ワイシャツのおすすめ宅配クリーニング3選。料金・日数・お手入れ方法まで解説

パリっと糊の利いた綺麗なワイシャツを着ているビジネスマンというのは、それだけで「信頼できそう」「仕事が出来そう」という印象を人に与えるものです。ここではワイシャツをクリーニングに出したときの費用や必要な日数の目安をはじめ、日頃おこなえる簡単なお手入れ方法などを紹介していきます。

ワイシャツをクリーニングに出す目安は?

ワイシャツのおすすめ宅配クリーニング

ワイシャツをクリーニングに出す理想的な頻度は「1週間に1回〜4ヶ月に1回位」。意外に少ないように感じられるかもしれませんが、これは複数のワイシャツを着まわすことを前提とした頻度になります。シーズン毎に5枚位のワイシャツをローテーションするようにしましょう。


ワイシャツを長持ちさせるためのクリーニングは主に3種類

いつも清潔なワイシャツの状態を維持するための、クリーニングの方法は主に3つあります。ここではそれぞれのクリーニング方法の費用の目安や必要な日数をはじめ、それぞれのメリット・デメリットを紹介していきます。


ワイシャツをクリーニングする方法① 店舗型のクリーニングへ持ち込む

毎日のように着る機会のあるワイシャツは、衣類の中でもとくに使用頻度が高いので店舗型のクリーニング店を利用しているという人も多いのではないでしょうか。近所や通勤途中にクリーニング店があるという人には、とても便利で頼もしい存在ですね。最近ではクリーニング専門店以外にも、コンビニやスーパーに併設されたクリーニング店舗も続々と誕生しており、以前よりもさらに利用しやすくなりましたね。


仕上がりまでの平均日数と費用

ワイシャツを店舗型のクリーニングに出したときの平均日数と費用は次のとおりです。平均日数ha2日~3日ほど店舗によっては即日サービスもあります。費用の目安は1着あたり150円程度で、最安値店舗だと100円を切るところもあるようです。


店舗型クリーニングのメリット・デメリット

店舗型クリーニング店のメリット・デメリットをまとめると以下の通りになります。

  • ▲メリット

  • 対面式なので細かい要望や希望を伝えることができる。

  • 急ぎの場合でも店舗に持ち込めばクリーニングしてもらえる。

  • 送料が必要ないので費用が安くすむ。

  • ▲デメリット

  • 自分で衣類を持ち込まなくてはならない。

  • 営業時間中に利用しなくてはならないので、忙しい人は利用しづらい。(一般的なクリーニング店の営業時間は10時~19時)


ワイシャツをクリーニングする方法② 宅配クリーニングに依頼する

仕事を持っていてなかなか店舗型のクリーニング店の営業時間中に、クリーニングを出すことや受け取ることが難しい人。介護や育児で自宅を空けることが難しい人は、宅配クリーニングがおすすめです。宅配クリーニングを利用すれば自宅に居ながらにして自分が希望する日時にクリーニングを出すことも、受け取ることも可能です。


仕上がりまでの平均日数と費用

ワイシャツを宅配クリーニングに出したときの平均日数と費用は平均日数としては1週間程度かかり、費用の目安はワイシャツ一枚あたり250円~600円程度(1度に大量のクリーニングを依頼することで1枚当たりの単価を抑えることが可能)を想定しましょう。


宅配クリーニングのメリット・デメリット

宅配クリーニング店のメリット・デメリットをまとめると以下の通りになります。

  • ▲メリット

  • ワイシャツを直接店舗へ持ちこむ必要がないので時間の節約になる。

  • 自分の都合に合わせて集荷・受け取りが可能。

  • 自宅を留守にしなくてもよい。

  • 長期保管してもらうこともできる。

  • ▲デメリット

  • 送料が必要になるので店舗型と比較すると費用が割高となる傾向がある。

  • 急ぎのクリーニングには対応ができない。

  • クリーニングに出す量が少ないほど1枚あたりの費用が高くなる。


ワイシャツをクリーニングする方法③ 自宅で洗う(手入れをする)

クリーニング店や宅配クリーニングを利用する以外の方法として、自宅でワイシャツを洗濯するという方法があります。最近は家庭用洗濯機や洗濯用洗剤も進化しており、クリーニング店並みとまではいかなくとも、十分にワイシャツを綺麗にすることは可能です。


とはいえ難しいので、おすすめはできない

家庭でもワイシャツを洗濯することは可能とはいっても、忙しいときやお天気の悪い日が続いたときなどには大変ですよね。洗濯したワイシャツをアイロンがけする時間もなくて、ヨレヨレでシワだらけのワイシャツ着て出社しなければならないというようなことも考えられるので、やはりワイシャツクリーニングはプロの手に任せたいところですね。


日頃からできるワイシャツのお手入れで長持ちさせよう。

他の衣類に比べて使用頻度の高くなるワイシャツですが、正しいお手入れを行うことで通常よりも長く着続けることができます。ここでは日頃からできるワイシャツを長持ちさせるためのポイントをいくつか紹介します。


簡単なお手入れ法① 太めのハンガーに吊るす

ワイシャツを吊るすときには、肩の部分にしっかりと厚みのある太めハンガーがおすすめです。太めのハンガーを使うことで、「全体にほどよいバランスで重みがかかるので、シワが伸びる」、「肩の部分の形がくずれない」といったメリットがあります。ワイシャツの形を綺麗に維持する為には、さらに第2ボタンか第3ボタンを留めるようにするとよいでしょう。


簡単なお手入れ法② シミや汚れができていないか確認する

ワイシャツを洗濯機へ入れる前には、シミや汚れができていないか確認しましょう。もし汚れている部分があるようでしたら、そのまま普通に洗濯機で洗うだけでは汚れが落ちません。手間はかかってしまいますが、事前にきちんと前処理をおこないましょう。洗濯機へ入れるまえに、汚れている部分をぬるま湯で丁寧に手洗いしておくだけでも、仕上がりの綺麗さは大きく違ってきます。


簡単なお手入れ法③ 襟と袖が変色していないか特にチェックする

ワイシャツの襟や袖口は、肌が直接触れる部分なので汗や皮脂によって汚れる可能性がとても高くなる部分です。そのため洗濯するときには、襟と袖口が変色していないか特にチェックしてみてみましょう。それ以外にも、ワイシャツの前身ごろの下腹部なども食べ物や飲み物による汚れが付きやすい部分なのでチェックしてみましょう。


【忘れずチェック】ワイシャツをクリーニングに出す前に確認すべきこと

シーズンの終わりや長期保管する前には、必ずワイシャツをクリーニングに出しておきましょう。ここではワイシャツをクリーニングに出す前に確認しておくべきポイントをいくつか紹介します。どれも簡単なことなので短時間でチェックできますよ。


確認すること① ポケットの中を確認する

ワイシャツをクリーニングに出す前には、ポケットの中に何か入っていないか確認するようにしましょう。ティッシュやレシートが入っていたら溶けて大変なことになってしまいますし、クリップやペンなどが入っていると布地を痛めてしまう原因になります。


確認すること② シミやほつれはないか

クリーニングに出す前には、しみやほつれも確認するようにしましょう。ほつれをそのままにしてクリーニングに出してしまうと、その部分をさらに痛めてしまうことにもなります。また、事前にシミを確認していれば、「この部分のシミを落として欲しい」と具体的な要望を出すことができますよ。


確認すること③ ボタンは取れかかってないか

ワイシャツのボタンが取れかかっていないかもチェックしましょう。一般的にクリーニング店ではワイシャツのボタンの紛失や破損までは保証してくれません。ボタンが取れかかった状態のままクリーニングに出してしまうと、作業工程の過程でボタンが紛失、破損してしまう可能性が高くなってしまいます。


宅配クリーニングを利用すれば、忙しくてもワイシャツがきれいに。

仕事が忙しくてクリーニング店にワイシャツを出しにいく暇がないという人や自宅で洗濯する余裕がないという人は、宅配クリーニングを利用しましょう。宅配クリーニングならば自分の希望するときに集荷・受け取りが可能ですよ。


ワイシャツクリーニングにおすすめのサービス1. リナビス

ワイシャツのおすすめ宅配クリーニングにリナビス.jpg

リナビスは創業56年の老舗クリーニング店。「おせっかい」をコンセプトにしており、誰もが大満足できるサービスを提供してくれています。お店の自慢は職人歴40年以上の大ベテランによる高品質なクリーニング。なんとシミ抜きやほつれ修理、ボタン修理なども無料でおこなってくれるサービスの良さ。質の良いサービスを提供できるように、あえて会員数を1万人以下にしているというから驚きですね。


リナビスのおすすめポイント

リナビスは無料8大おせっかいというとても魅力的なおすすめポイントがあります。その内容は以下の通り。

  • 送料無料

  • 無料6ヶ月保管

  • シミ抜き、ボタン修理、ほつれ修理、クリーニング相談、毛玉取り、再仕上げがすべて無料。

宅配クリーニングにおいて送料無料は本当に驚きですね。ワイシャツクリーニングも20点パックだと1枚あたり840円からと、良心的な値段でベテランの職人さんたちの手による高品質なクリーニングを提供しています。


リナビスの詳細
  • 集荷- 配達可能エリア:全国対応
  • 送料:無料(一部離島3,240円)
  • 料金設定:5点7,800円 10点10,800円 20点18,800円
  • 仕上がり期間:最短5日後
  • 長期保管サービス: あり 6ヶ月無料
  • しみ抜き: あり
  • ハンガー仕上げ:あり
  • 詰め放題サービス:あり
  • 高級ブランド受付:要確認
  • 申込方法:電話 専用サイトフォームから(要会員登録) 
  • 支払い方法:クレジットカード、コンビニ、郵便局、銀行払い、代金引き換え


ワイシャツクリーニングにおすすめのサービス2. Lenet(リネット)

ワイシャツのおすすめ宅配クリーニングにリネット.jpg

リネットは宅配クリーニングの強みを生かして、無店舗経営によるローコスト実現しているのが大きな特徴。衣類の種類や素材別にハイグレード洗剤を使い分けており、抗菌・防臭、サラッと仕上げるなど仕事にも強いこだわりをもった宅配クリーニングです。クリーニング品質の高さから、多くのアパレルブランドにも選ばれている信頼出来る会社です。


Lenet(リネット)のおすすめポイント

リネットの最大のおすすめポイントは、実店舗を持たないので宅配クリーニングでありながら、店舗型のクリーニング店と同等の料金でクリーニングができるという点です。またオプション加工のメニューも撥水、ウェット、リファイン、花粉ガードなどいろいろあって豊富です。さらに、日本全国どこからでも(北海道、沖縄含む)注文が可能で、コンビニ発送ならば24時間いつでも依頼できるというのは、ユーザーにとっては魅力的ですね。


Lenet(リネット)の詳細
  • 集荷- 配達可能エリア:全国対応
  • 送料:一定価格以上の注文で送料無料(北海道- 沖縄2,600円)
  • 料金設定:ワイシャツ1枚290円
  • 仕上がり期間:プレミア会員 最短2日 通常会員 7日
  • 長期保管サービス:あり
  • しみ抜き:あり
  • ハンガー仕上げ:あり
  • 詰め放題サービス:なし
  • 高級ブランド受付:要相談
  • 申込方法:ネットの専用フォームより
  • 支払い方法:クレジットカード、代金引き換え


ワイシャツクリーニングにおすすめのサービス3. Nexcy(ネクシー)

ワイシャツのおすすめ宅配クリーニングにネクシー.jpg

ネクシーは80年以上の実績とノウハウを活かして、安心と品質の高いクリーニングを提供している宅配クリーニングです。衣類に合わせた洗い方で徹底的に汚れを落とし、すべて手仕上げという丁寧な仕事。落ちるシミであればとことんまでシミ抜きして貰えて、しかも無料というユーザーに嬉しいサービスがたくさんある宅配クリーニングです。


Nexcy(ネクシー)のおすすめポイント

ネクシーは無店舗経営を導入しているので料金の安さが大きなおすすめポイントです。会員登録するとさらにお得な値段でワイシャツやスーツをクリーニングに出すことができますよ。また、自分で段ボールを準備することなく、送付用キットの中にクリーニングに出したい衣類をそのまま入れるだけで集荷できるのも、仕事や育児に追われている主婦にはとても魅力的ですね。再仕上げや、シミ抜きも無料。クリーニングに関する相談は、プロがなんでも丁寧に応えてくれます。


Nexcy(ネクシー)の詳細
  • 集荷- 配達可能エリア:全国対応
  • 送料:一定金額以上で送料が無料 
  • 料金設定:ワイシャツ1枚350円
  • 仕上がり期間:最短3日
  • 長期保管サービス:あり 3月初旬〜8月末日まで
  • しみ抜き:あり
  • ハンガー仕上げ:あり
  • 詰め放題サービス:なし
  • 高級ブランド受付:対応可能 要確認
  • 申込方法:インターネット
  • 支払い方法:クレジットカード、代金引き換え


クリーニングから戻ってきたワイシャツにすべきこと

クリーニングに出したワイシャツが戻ってきたら、すぐに使用・保管するのではなく汚れの落ち具合も含めてきちんとワイシャツの状態を確認することが大切です。ひょっとしたら大切にしているワイシャツに思わぬトラブルが起きているかもしれませんよ。


その① ワイシャツのチェックをする

無事にクリーニング店からワイシャツが戻ってきたら、それだけで安心してしまう気持ちは分かりますが、まずはどれくらい綺麗になっているのかも含めワイシャツのチェックをおこないましょう。依頼する前にはなかった傷やほつれなどはありませんか。


なぜ、隅々までチェックするの?

クリーニング店によっては洗い直しにも対応してくれるので、自分の目で隅々まで戻ってきたワイシャツをチェックして気になる箇所は依頼をした店舗へ相談するようにしましょう。汚れやシミの落ち具合をよく観察することで、そのクリーニング店の実力も知ることができます。


その② ビニールなどのカバーは外して保管する

クリーニングから戻ってきたワイシャツにはビニールやカバーがしてありますが、保管するときには必ず外してからにしましょう。このカバーは、クリーニング店がお客さんに衣類を返却する際に汚れが付着するのを防ぐのが目的なのであり、保管するためにかけているものではありません。


なぜ、ビニールは外した方がいいの?

ビニールをしたままの方が保管するには良いのではと考える人もいるかもしれませんがそうではありません。ビニールを外さずに保管してしまうと、クリーニングの際に使用されたベンジンのニオイがワイシャツに染みついてしまったり、湿気がこもってしまいカビが発生する原因となってしまいます。


その③ 全てのボタンを留め、たたんで保管する。

クリーニングから戻ってきたワイシャツは綺麗に折りたたんでから保管するようにしましょう。ワイシャツを綺麗にたたむ為のポイントは、すべてのボタンを留めてからたたむことです。面倒かもしれませんがこの一手間で、いつもよりきれいにたたむことができますよ。


なぜ、全てのボタンを留める方がいいの?

ワイシャツのボタンを留めずにたたみはじめてしまうと、途中で生地がずれてしまい最終的にきれいに折りたたむことができません。また、すべてのボタンが閉まっていたが方がたたんだ後の見た目も綺麗になりますよ。


宅配クリーニングで楽にワイシャツを綺麗にできますよ

忙しい人にとっては、毎日アイロンがけのされたシワひとつないワイシャツを自分で準備することはとても大変なことです。今回紹介した宅配クリーニングを利用すれば、毎日綺麗なワイシャツを着て気分良く過ごすことができますよ。

【参考記事】宅配クリーニングのおすすめを厳選してお届け▽

【参考記事】布団の宅配クリーニングの費用と日数を徹底レクチャーします▽

【参考記事】ワイシャツと一緒にスーツの宅配クリーニングもいかがでしょうか▽

お気に入り

注目の記事

関連する記事

еще по теме karter-kiev.net

www.kover-samolet.com.ua/kovrovye-dorozhki/

webterra.com.ua/raskrutka-sajta-dnepropetrovsk/