合は要注意です。

「他にしたいことがある」「友達と過ごす時間を楽しんでいる」など、あなたの優先順位が落ちている可能性があります。

しかし、ここでLINEや電話をしつこくするのはNG。会ったときにさりげなく理由を聞いてみるようにしましょう。


【参考記事】はこちら▽


仕事が忙しくなり始めた時は例外

大事なプロジェクトを任された場合や、部署替えによってバタバタしている場合など、仕事が忙しくなったことが原因で連絡の頻度が減っているなら、深く考え込まないようにしましょう。

誰でも仕事が忙しくなると、連絡をとる時間が確保できなくなるもの。寂しくても、彼氏の仕事が落ち着くまで待ってあげるようにしてくださいね。


2. 会う頻度が極端に減った

「週末は必ずどこかへ出掛けていたのに、2週連続デートを断られた」など、会う回数や頻度が急に少なくなった場合、相手から距離を置かれていると考えられます。

物理的に距離を置かれるということは、相手から会いたくないと思われている可能性大。話し合いの時間を持ったほうがいいでしょう。

「寂しいから会いたい」ではなく「二人のことについて話し合いたい。時間ない?」と誘うなど、いつもより真剣な雰囲気をみせる必要があります。


3. 目を見て話をしてくれなくなった

「今までしっかり目を見てくれていたのに、最近目を合わせてくれない」という場合も、彼からの別れのサインかも。「あまり会いたくない」「話をしたくない」と感じている場合に、相手の目を見ない男性は多いのです。

また、話しかけても携帯を見ながら返事をしたり、背中を向けたまま返事をしたりする場合も、同じく「別れたい」と思っている兆候かもしれませんよ。


4. 友人に「別れるかも…」と言っていた時

彼氏が「まだ分からないけど、別れるかも」と友人に悩みを打ち明けている場合は、別れを視野に入れている可能性が高いといえます。

何か別れたい理由があるものの、まだハッキリ決められていない状況だと考えられますよ。

別れの危機を回避するためにも、できるだけ早い段階で話し合いの時間を持って、彼氏の悩みを聞くようにしましょう。


確定! 「別れよう」と言われた時

彼氏から「もう付き合えない、別れよう」と告げられたとき。こちらは別れのサインではなく、明確に別れの意思表示をされています。

突然別れを告げられた場合、女性は慌ててしまいますよね。「いやだ、好きだから別れたくない」「不満なところは直すから、もう一回やり直したい」と伝えても、彼氏の意思は変わりにくいと言えるでしょう。


彼氏と別れたくない女性へ。彼氏を説得する方法をレクチャー

彼氏を説得する方法

どうしても彼氏と別れたくない場合、どのように行動するのが正しいのでしょうか。彼氏を説得する方法について詳しくレクチャーしていきます。


ステップ① なぜ、彼氏が別れたいと言ったのかしっかりと理由を聞く

まず大切なのは、彼氏がなぜ別れたいと感じたのか、理由や原因についてしっかり聞くこと。ここが理解できていないと、話し合いのときにも、話がかみ合わない可能性があります。

まずは、相手の今の心理状況や、何が原因となっているのかをきちんと聞くようにしましょう。


相手の話は否定せず、ひたすら聞き続ける

男性は女性と違い、自分の気持ちを表現するのが苦手。そのため、話し合っているときに彼氏の意見を否定してしまうと「もう分かってくれないならいいよ」とケンカになってしまうかもしれません。

そんな状況を避けるためにも、まずは相手の話に耳を傾けましょう。反論したいときも、ひとまずグッと我慢。相手の話を否定せず、聞き役に徹することが重要なのです。


ステップ② 自分が別れたくないと相手に伝える

相手の気持ちや主張をしっかり聞いた後に、自分の思いを伝えて説得しましょう。

彼氏が別れたい理由として挙げた原因が自分にある場合、直していく気持ちがあることや反省していることをしっかり伝えてください。

その上で、別れたくない気持ちを素直に説明すると、浮気などの一発レッドな原因ではない限り、彼氏に伝わりやすいですよ。

ここで絶対にしてはいけないのが、感情が高ぶってしまうこと。泣いたり怒ったりするのではなく、話し合うことを意識しましょう。


ステップ③ 一度距離を置いて、お互いの気持ちを整理する

自分の気持ちを素直に伝えても相手が納得してくれなかった場合に、しつこく接するのは絶対にNG。

辛いとは思いますが、ひとまず説得をやめて距離をとるようにしましょう。距離を置くことによって、二人の関係が継続しながらも、お互い冷静に考えられます。

時間が経つことで自分の気持ちを見つめ直せるので、「あのときは言い過ぎた、やっぱり別れたくない」と男性が感じることも多いのです。

相手に別れたくないと思わせるためにも、寂しい気持ちに耐えましょう。


ステップ④ 再び会って、自分の素直な気持ちを伝える

少し距離を置いたあと、もう一度話し合う時間を持ちましょう。ここで重要なのは、この期間に自分が何を考えていたのかを相手に伝えて説得すること。

例えば「離れている間、自分の性格を見つめ直してた。今までわがまま言い過ぎてたなと反省したよ」など。相手が別れたいと感じた理由について、どう考えたのか伝えた上で、やっぱり自分は別れたくないと素直に伝えるようにしましょう。


相手が感情的な場合は戻ってくる可能性がある

仕事が忙しく心に余裕がなかったときや、ケンカが原因で別れ話になったときなど、相手が感情的に別れを切り出した場合は、距離を置くことで十分復縁のチャンスはありますよ。

距離を置いた期間に、相手も冷静に考えていたはず。落ち着いて考えると「彼女のことが好き、やっぱり別れたくない」と考え直してくれることも多いのです。

素直に自分の気持ちを表現することによって、別れたくないと思わせることにもつながりますよ。


【参考記事】はこちら▽


ステップ⑤ それでもダメな場合は、一度冷却期間を置く

一度距離を置いたにも関わらず、相手の気持ちが変わらなかった場合は、一度冷却期間を置きましょう。ここまでくると別れが現実味を増し、感情的になる女性も多くいます。

しかし、辛いとは思いますが、ここで泣いたり怒ったりしてはダメ。今後復縁のチャンスも十分考えられるので、別れる瞬間に相手にイヤなイメ―ジを与えないよう注意しましょう。


別れる時は感謝の気持ちを伝える

別れるときは、感謝の気持ちをしっかり伝えましょう。泣きたい気持ちをグッとこらえて、これまでの感謝の気持ちを丁寧に伝えることはとても大切です。

この言葉によって、「付き合った期間が幸せな時間であった」と男性側が思い返すキッカケにもなります。

また、「風邪ひかないように、気を付けてね」など、相手を思いやる言葉を添えるとより好印象ですよ。


ステップ⑥ 別れた理由がわかるなら、そこを治し、自分磨きをする

別れたからといって、すぐに諦められるわけではありませんよね。復縁したい女性は、この期間に自分を見つめ直すようにしましょう。

失恋した直後に多い行動は、辛い気持ちから部屋に引きこもってしまったり、やけになってほかの男性と遊んでみたりすること。

しかし、この失恋期間をどう過ごすかによって、復縁の可能性が大きく変わってきます。彼氏に指摘された別れの原因を直すために、自分磨きをして努力することが重要なのです。


【参考記事】はこちら▽


ステップ⑦ 時間をおいて、再度アタックしてみる

早くても3ヶ月、長ければ半年ほど時間を置いて、それでも諦められない場合は改めて説得してみましょう。

時間をおいてアタックすることで「こんなに自分を好きでいてくれる子はほかにいない」と感じて、復縁を考える男性は少なくありません。

しかし、しっかり時間をおいてアプローチしたにもかかわらず、復縁の望みがなさそうな場合、現時点ですぐに復縁するのは難しいということです。ひとまず、諦める努力をしましょう。


【参考記事】はこちら▽


別れたくないと思ったら、まずは自分を見つめ直してみて。

彼氏と別れたくない女性

「彼氏から別れを告げられる女性の特徴」

「別れを意識した男性の心理」

「別れたくないと思わせる説得の仕方」

についてご紹介してきました。好きな人から別れを告げられるのは辛いですよね。

しかし、話し合いや自分の努力次第で関係の修復はできる可能性があるので、諦めないようにしてください。

今回ご紹介した彼氏からの別れのサインを見逃さないようにして、辛い失恋を回避しましょう。


【参考記事】はこちら▽

お気に入り

注目の記事

関連する記事