【2018版】軽量ノートパソコンのおすすめ人気特集。持ち運び可能な機種を厳選

持ち運び用のノートパソコン選びには、スペックはもちろん軽いかどうかも大切です。今回は、軽量をウリとしてPCの中から、ハイスペックな機種・低価格でも手に入るPCまで詳しく解説していきます。カフェや大学など、ノートパソコンを持って歩く人は軽い最強の機種をGETしましょう。

一番軽いのはどれ?おすすめの軽量ノートパソコンとは

一番軽いノートパソコン

ノートパソコンを持ち歩く、ビジネスマンや大学生にとって重量は非常に大切な要素ではないでしょうか。しかし、「軽い!」や「軽量で持ち運びやすい!」と宣伝いる機種はたくさんあり、一体どれが良いのか分からなくなっているのが現状でしょう。そこで今回は、本当におすすめの軽量ノートパソコンを15機種ピックアップしました。ただ、おすすめされるモデルを購入するだけではなく、まずはノートパソコンの基礎知識、選び方のポイントまで確認していきましょう。


軽量ノートパソコンを購入する上で知っておきたい基礎知識

ノートパソコンやタブレットなどのガジェット類は、購入する前に知っておくべき基礎知識が存在します。ここからは、PCのOSごとの特徴、メモリ、ストレージ(SSD)、CPUなどノートパソコンの基礎知識について解説。よくわからないという方は、モデル紹介の前にぜひ目を通してくださいね。


1. PCのOSとは

ノートパソコン選びにおいて、まず決めたいのは『OS』です。OSとは、“Operating System(オペレーティングシステム)”の略で、コンピュータの処理を管理している大切なプログラムのこと。OSによって、動かないソフト、使えない機器もありますので、お仕事でお使いの場合は注意したいポイントですね。

今回は、軽量ノートパソコンに主に搭載されているOSである、【WindowsOS・MacOS】を解説していきます。


Windows OSの特徴

人気のノートパソコンに多く採用されているOSが、『Windows OS』です。比較的古いソフトや機器でも動き、周囲でパソコンを使っている方がいればすぐに相談しやすいというのもメリットですね。購入するモデルに悩んだ場合は、『Windows OS』採用モデルを選べば、使い勝手で悩むことは少ないでしょう。


mac OS

近年、『iPhone』や『iPad』でお仕事されるようになった方の中には、『mac OS』搭載のMacに乗り換えた、買い足したという方も多いはず。iOS端末は同社製のノートパソコンとの相性も良い特徴があり、iPhoneで撮影した画像をすぐにMacで編集できるなど、オンラインストレージ『iCloud』を活用した、データの共有も強みですね。


2. PCのメモリとは

薄型のノートパソコンを選ぶ時に見逃せないのが、搭載可能なメモリと空きスロット数です。通常のモデルに比べ、購入後のメモリ増設が難しくなっているので、画像編集や動画制作をする場合には、メモリを多く積めるモデルを選んでください。

レビュー欄や個人のブログなどを見ると、そのモデルで使用できる相性が良いメモリを見つけられます。メモリを多く積むことで、複雑な処理を同時に行えますので、複数のソフトを同時に使う方も、メモリにはお金を掛けることを覚えておいて。


SSDとは

少し前までノートパソコンと言えば、ハードディスクをストレージに採用したモデルが大半でした。近年は、より高速で故障の少ない『SSD(ソリッドステートドライブ)』採用のモデルが多くなり、より薄く、持ち運びに適したノートパソコンが販売されています。

ハードディスクは物理的な衝撃に弱く、通勤時などの衝撃に故障してしまうこともありましたが、SSDなら、物理的な衝撃は考慮しなくても良い仕組みなので、安心して持ち運べるのがメリットですね。


3. ストレージとは

『ストレージ』とは、ノートパソコンにファイル等を保存するハードディスクやSSDのことを指します。この容量が多ければ、より多くのファイルを持ち運ぶことができますよ。

ストレージの容量が少ない機種は、外付けHDDなどを導入したり、クラウドストレージを活用することで、少ないストレージを採用したモデルも便利に活用できるでしょう。一般的にストレージの容量が大きい機種は高く、ハードディスク採用のモデルよりもSSD採用モデルの方が高くなる傾向があります。

【参考記事】大容量の動画を保存するなら外付けHDDのおすすめも合わせてチェックしてみて▽


4. CPUとは

搭載している『CPU』によって、ノートパソコンの性能は大きく変わってきます。一見すると同じモデルに見える場合でも、搭載するCPUよってマシン自体の処理速度や体感速度が異なりますので、可能であれば上位のCPUを採用したモデルを選びましょう。

同じシリーズで複数のラインナップがある場合は、真ん中のモデルを選ぶと、価格と性能のバランスがとれていることが多いです。画像編集、動画制作をする方は、予算と相談しながら、できるだけ最上位のモデルを選んで、快適な環境を手に入れましょう。


ノートパソコン選びで大切なこと

ノートパソコンの基礎知識の次は、ノートパソコンを選ぶ上で大切なポイントについて確認していきましょう。ノートパソコン選びは、

  1. PCの性能(CPU)
  2. メモリ
  3. 重さ
  4. インチ数
  5. MicrosoftOfficeの有無
  6. メーカー
  7. 価格

の7点を確認しておくことが大切です。ここからは7つのポイントについてさらに詳しく解説していきます。


1. PCの性能

PCの性能を決める要素は、いくつかあります。その中でもユーザーが後にアップグレードできないものの一つが、CPUですね。ノートパソコンの場合、省電力性と速度、どちらも求められることが多く、特に薄型パソコンではデスクトップに比べて、CPUの速度面では劣ることが珍しくありません。CPU性能と価格に納得して使えるノートパソコンを選びましょう。

【参考記事】WebカメラのないPCには、専用の機種を搭載しよう


2. メモリ

ノートパソコンにおいて、『メモリ』は作業する机のようなイメージです。搭載しているメモリが2GBしかないのと、16GBもあるのでは、同じ操作をするにも快適さが大きく異なりますし、場合によっては開けないファイルも出てくるでしょう。今使っている環境よりも高い容量のメモリを搭載したノートパソコンを選ぶことで、これまで以上に快適な環境を手に入れられますよ。


3. 重さ

持ち運ぶ機会の多いノートパソコン選びでは、『軽い』ということも選ぶ条件の一つです。購入前に、重量をよく確認して、実際に購入した場合をシミュレーションしてみましょう。

1kgがどのほどの重量か知りたい方は、500mlのペットボトルを2本用意してバッグに入れてみるのがおすすめ。ネットで購入する際は、「想像以上に重かった...。」と反省しないために、必ずチェックしておきましょう。


4. インチ数

ノートパソコン選びで外せないのが、インチ数です。デスクトップと違い、後で大きなサイズのモニタに交換ができないため、表示領域(ピクセル)とインチ数にはこだわってください。

また、高級なモデルでは高精細な液晶を搭載し、快適な作業環境を持ち運びできます。ビジネス利用なら、少し表示領域が広いモデル、画面が大きめなものを選ぶとEXCELなどを使う時に便利ですね。


5. MicrosoftOfficeの有無

多くの人にとって、ノートパソコンを購入する理由になるのが、『MicrosoftOfficeの有無』でしょう。今は、「Office 365」という月額制のOfficeもありますが、最初からインストールされているモデルであれば、月額費用が掛からないケースもあります。Officeなしモデルを購入し、サードパーティ製のオフィスソフト(LibreOfficeなど)で代用するのも良いでしょう。


6. メーカー

メーカー毎に特徴あるノートパソコンを発売していることもあり、今お使いのメーカーが気に入っている方は、同じメーカーの薄型ノートパソコンを購入されても良いでしょう。キーボードの配列やアクセサリ類の充実、手厚いサポートなど、メーカーによって特色が違ってます。この記事でもメーカーごとにおすすめモデルをご紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。


7. 価格

とにかく格安でノートパソコンを欲しいという場合でも、薄型で軽量となると、お値段は高めになります。10万以下のノートパソコンは、まだまだ厚みがあり、重い機種が多いため、10万円、もしくはそれ以上の予算を確保すると良いでしょう。型落ち品を狙うのも良いですが、新製品は改良を加えられているケースもあるため、できるだけ新しいモデルを購入することをおすすめします。


【2018最新】持ち運びやすい!おすすめの軽量ノートパソコン15選を厳選

軽いノートパソコンのおすすめ

軽量ノートパソコンのおすすめ15選として、『ハイスペック』、『コスパ重視』、『大学生から社会人までおすすめモデル』の3つの視点で、5モデルずつご紹介します。予算が限られる方でも安心して買えるモデル、お仕事に大活躍のハイスペックモデル、プレゼントや自分用に選びたいモデルが揃っていますので、ぜひお役立てください。


ハイスペックの軽量ノートパソコン5選

ノートパソコンに求めるのは安さではなく、『ハイスペック』という方に向け、ハイスペックの軽量ノートパソコンを5モデルご紹介します。使用用途に応じて、どの機能を重視するのか、あらかじめリスト化してチェックしていきましょう。


1.LG ノートパソコン Gram 15Z970-GA77J

【Office Home&Business 2016 ...

USB Type-C搭載の薄型ノートパソコンで、社会人に嬉しい『Microsoft Office 2016』付き。MicroSDカードリーダー、USB3.0と2.0の端子も装備しているだけでなく、HDMI端子も搭載しているため、軽量コンパクトながら、豊富な端子数を誇ります。

重さは約1,090gと軽いモデルで、画面サイズは15.6インチとなっており、デザインなどの用途にもおすすめできますね。このモデルのOfficeにはPowerPointも含まれますので、プレゼンを行うことが多い方にも使いやすいモデル。


商品のステータス
  • OS:Windows 10 Home 64bit
  • CPU:インテル® Core™ i7-7500U プロセッサー/動作周波数:2.7GHz
  • メモリ:DDR4L-2133 8GB(8GB×1)
  • 本体重量:1,090g
  • 本体サイズ:357.6×228.4×16.8
  • 本体インチ数:15.6インチ
  • MicrosoftOffice(購入時):Office Home&Business 2016

【参考記事】合わせてみてほしい「SDカード」のおすすめ商品とは


2.HP Spectre x360 13-ac000

HP Spectre x360 13-ac000 (Windo...

『Core i7』を搭載したハイスペックな軽量ノートパソコン。Core i7搭載のノートパソコンであれば、動画編集ソフトなど重いアプリを多重で起動した場合でもスイスイ処理してくれますよ。また、SSDを採用していることもあり、起動時間は10秒と爆速です。15時間もバッテリー駆動ができ、お仕事で利用する方にもおすすめですね。

ファストチャージ(急速充電)機能により、30分の充電で7.5時間使用することができます。IPSパネルの4Kモニタは動画鑑賞やグラフィックの編集、動画制作などにも向いていますね。タッチパッドも大きめなので、操作性も良いモデルです。


商品のステータス
  • OS:Windows10Home
  • CPU:インテル Core i7-7500U プロセッサー (2.70-3.50/4)
  • メモリ:16GB オンボード
  • 本体重量:1.31kg
  • 本体サイズ:記載なし
  • 本体インチ数:13.3インチ
  • MicrosoftOffice(購入時):なし

【参考記事】タッチペンを使えば、パッドをより有効活用できます


3.VAIO S13 VJS1311GEA1B

【3年保証/Officeセット】VAIO S13 VJS131...

ノートパソコンは持ち運ぶ機会が多いこともあり、可能であれば長期の保証があるモデルを選びたいところ。VAIOより販売されているこちらのハイスペックノートパソコンは、3年保証も付き、安心して使えますね。液晶は小さめですが、フルHDの高画質仕様になっているため、拡大すれば細かな計算式なども問題なく確認可能。Webカメラ付きでビデオ通話にもおすすめです。

オンボードメモリのため増設はできませんが、コンパクトで薄型なので、用途を限定し活用したいですね。何より、VAIOのPCがお好きな方にはおすすめの一台です。厚みも1.8cmと薄いので通勤カバンにも入れられるサイズ。カバンの中でも邪魔になりません。


商品のステータス
  • OS:Windows7 Professional 64bit
  • CPU:Corei7-6500U 2.5GHz
  • メモリ:8GB(オンボード 増設不可)
  • 本体重量:1.06 kg
  • 本体サイズ:32.2×1.8 cm
  • 本体インチ数:13.3インチ
  • MicrosoftOffice(購入時):なし(Think Free Office)

4.Microsoft (マイクロソフト) Surface Pro LTE Advanced [Office付き/12.3型/Core i5/256GB/8GB/ペン非同梱モデル] GWM-00009

Microsoft (マイクロソフト) Surface Pro...

ノートパソコンを探している方で、特に薄さにこだわる方におすすめしたいモデル。正確にはタブレットにカテゴリ分けされるのですが、Surface Proはビジネスにも安心して使える性能があります。ファンレス設計ですので、動画編集や音楽制作などファンノイズを気にする環境や業種に最適なモデルですね。

本体の厚みは僅か8.45mmで768gと軽いモデルで、女性にもおすすめです。特におすすめなのがイラスト制作などの用途で、ペンタブレットの上位機種と遜色ない筆圧検知ができ、イラスト用に購入するのも良いでしょう。


商品のステータス
  • OS:Windows 10 Professional 64bit
  • CPU:Core i5
  • メモリ:8G
  • 本体重量:768g
  • 本体サイズ:29.2cm×20.1cm×0.85cm
  • 本体インチ数:12.3インチ
  • MicrosoftOffice(購入時):Office Home & Business 2016

5.dynabook PV82BMP-NJA

東芝 高性能モバイルノートパソコン dynabook オニキス...

薄いタイプのノートパソコンで持ち運びしやすいものをお探しなら、バッテリーの持ち時間も気になる所。こちらのモデルは連続で約17時間使用でき、顔認証機能も備えるハイスペック機です。12.5インチとコンパクトな本体と2in1ならではの使いやすさ、そしてタッチペンが付いていますので、すぐにお仕事や趣味に活用できるのも嬉しいですね。

商談や打ち合わせなどにもぴったりのモデルです。メモリも8GB積んでいますので、少し重ためのグラフィック処理や、ちょっとした趣味やお仕事のイラスト程度ならば難なくできるでしょう。


商品のステータス
  • OS:Windows 10 Home 64ビット
  • CPU:Core i7-7500U 2.7Ghz
  • メモリ:8GB(増設不可)
  • 本体重量:1.1kg
  • 本体サイズ:21.9×29.9×1.5 cm
  • 本体インチ数:12.5インチ
  • MicrosoftOffice(購入時):記載なし

予算5万円で買えるコスパ最強の軽量ノートパソコン5選

「軽量で持ち運びやすいノートパソコンを欲しい!」と思ってはいるものの、購入予算はできるだけ抑えたい方も多いはず。ここからは、新品では難しいですが、予算5万円以内で購入できる軽量ノートパソコンを5モデルご紹介します。コスパ最強の薄型機種をお求めの方は、ぜひチェックしてみてください。


1.NEC Ultrabook VK19SG-F

画像検索できなし

ノートパソコンを選ぶ際に、選択肢の一つとなった『Ultrabook』を狙うと良いでしょう。Ultrabookは2011年ごろより、インテルが主導し広めたノートパソコンの新しい形ですが、発売当初のモデルを狙うのも良いですね。

中古購入する場合には、キーボードに使用感のあるモデルが多いので、カバーを購入するか、お値打ちに入手してキーボード交換を業者に依頼するのがおすすめ。こちらのモデルは、メール返信やちょっとした文書作成などに活用でき、SSD採用なので起動も速いのが強みです。Windows10搭載で、まだまだ安心して使える軽いノートパソコンですよ。


商品のステータス
  • OS:Windows 10 Pro 64bit
  • CPU:Core i7-3517U 1.9Ghz
  • メモリ:4GB
  • 本体重量:875g
  • 本体サイズ:31.3cm×20.9cm×1.49cm
  • 本体インチ数:13.3インチ
  • MicrosoftOffice(購入時):Office 2010

2.CHUWI Lapbook Air

CHUWI Lapbook Air ノートパソコン 14.1イ...

国内メーカー、有名メーカー品となるとどうしても、中古の選択肢を選ばざるを得ません。中国のコスパ最強メーカー『CHUWI』なら、新品で高解像度のディスプレイ(FHD解像度)、バックライト付きのキーボード、オールメタルボディーなどを備えた薄型ノートパソコンをGETできますよ。

安価なモデルは、端子の少ないことが多いですが、こちらのもモデルは、USB3.0やMini HDMIなど、基本的な端子を備えており、入出力端子で困ることは少ないでしょう。画面サイズは14.1インチ、SSDは128GBを搭載していますので、安いながらもしっかりとした基本性能があります。新品の軽量ノートパソコンを安い価格で手にいれたい方は、海外メーカーも視野に入れておくことをおすすめします。


商品のステータス
  • OS:Windows 10 Home 64 bit
  • CPU:Celeron N3450(1.10~2.20GHz)
  • メモリ:8GB
  • 本体重量:2.28kg
  • 本体サイズ:21.4×1.4 cm
  • 本体インチ数:14.1インチ
  • MicrosoftOffice(購入時):記載なし

3.Lenovo ideapad 120S 81A50085JP

Lenovo ノートパソコン ideapad 120S 14....

ノートパソコンを持ち運ぶ時に重視するポイントは、人それぞれ。でも、ただの仕事道具としてだけでなく、見た目のおしゃれさ、デザイン性も考慮して選びたいですね。

よくカフェなどでノマドスタイルでお仕事している方がいますが、こちらのように落ち着いたカラーのモデルなら、どんな方が使ってもクールな印象を与えます。お仕事用に会社から支給されたものを使っている方も、一台サブで持っていても良いですね。1.44kgと超軽量ですので、女性でもカバンにそっと忍ばせて、いつでもお仕事ができるでしょう。


商品のステータス
  • OS:Windows 10
  • CPU:Intel Celeron 1.1 Ghz
  • メモリ:4096 MB
  • 本体重量:1.44kg
  • 本体サイズ:33.4cmx1.9 cm
  • 本体インチ数:14インチ
  • MicrosoftOffice(購入時):なし

4.ASUS 2in1 R105HA R105HA-GR049T

ASUS 2in1 ノートパソコン R105HA/10.1型【...

「ノートパソコンは軽くないと」という方におすすめのモデルで581gと軽く、外出先でも使いやすいです。ASUS TransBookシリーズの一つで、いわゆる2in1タイプなのですが、ハードに活用する方にとってもおすすめできます。

一般にノートパソコンはキーボード故障の際の修理が難しく、買い替えた方が良いと判断されることが多いのではないでしょうか。こちらの軽量ノートパソコンを選べば、買い替えることなく、キーボード部分だけ交換すれば良いので、データ移行などの手間もありません。また、見た目にこだわらなければ、社外品のBluetoothキーボードで代用することもできます。


商品のステータス
  • OS:Windows 10 Home 64 bit
  • CPU:Atom x5-Z8350 ( 1.44GHz / 最大 1.92GHz )
  • メモリ:4 GB (DDR3L-1600 ) / eMMC:64 GB
  • 本体重量:581g
  • 本体サイズ:26.1cm×0.9cm
  • 本体インチ数:10.1インチ
  • MicrosoftOffice(購入時):あり

5.KEIAN WiZBOOK KBM14HD

KEIAN WiZBOOK ノートPC フルHD 14.1イン...

ノートパソコン選びをしていると、良い機種を選ぶのが難しく感じることがあります。特に初めて購入する場合だと、「薄型、軽量は外せない!」と言いつつも、目に映るのは高いモデルばかり。そんな方は、まず最低限の性能のモデルから慣れていくというのもおすすめです。

このモデルは液晶にIPS方式を採用しており、動画視聴や文書作成などにも最適ですので、ビジネスユーザーから趣味用途まで最適のモデルですね。パソコンの頭脳であるCPUにも、クアッドコアを採用していますので、限られた予算で購入する中ではかなりパワフルな性能を持ちます。


商品のステータス
  • OS:Windows10
  • CPU:Intel ATOM x5-Z8350 1440 MHz(クアッドコア)
  • メモリ:4096 MB
  • 本体重量:1.2kg
  • 本体サイズ:32.9×2cm
  • 本体インチ数:14.1インチ
  • MicrosoftOffice(購入時):Kingsoft Office

ビジネスマンから大学生までおすすめの軽量ノートパソコン5選

ここからは、ビジネスマン・大学生におすすめの軽量ノートパソコンを5機種ご紹介します。色々な用途で使える万能モデル、広くおすすめしやすいモデルを選びましたので、プレゼント用にもぜひご活用ください。


1.APPLE MacBook MK4M2J/A

APPLE MacBook (1.1GHzデュアルコア Int...

Apple社製のノートパソコンを欲しい方は多いはず。MacBookはエントリークラスのノートパソコンですが、十分な性能とデザイン性の高さ、薄いフォルムが支持されています。メモリが最大8GBまでしか積めないため、用途を限定した利用になってしまいますが、文書作成やネットの閲覧程度であれば十分に使えますね。

バッテリーの持ちも9時間と、カフェでノマドスタイルをするには丁度いい長さですし、ゴールドのきょう体はひときわ目立つでしょう。プレゼントの場合は、スリーブケースやキーボードカバーなども一緒に選ぶと、喜んでくれます。


商品のステータス
  • OS:Mac OS X
  • CPU:デュアルコア Intel CoreM(1.1GHz)
  • メモリ:8GB
  • 本体重量:921g
  • 本体サイズ:28cm×1.3 cm
  • 本体インチ数:12インチ
  • MicrosoftOffice(購入時):なし

2.APPLE MacBook Air MQD32J/A

アップル 13.3インチ MacBook Air(1.8GHz...

こちらもApple製の軽量ノートパソコンです。次期モデルの発表が長らくない『MacBook Air』シリーズですが、今なお根強い人気があります。モデルとしては、MacBookの方が新しいのですが、やはり登場当初の薄さ、印象の強さから多くの方から支持されていますよ。

Apple製品はディスコンであっても、値下がりが少ないため、新モデル購入時には売却して購入費用の一部にすることもできます。バックライトキーボードやWebカメラを搭載するなど、今でも十分通用する充実のスペックですので、自信を持っておすすめできますね。


商品のステータス
  • OS:Mac OS X
  • CPU:Intel Core i5(1.8Ghz)
  • メモリ:8GB
  • 本体重量:1.35kg
  • 本体サイズ:32.5×1.7 cm
  • 本体インチ数:13.3インチ
  • MicrosoftOffice(購入時):なし

3.Surface book SX3-00006

マイクロソフト Surface book 13.5型ノートPC...

Windowsの開発元として知られる、Microsoftのおすすめ軽量ノートパソコンです。あまり知られていないかもしれませんが、Microsoftはマウスやキーボードも製造しており、特にキーボードの評判が高く、自信をもっておすすめできるモデルですね。

Surfaceは、持ち運びしやすいということもあり、あまり荷物を増やしたくないビジネスマン、教科書が多めの大学生にもおすすめできます。特にこちらのモデルは、イラストやデザイン、美術系の学生に最適ですね。筆圧検知のペンがついていますので、ビジネス利用にもクリエイティブな作業にも向いているモデルですよ。


商品のステータス
  • OS:Windows 10
  • CPU:Core i5
  • メモリ:8GB
  • 本体重量:1.51kg
  • 本体サイズ:記載なし
  • 本体インチ数:13.5インチ
  • MicrosoftOffice(購入時):記載なし

4.LG gram 15Z980-GR55J

LG ノートパソコン gram 1095g/Core-i5/1...

1,095gと軽量ながら、ビジネスにも勉強にも最適な15.6インチの液晶を備えている、ノートパソコンです。Core i5採用ということで、ある程度重たい処理もできますので、サブPCというよりもメインとしても活用できるでしょう。

持ち運びの機会が多い軽量PCにとって、耐久性も重要ですよね。こちらのモデルは『米国国防総省制定』準拠の試験をクリアしており、衝撃や振動、高温(低温)、粉塵など過酷な環境でも安心して使えます。液晶のベゼルも極狭なのも嬉しいポイント。薄さと軽さの両方を実現し、スペックも申し分ない社会人にも使いやすいモデルですよ。


商品のステータス
  • OS:Windows10 Home 64bit
  • CPU:Core i5-8250U(1.6GHz、3.4GHz)
  • メモリ:4GB / 最大8GB
  • 本体重量:1.095kg
  • 本体サイズ:35.8cm×1.7 cm
  • 本体インチ数:15.6インチ
  • MicrosoftOffice(購入時):記載なし

5.mouse MT-WN1201E

【マインクラフトバンドル】mouse 2in1 タブレット ノ...

2in1ノートパソコンのメリットは、”薄い”という点。ある程度の厚みがあるモデルだと、より高性能なCPUや大容量のメモリを搭載できますが、持ち運びやすさ、軽量性を兼ね備えているのは、やはり2in1です。

こちらのモデルは、クアッドのCPU(Core i5)を搭載しており、かなり重たい動作も処理できます。学業にも、ビジネスユースにもおすすめできる軽量ノートパソコンです。『Minecraft for Windows10』を付属しており、オンラインゲームにも対応できる充実マシンパワーを持ったモデルですよ。


商品のステータス
  • OS:Windows 10
  • CPU:Celeron(1.1 GHz)
  • メモリ:4000 MB
  • 本体重量:1.2kg
  • 本体サイズ:28.3×0.8cm
  • 本体インチ数:12インチ
  • MicrosoftOffice(購入時):

薄型ノートパソコンのおすすめメーカーを5社ご紹介

ここからは、軽量の薄型ノートパソコンを販売する人気メーカーを5社ご紹介します。ビジネスマンはもちろん、大学生からも人気の高いメーカーばかりですので、プレゼント用やご自身用に、ぜひ候補に入れておきましょう。メーカーの特徴をよく把握して、パソコン選びの参考にしてくださいね。


おすすめメーカー1. Apple

『Apple』のノートパソコンは、iPhoneユーザーだけでなく、ビジネスマン、大学生共に人気です。MacBook AirやMacBookが人気で、購入時からPagesやKeynoteといったApple謹製のアプリが入っていますので、すぐにお仕事や学業に活用していただけるでしょう。予算としては、10万円台〜20万円台位を用意しておけば、お気に入りのモデルを手に入れることができますよ。


おすすめメーカー2. Microsoft

Windowsの開発元として知られる『Microsoft』のノートパソコンは、特にイラストを趣味やお仕事とする方に人気です。同社の主力はSurfaceシリーズで、30万円台から10万円以下まで幅広くラインナップされており、筆圧検知ができるペンも付属しているモデルもあり、すぐに創作に活用できるでしょう。


おすすめメーカー3. 東芝

海外への輸出用ノートパソコンとしても人気の『東芝』は、dynabook Tabなどの薄型モデルをラインナップしています。お絵かき用PCとして購入する方も多く、Surfaceの上位版を購入する余裕がないという場合や、ちょっとしたプレゼントに購入しやすいモデルといえるでしょう。10万円程度の予算で購入できるのも魅力的なポイントです。


おすすめメーカー4. HP

サーバー用のPCなども販売している『HP(ヒューレット・パッカード)』製のノートパソコンは、HP Eliteシリーズなどをラインナップしており、比較的お求めやすい価格設定が魅力です。20万円台のモデルもありますが、多くのモデルが10万円以下の予算で購入できますので、大学生や社会人の一台目にもおすすめですね。薄くスタイルッシュで軽いモデルも多く揃います。


おすすめメーカー5.Panasonic

ビジネスマン、大学生問わず人気のノートパソコンを発売しているのが、『Panasonic』です。Let's NoteシリーズやTOUGHPADをラインナップしており、タフに使いたいならば、少し予算を確保して20万円台クラスのLet's Noteをおすすめしたいですね。落下や側圧にも強い設計ですので、比較的扱いが乱雑という方でも安心してどこでも使いやすいモデルです。


持ち運び性能◎。軽量ノートパソコンで充実したPCライフを。

薄型ノートパソコンのおすすめ機種をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。メーカー毎に特色あるモデルや、重量が軽い、ベゼルが薄いモデル、お値打ちモデルをラインナップしていますが、なかなか一台に決められない方も多いはず。この記事を参考に、あなたが満足できる一台を是非選んでいただければ幸いです。

まずは、メーカーごとの特色から確認し、その上でレビューを参考に機種選定をしていただくと良いでしょう。社会人のビジネスシーンに学業に活用できる一台を探すヒントに、この記事がなることができれば嬉しいです。

【参考記事】ノートパソコンの最強機種をご紹介します▽

【参考記事】熱さはPCの大敵。しっかりと冷却して処理速度を保とう!▽

【参考記事】Bluetoothキーボードのおすすめ機種を厳選▽

お気に入り

注目の記事

関連する記事

https://militarycenter.com.ua

https://jaamboo.com.ua

coop-menkyo.jp