家庭用エアーコンプレッサーのおすすめ特集。種類から選び方まで解説

巷では、DIYが流行っておりドライバーや電ノコなどが売れているそう。そんな中、密かに注目を集めているのがエアーコンプレッサーです。今回は、「エアーコンプレッサーとは?」という基礎知識から種類、選び方、おすすめ商品まで解説。用途に応じた最強の一台を選択しましょう。

最強はどれ?おすすめの家庭用エアーコンプレッサーを厳選

エアーコンプレッサーのおすすめ機種を厳選

巷ではドライバーなどを使ってDIYに取り組む人が増えていて、工具用品の売り行きもうなぎ上りだそう。中でもドライバーやエアーコンプレッサーといった便利工具は、近年、注目が高まっています。しかし、DIY初心者にとって、どんなエアコンプレッサーが良くてどうやって選べばいいのか、という判断は難しいところ。

そこで今回は、家庭用に使うエアーコンプレッサーの種類や選び方、おすすめ商品まで詳しく解説していきます。エアコンプレッサーの基礎知識も掲載していますので、ぜひ参考にしてください。


そもそも、エアコンプレッサーとは?

エアコンプレッサーとは、その名の通り、空気を圧縮して高圧で噴射する工具のこと。エアコンプレッサーの先端にさまざまなエアーツールを装着することによって、タイヤボルトの付け外しや、DIYにも便利な釘打ち、塗装スプレー、ボールなどの空気入れなど、あらゆる使い方ができるのが魅力です。

エアコンプレッサーは、あるととても便利なアイテムのため、DIY好きの方は、ぜひ家庭用に一つ購入を検討してみてはいかがでしょうか。


エアーコンプレッサーのタイプは主に2種類ある。

エアーコンプレッサーの種類

エアコンプレッサーの種類は、大きく【オイル式・オイルレス】の2種類に分けられます。エアーコンプレッサーで定番なのは、オイル式(給油式)の方で、一般的な用途のほか、工場エアー、車整備、印刷・物流梱包などにも良く使われます。

もう一方のオイルレス式(無休湯式)は高品質なタイプで、食品・包装機や農業機械、化粧品・医療などの分野で主に使用されるものです。やや高級な部類になるため、お財布と相談して決めるのがベスト。


オイル式の特徴とは

オイル式のエアーコンプレッサーは、シリンダやスクリューの内部にオイルを注入することで、圧縮熱を冷却したり、内部潤滑・シールの作用を行ったりします。ただ、潤滑していない状態だと焼けつきや傷などを起こしてしまうことも。そんな問題を防ぐために、オイルを使って滑りを良くしています。

オイル式の場合は、「オイルミスト」と呼ばれる油分が含まれた圧縮空気が発生しており、幅広い用途に使われます。オイル式エアーコンプレッサーはジャンル問わず多くの場所で使われているため、実用性のバリエーションも豊富です。


オイルレス式の特徴とは

オイルレス式の機種は、『ドライオイルフリー式コンプレッサー』とも呼ばれます。オイル式と違って、潤滑油を一切使用しないエアーコンプレッサーです。冷却・シール材も注入しません。もちろん、圧縮された空気にオイルが含まれないので、クリーンなのが特徴です。

オイルレス式に含まれる『スクロールコンプレッサー』は、オイルフリーのため、吹き出す空気もきれいな上、静音・低振動のタイプなので、作業中も快適に使えるのがメリットです。


エアーコンプレッサー選びで大切なこと

エアーコンプレッサーの正しい選び方とは

エアコンプレッサーのおすすめ機種を見ていく前に、まずはエアーコンプレッサー選びで大切なポイントについて勉強していきましょう。エアーコンプレサー選びは、

  1. 使用用途
  2. サイズ
  3. 重量
  4. オイル式 or オイルレス式

の5点を確認しておくことが大切です。ここからは5つのポイントについてさらに詳しく解説していきます。


1. 使用用途

エアコンプレッサーの購入を検討する際には、まずは「何に使うか。」など使用用途を必ず確認しておきましょう。用途に不向きな、エアーコンプレッサーを誤って買ってしまうと使いずらいため注意が必要です。

コンバインなどの農業機械をきれいにするなどの農業・園芸シーンで使うのか、または釘打ちやスプレー塗装をはじめとするDIY作業で使うのかなどを想定しておきましょう。


2. サイズ

エアーコンプレッサーのサイズは、選ぶ上で非常に大切なポイントです。。コンプレッサーのサイズによって形状やサイズも異なっているため、家のどこに設置するのかや、移動して使うかなど、あらかじめどんな風にエアーコンプレッサーを使用するか確認しておくのがおすすめです。性能が良くても、サイズ面で使い勝手が悪いと後々困ってしまうので、注意してくださいね。


3. 重量

サイズと同じく、重量についても合わせてチェックしておきましょう。移動して使うなら、できるだけ重量が軽いものが便利でおすすめです。また、女性が管理する場合なども、できるだけ重たくない方が助かります。

エアーコンプレッサーの設置場所なども考慮した上で、どの程度の重量までOKなのかをきっちり確認しておいてください。様々なところで持ち運びしたいなら移動が楽な機種を選ぶと良いでしょう。


4. 音

近隣にほかの住居や施設がある場合は、音にも注意が必要です。周囲に音に対して敏感な人がいると、騒音トラブルにもつながりかねません。そうなれば、せっかく購入しても、騒音のせいで結局使いにくくなってしまいます。静音タイプの機種もありますが、実際に出る音がどの程度のボリュームなのか、きっちりとチェックしておきましょう


5. オイル式 or オイルレス式

オイル式とオイルレス式の違いも、大切な確認ポイントです。オイル式なら機種も多く手ごろな価格で手に入る場合もあります。基本的にオイルフリー式に比べると音が小さいので、騒音を避けたい人にもおすすめ。ただし、吐き出す圧縮空気にオイルが含まれるため、塗装や食品に直接吹きかける用途にはオイルレス式がおすすめです。


静音からハイパワーまで。エアーコンプレッサーのおすすめ13選

エアーコンプレッサーのおすすめ商品

エアーコンプレッサーを選ぶ際のポイントを確認したところで、実際の商品を見ていきましょう。今回は、小型、オイル式、オイルレス式の3パターンに分けて、それぞれのおすすめ機種を計13選ピックアップしています。特徴や商品ステータスなども合わせてご紹介するので、ぜひ貴方も参考にして、エアーコンプレッサー選びに役立ててくださいね。


持ち運びに便利!小型エアーコンプレッサーのおすすめ5選

まずは、小型のエアーコンプレッサーをご紹介します。ここでは、おすすめ商品を5種類選んでみました。小型のエアーコンプレッサーは、収納場所も取らず、女性でも持ち運びやすいのが特徴です。それでは早速詳しく見ていきましょう。


1. 高儀 オイルレスエアーコンプレッサー10L

高儀 EARTH MAN エアーコンプレッサー オイルレス 静...

最初におすすめするのは、高儀の10Lオイルレスエアーコンプレッサーです。家庭用にぴったりの容量10Lの小型で、車のタイヤやボール、ゴムボートなどの空気入れに使えます。ほかには、パソコンやほこりや細かいゴミを吹き飛ばすときも使いやすいですよ。静音タイプなので、通常よりも騒音が抑えられて近所迷惑にもなりにくいのも魅力的なポイント

男性なら片手でもモテるほど軽いため、DIYに役立つことも間違いなし。初心者の人でも使いやすい小型なので、オイルレスで軽い家庭用エアコンプレッサーをお探しの方は、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。


商品のステータス
  • タイプ:オイルレス式
  • 重量:約10.8kg
  • サイズ:約長さ420×幅200×高さ435mm
  • タンク容量:約10L
  • 最高圧力:約0.7MPa
  • 吐き出し排気量:約15L/min、約17L/min

2.ハイガー エアーコンプレッサーHG-DC880

HAIGE エアーコンプレッサー 静音 100V タンクレス ...

ハイガーの『エアーコンプレッサーHG-DC880』は、DIYで人気を集めている小型機種です。7.5kgの軽い本体は、タンクレス、オイルレス、ブラシレスが大きい特徴。エアタンクがない分、コンパクトな設計になっているのが人気ポイントです。

また、エアーコンプレッサーを使ったあとに、エアタンクから空気を抜く手間も省けます。空気入れとして使うのはもちろん、塗装やステープルなどにも使えておすすめ。特に、移動しながらの塗装作業には、持ち運びもしやすく使いやすいと人気です。DIY好きの方にもおすすめなので、ぜひ家庭用に検討してみてくださいね。


商品のステータス
  • タイプ:オイルレス式
  • 重量:7.5kg
  • サイズ:34×17×24cm
  • タンク容量:タンクレス
  • 最高圧力:0.9Mpa
  • 吐き出し排気量:81L(0.6mpa時)

3.ミナトワークス オイルレス型エアーコンプレッサー

ミナトワークス オイルレス型エアーコンプレッサー + エアーツ...

ミナトワークスの『オイルレス型エアーコンプレッサー』は、エアーツールが3種類(塗装用、空気入れ用、清掃用)ついたセット購入がおすすめです。DIY用途にはぴったりの性能で、オイルレス式のためメンテナンスも簡単。タイヤの空気入れや、テーブル・いすなどの家具塗装に使いやすいですよ。

また、ホースの接続はワンタッチカプラーでカチッと簡単に差し込めます。機械類を扱いなれていない人でも、セッティングや片付けに手間がかからないと人気ですよ。押し入れや棚に気軽に収納しやすい小型なので、家庭用エアーコンプレッサーとしてぜひ愛用してください。


商品のステータス
  • タイプ:オイルレス式
  • 重量:7.7kg
  • サイズ:幅440×奥行160×高さ400mm
  • タンク容量:8L
  • 設定圧力:0.69MPa
  • 吐き出し排気量:19.8L/min

4.ツールズアイランド オイルレスミニエアーコンプレッサー

オイルレス・ミニエアーコンプレッサー3Lタンク付き 【簡易日本...

人気メーカー『ツールズアイランド』から販売されている、オイルレスミニエアーコンプレッサー。3Lの小型タンクで、重さ5.5kgと小型の家庭用エアーコンプレッサーの中でも、特に軽い設計になっていますネイルアートや、エアーブラシ作業などの、屋内使用にも使いやすいと人気ですよ。

小型ながらも、安定したエアー供給が可能で、耐久性も抜群。ピストン式を採用した静音タイプなので、騒音も気になりにくいですよ。屋内での使用がメインになる人は、ぜひこちらの小型エアーコンプレッサーを使ってみてはいかがでしょうか。


商品のステータス
  • タイプ:オイルレス式
  • 重量:5.5 Kg
  • サイズ:L310×W130×H310mm
  • タンク容量:3L
  • 最高圧力:4.0kgf/cm2
  • 吐き出し排気量:20~23L/min

5.エスケー11 オイルレス エアーコンプレッサー 4L

SK11 オイルレス エアーコンプレッサー SR-045 タン...

エスケー11が手がける、人気の小型家庭用エアーコンプレッサー。『オイルレス エアーコンプレッサー 4L』は、メタリックな赤のボディーカラーが印象的なアイテム。吐出量も十分なほか、コンデンサーモーターを採用し、長寿命なのが特徴です。バルブ式ドレンコックを採用し、開閉しやすいほか、手も汚れにくいよう工夫しています。

また、ハンドルも持ち運びや収納時に邪魔にならないよう縦向きにデザインするなど、細かい配慮が感じられますね。空気入れやエアーブラシーとして使いやすいエアーコンプレッサーなので、家庭用の1台としてぜひおすすめします。


商品のステータス
  • タイプ:オイルレス式
  • 重量:11.9 Kg
  • サイズ:375×335×310mm
  • タンク容量:4L
  • 最高圧力:0.8MPa
  • 吐き出し排気量::0MPa時41/49(L/min)

長時間使える最強機種とは?おすすめのオイル式エアーコンプレッサー5選

次におすすめするのは、オイル式のおすすめエアーコンプレッサー5選です。オイル式はオイルレス式と比較すると、連続使用時間や耐久性に優れていることが多いので、これらのポイントを重視したい人にはぜひおすすめですよ。


1.ナカトミ エアーコンプレッサー BCP-58T

ナカトミ(NAKATOMI) エアーコンプレッサー BCP-58T

オイル式の家庭用エアコンプレッサーでは、ナカトミのツインタンク式機種『エアーコンプレッサー BCP-58T』が人気です。モーターに直接的な付加がかかりにくいベルト式を採用していて、静音かつ故障も少ないのが特徴です。圧力開閉器が付いているので、圧縮空気を使っていないときはモーターが停まり、省エネ効果も期待できますよ。

ベルトカバーは、全覆い形状になっているから安全に使用可能。農機具の清掃や、車のタイヤ交換、エンジンルームの掃除などに使いやすいと人気です。塗装作業にもぴったりなので、本格的にDIYを楽しみたい人にもおすすめします。


商品のステータス
  • 重量:58 kg
  • サイズ:91x51x58cm
  • タンク容量:58L
  • 最高圧力:0.78Mpa
  • 吐き出し排気量:129/147L/min

2.アネスト岩田キャンベル コルト

アネスト岩田キャンベル コルト HX4004

2.アネスト岩田キャンベルからは、家庭用オイル式エアーコンプレッサー「コルト」がおすすめです。普通サイズながら、簡単なDIY用にはもちろん、アマチュア以上、本格使用未満の性能を持っています。なおかつ価格も、同クラスの家庭用エアーコンプレッサーと変わらないので、コスパも良好なのが人気の理由。

タフな1馬力モーターと容量30Lのタンクを備えているので、余裕をもって作業できますよ。本体は30Kgありますが、ハンドルとタイヤが付いているので、移動もスムーズに行えます。DIY好きの方は、ぜひ手に取ってみてくださいね。


商品のステータス
  • 重量:30kg
  • サイズ:740x(奥行)355x(高さ)635mm
  • タンク容量:30L
  • 最高圧力:0.85MPa
  • 吐き出し排気量:60- 65L/min

3.エスケー11 オイル式 エアーコンプレッサー

SK11 オイル式 エアーコンプレッサー SR-251 タンク...

30Lの大容量タンクを搭載した高性能エアーコンプレッサー。100Vの家庭用なのに、しっかり空気を圧縮できるパワフルさが特徴で、オイル式のため効率的に圧縮でき、長持ちしやすい点が人気です。タイヤの空気入れから釘打ち、ダスター、クリーナー、インパクトレンチ、塗装スプレーなど、幅広く使えるので、DIYも十分楽しめますよ。

また、圧力ゲージが上向きに配置されているので確認しやすく、作業もはかどりますよ。長期間使えるパワフルな家庭用エアーコンプレッサーが欲しい方におすすめなので、ぜひチェックしてみてくださいね。


商品のステータス
  • 重量:37.7 Kg
  • サイズ:幅660X奥行354X高さ619mm
  • タンク容量:30L
  • 最高圧力(50/60Hz):1.0MPa
  • 吐き出し排気量(50/60Hz):175L/min- 210L/min(0MPa時)

4.アネスト岩田キャンベル コンプレッサー HX7007

アネスト岩田キャンベル コンプレッサー HX7007

アネスト岩田キャンベル『コンプレッサー HX7007』は、1馬力のタフな家庭用エアーコンプレッサーです。本体には、ハンドルとタイヤが付いているので、女性が扱うときにも移動がスムーズにできて使いやすいのが魅力的なポイント。タイヤ交換や塗装用とに使いやすいほか、エアダスターに使っても、パワー・持続力ともに満足度が高いと人気です。掃除機をはじめとするフィルター類の掃除にも重宝するでしょう。

安い価格設定ながら、しっかり使える点は非常にコスパ良好と言えます。使いやすいと評判の家庭用エアーコンプレッサーなので、購入予算を押さえたい人も一度見ておいてください。


商品のステータス
  • 重量:30.3 Kg
  • 梱包サイズ:63.9x 62x30.5cm
  • タンク容量:24L
  • 最高圧力:0.85MPa
  • 吐き出し排気量:(50Hz)60L/分- (60Hz)65L/分

5.シンセイ オイル式コンプレッサー EBS-25

シンセイ オイル式コンプレッサー 25L EBS-25

シンセイの『オイル式コンプレッサー EBS-25』は、黒いボディがスタイリッシュな1.2馬力の家庭用エアーコンプレッサーです。タンク容量が25Lで、30Lよりややコンパクトな分、重量も軽い1台。価格もリーズナブルで手に取りやすくなっています。オイル式で寿命も長いので、満足感の高いエアーコンプレッサーでしょう。

畑や倉庫など家から離れた場所で使うときも、車に積んで持ち運びしやすい設計になっています。タイヤの空気入れや農機具の清掃、板材の塗装など、幅広く使いやすいと人気です。パワーがありつつ、軽めで扱いやすい家庭用エアーコンプレッサーをお探しの人は、ぜひ試してみてくださいね。


商品のステータス
  • 重量:18kg
  • サイズ:約540×360×540mm
  • タンク容量:25L
  • 最高圧力:0.78MPa(8㎏f/cm2)
  • 吐き出し排気量:47/56min 0.59Mpa

食品にも使える!オイルレス式エアーコンプレッサーのおすすめ機種3選

塗装に使ったり、食品に直接圧縮空気を吹きかけたいときには、オイルレス式のエアーコンプレッサーを選びましょう。ここからは、オイルレスのおすすめ機種を3種類解説します。機能面なども詳しく紹介するので、ぜひ検討する際の参考にしてくださいね。


1.エスケー11 オイルレス エアーコンプレッサー SR-102

SK11 オイルレス エアーコンプレッサー SR-102 タン...

大容量の30Lタンクに加え、55Lの吐出量を実現したハイパワーの家庭用オイルレスエアーコンプレッサーです。釘打ちやダスター用途のほか、インパクトレンチや小型スプレーガンなど、多彩に活躍してくれる使いやすい1台として高い人気を誇っています。

手が汚れにくいバルブ式ドレンコックや邪魔になりにくい縦向きハンドルは、エスケー11のエアーコンプレッサーならではの配慮。30Lタンク搭載ながらも、重量26kgで移動する際の負担も抑えられますよ。DIYにもしっかり使えるので、検討してみてください。


商品のステータス
  • 重量:26kg
  • サイズ:35.5x65x58cm
  • タンク容量:30L
  • 最高圧力:0.8Mpa
  • 吐き出し排気量:0.0Mpa時(50-60Hz)90-108L/min

2.高儀 EARTH MAN エアーコンプレッサー オイルレス

高儀 EARTH MAN エアーコンプレッサー オイルレス 静...

高儀のオイルレスエアーコンプレッサーは、静音タイプの家庭用エアーコンプレッサーです。ダブルピストンタイプで、2つのピストンが交互にエアーを押し出し、効率よくエアー充電できるようになっています。エアーツールを使ったDIY作業や、エアーブラシ・スプレーガンでのペイント作業、タイヤやボールなどの空気入れ作業に使いやすいタイプです。

タンク容量も39Lで多めなため、長時間安心して使えますよ。静音や、充電の早さを重視したい方は、ぜひこちらのオイルレスエアーコンプレッサーを使ってみてはいかがでしょうか。


商品のステータス
  • 重量:26.2kg
  • サイズ:約長さ670×幅380×高さ570mm
  • タンク容量:39L
  • 最高圧力:約0.8MPa
  • 吐き出し排気量:50Hz 120L/min 60Hz 137/min

3.シンセイ 静音オイルレスコンプレッサー

シンセイ 静音オイルレスコンプレッサー 30L EWS-30

静音タイプの家庭用オイルレスエアーコンプレッサーをご希望の人は、シンセイの『静音オイルレスコンプレッサー』もおすすめです。屋根や壁、小物類の塗装DIYや、ネギの皮むきなどの農作業、浮き輪やボールの空気入れなど、さまざまなシーンで使いやすい1台です。騒音の心配も少ない静音タイプで、夜間の作業にも使いやすいと人気です。

オイルレスなのでメンテナンスの手間があまりかからない上、電動工具にも負けないパワーを発揮してくれるエアーコンプレッサーなため、家庭用に初めて購入する1台としてもおすすめですよ。


商品のステータス
  • 重量:23kg
  • サイズ:約600×350×570mm
  • タンク容量:30L
  • 最高圧力:0.78MPa(8kgf/cm2)
  • 吐き出し排気量:75/85L/min

エアーコンプレッサーで充実したDIYライフを送ろう!

家庭用エアーコンプレッサーについてご紹介しましたが、参考になったでしょうか。エアーコンプレッサーは園芸やDIYなどで役立つ人気のアイテムです。性能面でも、軽い小型の使いやすいタイプから、オイルレスの静音タイプまで、さまざまな商品がそろっています。初めての方は、用途やサイズなどを事前に確認した上で、今回ご紹介した人気のおすすめ商品もチェックしてみましょう。ぜひ貴方にとって使いやすい、家庭用エアーコンプレッサーを見つけてくださいね。

【参考記事】電動ドライバーの選び方からおすすめ商品までを解説▽

お気に入り

注目の記事

関連する記事

best-cooler.reviews/best-stainless-steel-metal-cooler/

www.iwashka.com.ua

mazda.niko.ua