転職エージェントの評判の真意とは。賢く利用するためのコツをご紹介

特に転職エージェントを初めて利用する時には、その評判が気になる方も少なくありません。ここでは、転職エージェントの評判の背景にある真意や、ミスマッチを起こさないための賢い転職エージェント選びについてご紹介しています。

巷に渦巻く転職エージェントの評判の真相を解明します

転職エージェントの評判の真意

インターネット上の転職エージェントの評判には良いものだけでなく悪いものもありますが、背景には利用者側の問題や理由があることも少なくありません。ここでは、実際に転職エージェントを利用した上で寄せられた評判の裏にある、隠れた真相について解明しています。表面だけでは分からない、本当の転職エージェントの評判を知る参考にしてください。


なんでもやってくれるから、と受け身だった

転職エージェントは、求職者ひとりひとりに専任のエージェントがついて幅広い転職活動のサポートを提供してくれます。応募書類の添削から面接対策、自分に合った求人の紹介や面接のセッティングまで、エージェント側が「何でもやってくれる」ため、求職者が受け身になってしまい失敗してしまうケースがあります。転職エージェントに全ての転職活動を丸投げするのではなく、自分からも求人を探したり、職種や業界研究を行うなど、積極的な転職活動を行う姿勢が重要です。


そもそも自分の条件に合う求人を扱っているエージェントを選ばなかった

転職エージェントサービスを展開している企業は数多くあり、それぞれに「求人数が多い」「第二新卒に強い」「特別な業界の転職に強い」などの強みや特徴があります。数ある転職エージェントの中でも、自分の希望する条件や職種、業界の求人を扱っている転職エージェントを利用していないと、自分に合った求人の紹介が受けられないため、採用後のミスマッチを起こしやすくなります。転職エージェントを利用する前に、強みや特徴をよく比較して選ぶのがポイントです。


担当エージェントが合わないまま、転職活動を進めてしまった

転職エージェントで求職者をサポートする担当エージェントは、それぞれ専門の業界や職種、強みも異なります。さらに、マンツーマンでやり取りを行うため、人間性や性格、考え方がどうしても会わないことがあります。担当エージェントが合わない場合には、変更を申し出ることができますが、変更をせず合わない担当エージェントのままで転職活動を進めてしまうと、転職を早く決めることを重視してしまい、転職先のミスマッチが起きやすくなります。


ミスマッチを生まないために心がけたいこと

転職エージェントの評判の裏にある真相をご紹介しました。次に、転職活動においてミスマッチを生まないために、転職エージェントを利用する際の具体的な心がけたいことをご紹介します。現在利用している転職エージェントに不信感や違和感がある方や、転職エージェントの乗り換えを検討している方もぜひ参考にしてください。


1. 年齢や年収など現状に合ったエージェントを選ぶ

転職エージェントには、20代や第二新卒などの若年層の転職に強みのあるところもあれば、管理職や高年収クラスを目指すための30~40代向けの転職サポートを行っているところもあります。転職エージェントそれぞれで、対象としている年齢や年収帯が異なりますので、自分の現状に合った転職エージェントを選ぶのが、ミスマッチを起こさないための第一歩となります。具体的な年齢層や年収帯は、公式サイトですぐに調べられますので、転職エージェント選びの参考にしましょう。


2. 求める業種業界に強いエージェントを選ぶ

転職活動を決めた背景には、自分のやりたいことをやるために異業種にチャレンジする方もいれば、今のスキルやキャリアを同業他社で生かしたい方もいます。転職エージェントによって、取り扱っている求人情報や在籍しているエージェントがどの職種や業界に強いかが異なります。自分がどの職種や業界を目指しているのかを把握した上で、目指す職種や業界への転職に強い転職エージェントを選ぶと、適切かつ有効な転職サポートを受けられます。


3. サポート体制に定評のあるエージェントを選ぶ

転職エージェントの評判で重視したいのが、どのような転職サポートが受けられるかです。仕事の実績やスキルは高くても、転職活動は初めて、という方も少なくありません。よって、応募書類の添削や面接対策だけでなく、正しい市場価値の把握や独自の強みの発見など、自力での転職活動では得られないサポートが受けられる転職エージェントを選ぶのが重要です。さらに転職サポートが充実している転職エージェントを選べば、限られた時間でしか転職活動ができない方でも時間を有効に使って転職活動ができます。


4. エージェントとの面談を通してしっかりと意思疎通を図る

転職活動を二人三脚で進めるエージェントとは、信頼関係を築かないとうまく転職活動を進められません。転職エージェントの利用開始時に行う担当エージェントとの面談を通じて、しっかり自分の意志を伝えるのが重要です。また、自分の意志や希望、条件などをエージェントがしっかりと汲み取り、転職サポートに活かす必要がありますので、しっかりとエージェントとお互いの意思疎通を図っておかないと、ミスマッチが発生する原因となります。


5. 転職エージェントを複数併用して合う企業を選ぶ

転職活動には色々な方法がありますが、当然複数のサービスを併用しても問題ありません。これと同じく、複数の転職エージェントを併用して転職活動を進めるのも可能です。特に初めて転職エージェントを利用する時には、評判だけでは分からない転職エージェントの特徴や強みもありますので、同時に複数の転職エージェントを併用してみて、自分に合った企業を探すのも有効です。合う転職エージェントを使い続ければ、ミスマッチも未然に防げます。


6. どうしてもエージェントと合わないなら思い切って変更を申し出る

自分の希望する職種や業界への転職に強かったり、年齢層が自分に適していたりと理想の転職エージェント企業が見つかったとしても、担当するエージェントと合わない可能性があります。転職エージェントのサービスやサポート体制には満足していて、担当エージェントのみ合わないと感じている時には、思い切って変更を申し出るのがおすすめです。人によって合う合わないが出てしまうのは仕方がないことですので、割り切って変更を申し出ましょう。


7. 定期的な連絡を欠かさない

在職中の仕事や、家事、育児、介護などと併用しながら限られた時間の中で転職活動を行うのは、どうしても転職エージェントとの連絡もおろそかになりがちです。しかし、求人紹介や面接対策、セミナーや面談などの連絡に対しても返信をせずにいると、転職エージェント側からは「転職活動に意欲的ではない」と受け取られてしまい、その後の連絡が来なくなる可能性が高くなります。転職活動状況の確認連絡などの連絡に対しての返信や、こちらからの定期的な連絡は欠かさず行うようにしましょう。


8. 転職意志は「いい案件があればすぐにでも」と伝えておく

転職エージェントを通じて企業が出す求人案件は、急募のものも多く、採用後できるだけ早く就業できることを条件にしている場合があります。また、「転職するかどうか迷っている」など、転職意志を曖昧にしておくと、担当エージェントも具体的な転職サポートの提供が始められません。まず、担当エージェントから転職意志を聞かれたら「良い案件があればすぐにでも転職したい」と明確な転職への意欲を伝えておけば、すぐに転職サポートや求人案件紹介に動けます。


9. 紹介求人が質より量になっていないか確認する

転職活動を進める上では、多くの求人に応募するのは有効です。ところが、求人の応募数をこなすよりも、自分に適した求人を厳選して応募する方がより重要といえます。転職エージェントを利用して、求人の紹介を受けて応募していてもなかなか採用が決まらない場合は、求人の紹介数は多くても自分に求人内容が適していない可能性があります。まず、担当エージェントに自分の希望や条件が伝わっているか、キャリアの棚卸しをしてスキルや強みを把握しているかを確認しましょう。


的外れに思える求人も、何か意味があるのかも。きちんと意思疎通を取りましょう

転職エージェントから紹介される求人が、自分の希望した職種や条件ではないことが続いた場合、自分の市場価値を誤っている可能性があります。さらに、自分では気が付いていないスキルや強みからの求人である場合も少なくありません。的外れに見える求人が続いた場合でも、転職エージェント側には紹介する意味がある場合がありますので、まずは求人を紹介する意図を担当エージェントに確認して、改めて意思疎通を取っておきましょう。


おすすめの転職エージェントをランキング形式で発表します

転職エージェントでのミスマッチを防ぐためのポイントをご紹介しました。自分の理想の転職活動のためには、特徴や強みを知った上での転職エージェント選びが重要です。次に、信頼と実績のあるおすすめの転職エージェントを「利用すべき人」のポイントとともにご紹介しますので、ぜひ転職エージェント探しに役立ててください。


リクルートエージェント

一般のサイトには掲載されない非公開求人数が10万件以上で業界最大級、転職支援実績ナンバーワンを誇る転職エージェントが「リクルートエージェント」です。広告代理店大手のリクルートグループが展開する転職エージェントのため、多くの業界や企業とのつながりが多く、専門的なアドバイスや転職サポートを受けられます。応募書類の添削や面接対策だけでなく、独自分析による職種や業界の情報提供も行っているので、幅広い転職支援サービスが受けられます。


リクルートエージェントを利用すべき人

リクルートエージェントは、求職者と担当のキャリアアドバイザーの対話を大切にしている転職エージェントです。キャリアアドバイザーとの直接面談の上で求人や転職に対する希望や自分の意志をしっかり伝えられます。また、面談は平日だけでなく平日の夜間や土日にも対応可能のため、お仕事などで忙しく面接の時間が取れない方でも安心です。応募前の書類作成や面接対策などのサポートのほかにも、内定後に年収交渉や入社日の調整、在職先との円満退職のためのサポートも行っているので、転職活動の最初から最後まで徹底したサポートが受けられます。

公式サイトで見る


DODA

転職エージェントだけでなく、転職サイトやスカウトサービスなど、幅広い方法で企業と求職者をマッチングさせるための転職支援サービスを展開しているのが「DODA」です。ひとつの会員登録で全ての転職支援サービスが受けられるので、転職エージェントからサポートを受けながらも、自分でも転職活動を進めたい方にもおすすめです。また、直接企業の人事担当者と面談ができる転職フェアや個別相談会、転職のためのノウハウが身に着く各種セミナーも随時開催しています。


DODAを利用すべき人

DODAの転職エージェントサービスは、転職支援サポートを全面的に行う専任のキャリアアドバイザーがつくほか、選考日程の調整や業界や企業の内部情報提供、応募書類対策や面接対策を専任で行う採用プロジェクト担当からのサポートも受けられます。ほかにも、「エグゼクティブ専門」「バイリンガル専門」など、希望分野別のコンサルタントがその業界や職種ならではの転職対策を提供するため、他業種への転職を希望している方にもおすすめです。未経験者でもスカウトが受けられる、面接確約で応募書類作成の必要がない求人もあるスカウトサービスを併用すれば、忙しい中でも転職活動を進めたい方にも適しています。

公式サイトで見る


JAC Recruitment

高年収帯と呼ばれるエグゼクティブクラスや管理職、専門職への転職、および日系の海外部門や外資系企業への転職活動に特化した転職エージェントが「JAC Recruitment」です。ロンドン発祥の日系転職エージェントであり、英国とアジア8か国に持つ独自のグローバルネットワークを活かした豊富な転職支援実績を誇ります。また、国内の大手企業だけでなく、外資系企業や日系大手のグローバル企業の非公開求人も豊富に取り扱っています。


JAC Recruitmentを利用すべき人

JAC Recruitmentは、エグゼクティブや管理職への転職を目指したい方が多いため、JAC Recruitmentを通じて転職を成功させた方の約70%以上が35歳以上というデータがあります。すでに自分で多くの実績や経験を持ち、より高いキャリアやレベルを目指して同業他社への転職を目指したい方におすすめの転職エージェントです。また、ロンドン発祥の日系企業という強みを生かして、英文レジュメの作成支援など独自の転職支援を行っているため、日系グローバル企業や外資系企業への転職を目指す方も利用すべき転職エージェントです。

公式サイトで見る


パソナキャリア

人材紹介サービスを展開するパソナグループの転職エージェントである「パソナキャリア」は、人材紹介企業の先駆けとしての強みを活かし、多くの業界や企業の豊富な非公開求人を取り扱っています。また、求職者と採用先企業のお互いの持つ課題解決のためのマッチングを行い、適材適所の求人紹介と転職サポートを行っています。さらに、幅広い業界に精通した専任のキャリアアドバイザーからの転職サポートが受けられるので、初めて利用する際にも安心です。


パソナキャリアを利用すべき人

自分の適職や適性が分からない方や、正しい市場価値が把握できずミスマッチを起こしがちな方に、パソナエーキャリアの利用はおすすめです。専任のキャリアアドバイザーによるキャリアの棚卸しを行い、求職者本人では気が付かなかった独自の強みやスキルの把握に繋げます。企業内の人事担当者の持つ情報にも精通しているため、求職者の正しい市場価値を把握した上での求人紹介が受けられます。さらに、応募書類の添削や面接対策もマンツーマンで受けられるので、不明点もその場ですぐに解決できますよ。内定後にも、年収交渉や入社日程調整などのサポートを最後まで提供するため、在職中の限られた時間で転職活動をしたい方にも最適です。

公式サイトで見る


マイナビエージェント

20代に信用されている転職エージェントナンバーワンの実績を誇る転職エージェントである「マイナビエージェント」は、転職支援サービス企業のマイナビグループの転職エージェントです。取り扱っている求人案件の約80%が非公開求人で、マイナビエージェントのみの求人も多数あります。非公開求人だけでなく、サイト内でいつでも公開求人の検索ができるので、自分の希望職種や業界の求人内容や条件を確認したり、リサーチしたりもできます。


マイナビエージェントを利用すべき人

マイナビエージェントは、第二新卒や20代、30代の若年層の転職支援に強みがあります。初めて転職活動を行う方や、比較的浅い経歴で転職を希望する方におすすめの転職エージェントです。応募書類の添削や面接対策などの転職サポートに加えて、担当のキャリアアドバイザーからこまめに連絡が受けられるので、常にキャリアアドバイザーと意志疎通を図りながら転職活動が進められます。初めての転職で具体的なアドバイスが欲しい方や、周りに転職活動に関するサポートを受けられる人や場所がない方でも、安心して転職活動を始められます。

公式サイトで見る


ビズリーチ

会員制の転職エージェントサービスで、国内最大級のエグゼクティブクラスへの転職実績を誇るのが「ビズリーチ」です。8200社以上に及ぶ国内だけでなく海外の優良企業の求人案件のみを取り扱っており、2,500名以上の厳選な審査を通過したヘッドハンターからのスカウトを受けられます。無料で利用できるスタンダード会員のほか、さらにクオリティーの高い情報や秘匿性の高い求人紹介が可能になる、有料会員のプレミアム会員も設けています。


ビスリーチを利用すべき人

ビズリーチは、今まで自分が培ってきた実績やスキルを活かして、より高いレベルへの転職を希望する方や、外資系企業や日系のグローバル進出企業への挑戦を希望する方に、おすすめの転職エージェントです。同業他社への管理職クラスや優良企業への転職を目指す、40代や50代の方の初めて転職を成功させた実績も多数あります。通常では公開されない秘匿性の高い求人の紹介も受けられるので、応募すること自体が難しい職種や企業のポジションへの応募も可能になります。また、ヘッドハンターから求職者の評価を受けられるので、正しい自分の市場価値を客観的な把握にもつながります。

公式サイトで見る


評判を気にしすぎて、決まらない状態を避けるためにも、情報収集は適切に。

転職エージェントの評判の背景にある真相や、転職エージェント利用後のミスマッチを防ぐためのポイントを、おすすめの転職エージェントとともにご紹介しました。転職エージェントそれぞれの持つ特徴や強みを判断し、自分に合った転職エージェントを見つけることが転職成功につながります。評判を気にしすぎてなかなか転職が決まらない、という事態を避けるためにも、適切な情報収集をして転職エージェントを選びましょう。

【参考記事】転職エージェントのサービス内容って?基本情報や費用を解説▽

Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事

источник 3kovra.com.ua