【7月/文月】時候の挨拶と結びの言葉。例文フレーズまとめ

7月に贈る手紙で使える時候の挨拶を結びの言葉とセットでご紹介します。初旬・上旬・中旬・下旬・末ごとに用いるべきフレーズ例文を季語と一緒にピックアップ。「の候」の使い方を含め、ビジネス文書やはがき、レター、学校PTAの手紙、お礼状でも有効な挨拶集をご覧ください。

7月は文月。季節を感じる時候の挨拶は?

7月の時候の挨拶

7月に用いる時候の挨拶を、季語を添えて「初旬・上旬・中旬・下旬」ごとにご覧頂きます。


まず、時候の挨拶を書く上でのルールを簡単にご紹介

7月に限らず、季節を一文から読み取れる表現が美しい文章として受け取られます。
またそれに加えて、いくつかルールがありますのでポイントをまとめます。


最初と最後(前文と末文)で内容をかぶらないようにする

頭語から続く前文での時候の挨拶以外にも、結語の前にある結びの言葉がありますが、本文を締めくくるために季節に触れる一文を添えてから締めます。
ただし結びの言葉は、時候の挨拶以外によく使われる慣用句があるので、それほど難しいものではありません。


その後に続く安否を知らせる挨拶へスムーズな流れを

時候の挨拶にこだわりすぎて、その後に続く安否を尋ねる(知らせる)挨拶とのつなげ方が無理矢理ではだめ。全体を見て文章が読みやすいかを何度も確認が必要です。


【参考記事】前文で時候の挨拶に続く、安否を知らせる挨拶について解説します▽


時候の挨拶【7月】の例文をご紹介

7月の季語・季節のワードとしては以下のような言葉が挙げられます。

  • 自然現象:盛夏/炎暑/酷暑/仲夏/梅雨明け/三伏/驟雨(しゅうう)/夕立/蝉時雨 etc.
  • 食べ物:トマト/茄子/鰻/パイナップル/冷麦 etc.
  • 草木:ハイビスカス/朝顔/鬼灯/百日紅 etc.
  • イベント系:海開き/山開き/海の日/七夕/土用の丑の日/夏休 etc.

なお、7月はお中元・暑中見舞いの時期のため、「暑中お見舞い」を出すのが一般的。暑中見舞いは7月7日〜8月7日。この間は暑中見舞いを送りましょう。

自然現象の後には「〜の候、〜のみぎり、〜の折」のいずれかをつなげ、安否の挨拶を続けましょう。
その他食べ物やイベント系は文章で書き、必要なら句点(。)で区切って安否の挨拶に移ります。


ビジネス文書や学校PTAで使える時候の挨拶例

では実際に挨拶例をみていきます。今回は違和感が無いよう、安否を知らせる挨拶まで含んだ文例も載せますのでご参考に。
ビジネスで用いる場合は、自然現象+「〜の候、〜のみぎり、〜の折」が堅実で無難です。


7月初旬

  • 初夏の候、お元気にご活躍のこととお喜び申し上げます。
  • 梅雨明けが待ち遠しい折、いかがお過ごしでしょうか。
  • 炎暑の候、貴社一段とご繁盛の段大慶に存じます。
  • 晴れ渡る青空に夏の訪れを感じる折、平素は格別にご高配を賜りまして、厚く御礼申し上げます。
  • 大暑の候、貴社いよいよご盛栄のこととお慶び申し上げます。

7月上旬

  • 梅雨が開けいよいよ夏本番を迎えるこの頃、お変わりなくお過ごしのことと存じます。
  • 晴天が続く盛夏のみぎり、○○様におかれましては、ご健勝で暑さを乗り切っていらっしゃることと存じます。
  • 仲夏の折、皆様ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
  • 小夏の候、暑さに負けずご活躍のことと拝察致します。
  • 暑中お伺い申し上げます。

7月中旬

  • 暑中お見舞い申し上げます。
  • 日増しに夏らしくなるこの頃、いかがおしのぎでしょうか。
  • 盛暑の折、貴殿には一段とご活躍とのことと拝察いたしております。
  • 例年にない冷夏とのこと、貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
  • 暑さいよいよ厳しき折り、いかがお過ごしでしょうか。

7月下旬・末

  • 本格的な夏を迎え、皆様いかがお過ごしでしょうか。
  • 時折の驟雨が涼をもたらす炎暑のみぎり、平素は格別のお引き立てをいただき誠にありがとうございます。
  • 酷暑の候、貴社におかれましては一層のご発展のこととお慶び申し上げます。
  • 夏空が眩しい季節となりました。皆様ますますご活躍のこととお慶び申し上げます。
  • 暑い日が続きますが、お変わりなくお過ごしのことと存じます。

時候の挨拶【7月】の結びの言葉の例文

結びの言葉で気をつけたいのは、冒頭の時候の挨拶で触れたことや使った言葉を再度繰り返さないこと。最後のまとめのご挨拶なので、
プライベートや学校PTA等なら健康や幸せを願う文を。
ビジネスなら活躍や繁栄を祈る文を書きましょう。


時期関係なく使える結びの挨拶と季節ごとに使える結びの挨拶がある

時期を問わない結びの挨拶例

  • 貴社の更なるご発展を心よりお祈り申し上げます。
  • 引き続きご支援ご厚情を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
  • 今後ともこれまでと変わらぬご支援ご鞭撻のほどお願い申し上げます。
  • ご多用の折、誠に恐れ入りますが、ご都合をお聞かせ願えれば幸いです。
  • 皆様の御多幸を心よりお祈り申し上げます。

7月特有の結びの挨拶例

  • 酷暑の折、どうぞご自愛ください。
  • まずは暑中のお見舞いを申し上げます。
  • 暑さ厳しき折柄、くれぐれもご自愛下さい。
  • 厳しい暑さが続きますが、ご自愛専一にご精励ください。
  • 本格的な夏を迎えました。皆様のご健康を心よりお祈りいたしております。

7月は梅雨が開け夏本番を迎える変わり目。

7月に関する時候の挨拶を例題とともにご紹介しました。貴方が感じる季節の移り変わりを文章で表現してみてくださいね。

【参考記事】残暑も厳しくなる8月と比較して、夏を迎える7月をうまく表現してみて▽

【参考記事】1月から12月まで全ての時候の挨拶を総まとめでご紹介します▽

【参考記事】時候の挨拶に使える「ご健勝」の使い方とは


ビジネス敬語まとめ ※画像クリックで「ビジネス敬語まとめ」をチェックできます

お気に入り

注目の記事

関連する記事

facebook.com

代理母

niko ukraine