ブランド選びから差を付けよう。遊びの効いたポロシャツ5枚

ポロ一枚で着こなしは変わる。

Tシャツ一枚は、少しカジュアルだ。

特に、日本男性に最も多い、細身で筋肉質ではない体型のメンズは子供っぽく見えてしまう一面がある。

だから暖かい春夏に長袖シャツを着る人も多いが、さすがに暑いだろう。

そこで活躍するのがライトに着こなしながらも、紳士的な印象を与えてくれるポロシャツだ。

襟がある分、大人っぽく見えるため、Tシャツをポロシャツに変えるだけでファッション年齢はクッと上がる。

春はポロ×カーディガンなんてコーデも良いだろう。

そこで今回は、遊びセンスあふれる5枚のポロシャツを厳選した。


1. MAISON KITSUNÉ ポロシャツ 20,520円

メゾンキツネポロシャツ

出典:

黒木理也さんがファッションデザイナーを務める、パリ発ブランド『メゾンキツネ』

ブランドを象徴する「キツネ」が旨に胸にデザインされたシンプルな見た目でありながら、程よいライトグレーで夏らしくエレガントに。

キツネのポロはあらゆる場面で使い倒せる、確実にヘビロテしたい一枚だ。


2. MACKINTOSH PHILOSOPHY ポロシャツ 11,880円

マッキントッシュフィロソフィー_ポロシャツ

出典:

英国ブランド『マッキントッシュ』から派生した『マッキントッシュ フィロソフィー』

本家と違い、手に届きやすい価格帯とかっちりし過ぎないカジュアル感が魅力的だ。

こぶりなドット柄は、英国ブランドの代表的なデザイン。

無地セットアップのインナーで着ると最高にイケてる。

もちろん、ラフに一枚着ても上品に見える。

非常に守備範囲の広いアイテムだ。


夏はホワイトコーデで、軽快な印象に仕上げよう。

マッキントッシュフィロソフィー_ポロシャツ

出典:

トップス:


3. UNITED TOKYO ポロシャツ 11,664円

UNITED_TOKYO_ビッグニットポロ

出典:

ビッグサイズブームを活かした、ビッグポロ。

国内でも大変貴重な機械で作られている一枚で、新潟県でしか生産不可だと言われている。

ハリ感のあるニットと、オーバーサイズのシルエットにすることで、バランスの取れたファッションを実現。

カラー&サイズによって、5月下旬から6月上旬に発送予定。売り切れる前に予約しておこう。


グレンチェックのワイドパンツと合わせた“トレンドコーデ”

ユナイテッドトウキョウ

出典:

トップス:


4. LACOSTE ポロシャツ 16,200円

LACOSTE_ポロ

出典:

ポロシャツの有名ブランドは?と聞かれたら、真っ先に出てくる『ラコステ』

5月上旬発送の予約商品であるこちらは、上品なパイル地で作られた「大人のポロシャツ」

ボタンを開けたときの胸の開きも緻密に計算されていて、素材や作りにこだわりたい30代男性にぴったりの一枚だ。


ポロ×ワイドパンツ×スタンスミスの組み合わせは、玄人の休日を豊かにしてくれる。

LACOSTE

出典:

トップス:

シューズ:


5. HYSTERIC GLAMOUR ポロシャツ 30,240円

HYSTERIC_GLAMOUR_ポロシャツ

出典:

アメリカンカジュアルと1960〜80年代のポップカルチーを融合した『ヒステリックグラマー』

このブランドを着こなせる男性には「艶」がある。

ワンポイントロゴや無地などのシンプルファッションが流行っている中で、イマイチ物足りなさを感じている男性には、この色気あるポロシャツを提案したい。

一枚だけで、周りと一線を画するコーディネートが可能になる。

細めのボトムスをあわせると◎


ポロシャツは「ブランド」で差が付く。

ニットやコートなどの冬物は、比較的高い。

対して、Tシャツやポロシャツなどは高級寄りのブランドでも、意外と安価で手に入る。

服の買い物はテクニックだ。

賢く“いいポロシャツ”をGETして、今年の春夏ファッションを謳歌しよう。


【参考記事】Divorcecertificate編集部による春ファッション徹底解説▽

お気に入り

注目の記事

関連する記事