毎日飲みたい!おすすめのビール15選【日本&海外ビール特集】

仕事で疲れて帰ったとき、真っ先にビールが飲みたいと思う人も多いと思います。しかし、サントリー、アサヒ、キリンなどの多くの銘柄があり、種類によって味も香りもかなり異なります。今回は選び方から、おすすめの人気ビールまでご紹介します。ハイネケンやコロナ、ギネスと言った輸入ビールもお届けします。

毎日の晩酌に。美味しいおすすめのビール銘柄を大公開!

毎日飲みたいビールを大公開.jpg

コンビニエンスストアやスーパーに行けば、大量のビールが売られていますよね。ビールによっては、辛口なものもあればマイルドなものまでさまざま。アルコール度数も異なります。しかし、ビールの種類は豊富なので、どのビールがどんな特徴かわからない人も多いでしょう。今回は自分に合ったビールの選び方とおすすめのビールを大公開します。ぜひこの記事で、自分にあったおすすめのビールを見つけてみてください。


ビール選びで大切なこと

ビール選びで大切なこと

お酒をを良く飲む方には親しみのあるお酒“ビール”。いくつかのメーカーで種類が別れていますが、選ぶ上で大切なことがあるのをご存知でしょうか。ビール選びは、

  • ① 味
  • ② 香り
  • ③ 価格帯

の3点を確認しておくことが大切です。ここからは3つのポイントについてさらに詳しく解説していきます。


1.味

ビールを選ぶとき、まず気にしてもらいたいのが味。よく「コク」や「キレ」といった言葉で表現されることも多いですよね。ビールによって、旨味・苦味・甘み・塩味・酸味といった5味のバランスが異なり、後味がスッキリしているものもあれば、余韻が長く残るものまでさまざま。特徴も大きく異なるので、ビール選びの際はしっかり見極めておきたいポイントです。


2.香り

ビールはほかのアルコール飲料とは違い、独特の麦の香りがし、ビールの種類によってかなり異なります。麦の香りが非常に強く感じられるものもあれば、中にはフルーツの香りがするものまで。ビールは香りでも楽しめる飲み物なので、あなたにとって「香り高い」ビールを選ぶことも、ビール選びには重要な要素になります。


3.価格帯

価格もビールの銘柄によって異なります。日本産のビールで、350mlX24本であれば、4,500〜5,500円ほど。500mlX24本であれば6,000〜8,000円が相場になります。コンビニエンスストアやスーパーだと、1本200〜300円前後。海外のビールだともっと相場も上がり、330mlX24本で7,000〜10,000円前後します。

毎日飲むのか、特別な日だけ飲むのかによって、購入する本数を考えましょう。


【2018年版】おすすめのビール15選を大公開!

乾杯のビールを楽しんでみて

ここではおすすめのビールを15種類ご紹介します。味、香り、アルコール度数がそれぞれ異なるので、ぜひ上記の選び方を参考に比較してみてください。ちなみに国内だけではなく海外のビールも紹介しているので、この機会にぜひ挑戦してみてくださいね。


1. アサヒスーパードライ

アサヒ スーパードライ 350ml缶×24本

日本の中で最も有名で人気ビールのひとつ。スーパーやコンビニに行けば、だいたい置いていますよね。このビールの特徴は何と言っても「キレ」。後味がさっぱりしており、のどごしもシャープです。辛口で苦味がすっきりとしており、ビールが身体中に染み渡ってきます。

香りは強くなく、飲みやすいのも大きな特徴。とくに仕事やスポーツで疲れたあとに飲むには最高のビールです。私もよく飲みますが、他のビールにはない爽快感が味わえますよ。フライドチキンや枝豆などのおつまみと合わせて食べると、さらにビールの美味しさが際立つでしょう。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • アルコール度数:5度
  • 内容量:350ml
  • メーカー: アサヒビール

2. ザ・プレミアム・モルツ

ザ・プレミアム・モルツ 350ml×24本

巷でははよく『プレモル』とよばれている人気商品。男性にはもちろん、女性や若い人にも支持されています。その理由は”香り”。ほかの日本のビールとは異なり、華やかな香りが幅白く愛されている秘訣です。

素材にもこだわり、水は天然水立地にこだわった「天然水醸造」を使用、麦芽は旨味成分が豊富なチェコ周辺の伝統種「ダイヤモンド麦芽」を使用しています。製法もホップを2回に分けて投入する「アロマリッチヒッピング製法」を採用。2017年には味が改良されてさらにリニューアル。コクがさらに深くなり、まろやかな味が楽しめますよ。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • アルコール度数:5.5度
  • 内容量:350ml
  • メーカー:サントリー

3. サッポロビール黒ラベル

サッポロ 黒ラベル 350ml×24本

名前の通り北海道で発祥した『サッポロビール』。昔ながらのビールを感じたいのであれば、ぜひおすすめです。サッポロ独自の「旨さ長持ち麦芽」を採用しており、酸素との接触を極限まで減らすことで、老化しにくくなるよう製造されています。

ひと口目のうまさを長く楽しめるのと同時にコクが深く、後味もすっきりしているので、ごくごく飲めちゃいます。何杯飲んでもうまく、そして飽きません。味だけでなく、品質管理にも力を入れているのが『サッポロビール黒ラベル』の特徴。麦芽、ホップは100%協働契約栽培しており、産地から加工プロセスまでとことんおいしさを追求しています。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • アルコール度数:5度
  • 内容量:350ml
  • メーカー:サッポロ

4. キリン一番搾り

キリン 一番搾り 350ml×24本

一般的なビールは一番搾りと二番搾り麦汁でできていますが、『キリン一番搾り』は麦のおいしいところだけを使用した一番搾り製法を採用。さらに麦100%、副原料を一切使用していないため、必然的に多くの麦を使用、それだけ「おいしさ」にこだわった味わい深いビールだといえます。

素材も、ホップは世界最高峰のチェコ・ザーツ産「ファインアロマホップ」、麦は厳しい基準を満たしている「二条大麦」を採用。厳選された素材だからこそ、一番搾り製法がさらに活かされています。飲み方も、フローズンやビアカクテルなどさまざまな形で楽しめますよ。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • アルコール度数:5度
  • 内容量:350ml
  • メーカー:キリンビール

5. サッポロヱビスビール

サッポロ ヱビスビール 350ml×24本

ドイツのビルスナー製法を取り入れているビールで、「麦芽100%」「通常の1.5倍超熟成すること」「ホップの正統派、ハタラウ・トラディションの使用」と行ったドイツ伝統のビール純粋令に基づいて製造されています。

大きな特徴のひとつは、まず香り。繊細で扱いが難しく、熟練した技術を要する「ヱビス酵母」により、華やかな香りが楽しめます。味もコク深く、まろやかさが口に広がるにもかかわらず、締まりもあるので何倍飲んでも飽きません。泡にもこだわり、きめ細かい醸造工程管理により、モチモチとしています。「香り」「味」「泡」とすべてにおいて楽しめちゃうビールです。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • アルコール度数:5度
  • 内容量:350ml
  • メーカー:サッポロ

6. オリオンドラフト

アサヒ オリオンドラフト 350ml缶×24本

沖縄で生産されている有名なビールです。「アサヒオリオンドラフト」とよばれる、原料の配合バランスにこだわった製法を採用しており、沖縄独特の亜熱帯気候の中で育まれたすっきりと爽やかな切れ味が特徴。スーパードライに少し酸味を感じるという人は、ぜひオリオンビールを試してみるといいかも。

沖縄料理はもちろん、スパイシーで脂っこい料理との相性も抜群で、料理がより美味しく感じられるでしょう。泡にもちろんこだわっており、仕込みの工程において泡の構成要素になる「泡もちタンパク」を増加、上質でクリーミーな泡が楽しめます。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • アルコール度数:5度
  • 内容量:350ml
  • メーカー:アサヒビール

7. キリンラガービール

キリン ラガービール 350ml×24本

125年以上多くの人に愛されてきた人気ビールで、キリンブランドの原点ともいわれています。そもそも「ラガー」とは低音で熟させるビールのこと。約マイナス1℃の低音の中で、日々じっくりと熟成されています。色もきれいな琥珀色で、香りも非常に爽やか。

泡もきめ細かく、ノドにグッとくる飲みごたえとコクのある味わいが特徴。ホップにもこだわり、ドイツ・ハタラウ産ヘルスブッカーホップを使用することで、穏やかな香りとヒノキのような爽やかな香りがノドにほどよい刺激を与えます。昔ながらの、思い入れの詰まった歴史あるビールなのです。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • アルコール度数:5度
  • 内容量:350ml
  • メーカー:キリンビール

8. サントリー ザ・モルツ

サントリー ザ・モルツ 350ml×24本

「うまみ」に特化したビール。メタリックブロンズの鮮やかなパッケージが特徴で、非常におしゃれです。「うまみ」が実感できるように、原材料バランスと製法を最適化、苦味・コク・甘みを同時に感じることができ、味に非常に厚みがあるのが大きな特徴。

複層的な味になっているので、口の中でさまざまな楽しみ方ができます。素材や製法にもこだわり、上質で深いコクが特徴の「ダイヤモンド麦芽」、独自の複層的な味わいを引き出す「UMAMI発酵製法」、爽快な後味を実現させる「HHS製法」を採用。ビールのさまざまな味を楽しみたい人にはぜひおすすめ。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • アルコール度数:5度
  • 内容量:350ml
  • メーカー:サントリー

9. ザ・プレミアム・モルツ  香るエール

ザ・プレミアム・モルツ 香るエール 350ml×24本

上記の『プレミアムモルツ』と比較して、上面発酵による香りを特徴とした「エールタイプ」のビール。20〜25℃のやや高い温度で発酵することで、フルーティな香りを実現し、コクが深い作りになっています。

『プレミアムモルツ』同様、素材にもじゅうぶんこだわり、「ダイヤモンド麦芽」や、良質なアロマホップを使用。さらにはサントリー独自の「フルーティ酵母」により、爽やかなフルーティの香りを引き出してくれます。パッケージも青を基調として、鮮やかな印象をもたせており、男性はもちろん女性や若い人にもぜひおすすめしたいビールになります。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • アルコール度数:6度
  • 内容量:350ml
  • メーカー:サントリー

10. サッポロラガービール

「赤星」よばれている、歴史あるラガービール。その歴史はなんと140年以上。1877年、サッポロビールの前身である「開拓使麦酒醸造所」の時代に販売されており、日本で最も歴史のあるビールブランドのひとつ。味の伝統もしっかりと引き継がれ、しっかりとした味わいが楽しめます。

シンボルである赤い星は、北海道の開拓使のシンボルでもあり、飲食店を中心に飲み継がれてきました。もともと瓶ビールの代表格として有名でしたが、缶でも発売されるようになりました(ただし限定発売なので注意)。ビールの歴史を感じたい人は、ぜひ手にとってみてください。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • アルコール度数:5度
  • 内容量:350ml
  • メーカー:サッポロ

11. サッポロ ホワイトベルグ

サッポロ ホワイトベルグ 350ml×24本

ビール大国ベルギーで長年愛されているホワイトビール。その歴史ある製法を学び、イロを付け加えたのが『ホワイトベルグ』。本格的なホワイトビールを楽しみたい人にはぜひおすすめ。「ベルギー産麦芽」を使用することで味わいが豊かになり、さらに「小麦麦芽」の使用で爽やかさを演出。

そうしたコク深さに、オレンジの果皮を乾燥させた「オレンジピール」を加えることで、味を引き締めています。さらに、乾燥したコリアンダーの種子である「コリアンダーシート」「上面発酵酵母」によりフローラルで華やかな香りになっています。普段とは違うビールが楽しみたい人はぜひおすすめ。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • アルコール度数:5度
  • 内容量:350ml
  • メーカー:サッポロ

12. ハイネケン

ハイネケン 缶 350ml×24本

ヨーロッパではかなりの人気を誇る『ハイネケン』。ヨーロッパでの販売量はNo. 1で、ビール好きなら知っている人も多いのではないでしょうか。1873年に誕生し、現在192もの国で愛されています。

「ハイネケン」の最大の特徴でもある「ハイネケンA酵母」を使用することで、独自のフルーティな香りが楽しめます。そこに、麦芽100%のコクや飲みやすさをプラス、苦みやキレもありつつまろやかさも堪能できるのが『ハイネケン』なのです。製造期間は28日で、一般的なビールのおよそ2倍。それだけこだわりを持ったビールでもあるのです。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • アルコール度数:5度
  • 内容量:350ml
  • メーカー:キリンビール

13. コロナ・エキストラ

ビール コロナ・エキストラ ボトル 355ml×24本

世界で最も飲まれているプレミアムメキシカンビール。日本の輸入ビールでも第一位のシェアを誇っており、バーをはじめ数多くの飲食店で飲めます。味は非常に爽やかで、日本のビールとはかなり異なったテイストに。苦味も弱く、後味も非常にすっきりしているので、かなり飲みやすいビールです。

お肉など味の濃い料理と一緒に食べても邪魔しません。バーベキューやビーチで飲むのにも最適。飲み方にも特徴があり、瓶をキンキンに冷やしたあとに、1/10ほどカットしたライムを挿入。ライムが、フルーティな香りと味わいを引き出してくれます。 

販売サイトで購入


商品のステータス

  • アルコール度数:4.5度
  • 内容量:355ml
  • メーカー:ABインベブ

14. ドラフトギネス

ドラフトギネス 330ml×24本

250年にも渡って愛されてきた『ドラフトギネス』。150以上の国で飲まれており、スタウトビールとしては世界で最も有名です。甘みと苦みの程よいバランスが大きな特徴。炭酸は低めで、ひとたび口に入れると驚くほどクリーミーな味わいが楽しめます

泡もまるで樽から注いだような理想の泡になるよう「フローティング・ウィジェット」が缶の中に挿入されており、グラスに注ぐと、決め細やかでクリーミーな泡が流れ落ちていきます。コクもあるので、焼き鳥や煮込みといった和食との相性もバツグン。味だけでなく、目でも楽しみたい人はぜひ購入してみてください。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • アルコール度数:4.5度
  • 内容量:330ml
  • メーカー:キリンビール

15. ヒューガルデン ホワイト

[ベルギービール] ヒューガルデン ホワイト 330ml瓶×24本

日本でよく飲まれているベルギー産のホワイトビール。ブリティッシュパブに行けば、必ずといっていいほど置いてあります。一般的なホワイトビールは、大麦麦芽に小麦を加えて製造されますが、『ヒューガルデン ホワイト』はこれに「コリアンダーシード」に「オレンジピール」を加えているのが大きな特徴。

香りもフルーティーで、きめ細やかな泡とともに爽やかさも兼ね備えています。非常に飲みやすく、ビールが少し苦手だという人でも『ヒューガルデン ホワイト』であれば飲めるという人もいるほど。ホワイトビールの本場を味わいたい人にはぜひおすすめしたいビール。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • アルコール度数:4.9度
  • 内容量:330ml
  • メーカー:ヒューガルデン

自宅で美味しいビールを飲むなら、“グラス”にもこだわってみて

ビールを飲むのにおすすめのグラスとは

缶ビールや瓶ビールをそのまま冷やして飲むのも良いですが、少しでも美味しく頂きたいなら“グラス”にもこだわってみましょう。特にビールを日頃から愛飲される方は、確実に自分専用のビアグラス(ビールグラス)はストックしておきたいところ

味わいや風味だけでなく、見た目もお店さながらのビールが出来上がるので、ビール好きの方がぜひGETしてくださいね!

おすすめのビアグラスを見る


【参考記事】ビールグラスの人気商品をピックアップしました▽


ビールとの相性抜群!晩酌のお供に最適なおつまみとは

自宅でビールを飲むのにおすすめのおつまみ

ビール単体で味わいや風味を堪能するのも良いですが、せっかくなら美味しいおつまみと合わせて優雅な晩酌タイムを過ごしたいところ。そこでここからは、ビールとの相性に長けたおすすめのおつまみをご紹介します。


おすすめのおつまみ1. 枝豆

ビールのおつまみといえば、やはり「枝豆」は外せません。飲み屋さんでも必ずといっていいほど提供されている王道のおつまみと言えます。最近ではスーパーやコンビニで冷凍保存できる商品も発売されており、すぐにサッと作れる手軽さも魅力的なポイントです。


おすすめのおつまみ2. スナック菓子

手軽に購入でき、なおかつコスパも良いスナック菓子もおすすめのおつまみと言えます。塩加減が絶妙だから、きっとビールがついつい進んでしまうはず。コンビニやスーパーでもサッと購入できるので、おつまみに困った時でも安心です。


【参考記事】人気のスナック菓子をランキング形式でご紹介します!▽


おすすめのおつまみ3. ビーフジャーキー

ビーフジャーキーもビールのお供に最適と言われているおつまみの一つです。ビール以外にもハイボールにすると美味しいバーボンストレートで飲まれることの多いスコッチなど洋酒との相性も良いため、自宅にストックしておいて損のない代物と言えるでしょう。したがって、日頃からお家でお酒を嗜む方へおすすめのおつまみと言えます。


【参考記事】コスパ抜群!美味しいビーフジャーキーを厳選▽


おすすめのおつまみ4. 焼き鳥

焼き鳥×ビールも最強のコンビと言えるでしょう。「温かい焼き鳥を頬ぼり、冷えたビールで豪快に流し込む」たったこれだけで自宅でも簡単に至福の時間を過ごせます。最近はスーパーの惣菜コーナーでも手軽に購入できるため、ぜひ焼き鳥も晩酌のお供にチョイスしてみてください。


おすすめのおつまみ5. 缶詰

お酒好きの方から最近人気を集めているのが缶詰タイプのおつまみ。洗い物を出さずにサクッと食べれる手軽さに加え、日持ちがするのも大きなメリット。また、料理のバリエーションも豊富なため、自分好みのおつまみが探しやすいのもおすすめポイントです。


【参考記事】今話題の美味しい缶詰おつまみを徹底ガイド▽


乾杯のビールを楽しんでみて

乾杯のビールを楽しんでみて

今回は、人気の国産ビールを10種類、輸入ビールを5種類紹介しましたが、それぞれのビールで味や香りは大きく異なります。「キレ」を求めたいのであれば『スーパードライ』や『キリンラガービール』、「コク」を求めたいのであれば『プレミアム・モルツ』や『ドラフトギネス』がおすすめ。

いろいろとビール同士を比較してみるのも、それぞれの違いがわかっておすすめです。ぜひ自分にあったビールを探して、疲れた自分への最高の一杯をプレゼントしてみませんか。

【参考記事】おすすめの日本酒銘柄について大公開▽

【参考記事】おすすめのウイスキーについて徹底解説します▽

【参考記事】美味しい赤ワインについてレクチャーします▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事